新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディA4はキープコンセプトながら全方位の進化を遂げたモデルである / navi

クルマニュース

アウディA4はキープコンセプトながら全方位の進化を遂げたモデルである / navi

(2016/03/26)

▲進化型の「MLB evo」プラットフォームにより大幅に軽量化。また最新の予防安全技術アウディプレセンスが搭載された点も◯。気になるのはFFベース車でも500万円を超えること。廉価版の登場を待つか、クワトロ狙いならいっそSモデル待ちか、悩ましい ▲進化型の「MLB evo」プラットフォームにより大幅に軽量化。また最新の予防安全技術アウディプレセンスが搭載された点も◯。気になるのはFFベース車でも500万円を超えること。廉価版の登場を待つか、クワトロ狙いならいっそSモデル待ちか、悩ましい

じわじわ効いてくる、全方位の進化

一見しただけではフルモデルチェンジの新型だと気づかないかもしれない。外観はそれくらいにキープコンセプトである。しかしながら、そこは基幹モデル、微に入り細に入り手が加えられている。

アウディの特徴であるシングルフレームグリルやヘッドライトはぐっとシャープなデザインになった。マトリクスLEDヘッドライト装着車では上位車種と同様ダイナミックターンインジケーター仕様になり、ウインカーが流れるように点滅する。車内に乗り込もうとドアハンドルに手をかけると、水平ではなく斜め上方へと引くことで、軽い力でドアが開くよう改良されていることに気づいた。

インテリアは水平基調のシンプルかつモダンなデザインで、新デザインのシートの座り心地もいい。着座すると目にとびこむのがTTで初めて採用されたバーチャルコックピットだ。クラスター内のメーターはフルカラー液晶であり、メーター類のみならずナビゲーションのマップを全画面表示にすることも可能だ。惜しむらくは、TTでは思い切ってセンターディスプレイを廃したのに対し、A4ではそれが出しっぱなしなこと。A8やA6と同様に、格納式ディスプレイのほうがアウディらしいと思う。

現在のラインアップは2LのクワトロとFFの2種類。それぞれにベースとスポーツ仕様が設定されている。クワトロには252ps/370Nmを発揮するハイパワー仕様が、FFには190ps/320Nmを発揮する燃費重視のミラーサイクル仕様が搭載される。

両モデルともに電動パワステのチューニングやサスペンションの再設計により、スムーズな操舵フィールを得ている。FFモデルではトランスミッションが先代のCVTからデュアルクラッチのSトロニックになったことも注目だろう。どちらかといえば、FF仕様の軽快さが好みだった。

▲アクセル/ブレーキだけでなく、ステアリング操作まで介入する最新安全装備を数多く採用した ▲アクセル/ブレーキだけでなく、ステアリング操作まで介入する最新安全装備を数多く採用した
▲水平基調でまとめられたインテリアデザイン。17mm延長された室内長など、旧型より広くなった室内空間 ▲水平基調でまとめられたインテリアデザイン。17mm延長された室内長など、旧型より広くなった室内空間
▲各種制御や燃焼方式の変更により燃費を改善、旧型比で33%向上させている。2WDモデルはJC08モード燃費18.4km/l ▲各種制御や燃焼方式の変更により燃費を改善、旧型比で33%向上させている。2WDモデルはJC08モード燃費18.4km/l

【SPECIFICATIONS】
■グレード:2.0TFSI Quattro sport ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1984cc
■最高出力:252/5000-6000[ps/rpm+ps]
■最大トルク:370/1600-4500[n・m/rpm+n・m]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4735x1840x1410(mm) ■ホイールベース:2825mm
■車両価格:624万円

text/藤野太一
photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027