新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW M2クーペは手ごろな楽しさを思い出す昔のM3後継といえる1台だ / navi

クルマニュース

BMW M2クーペは手ごろな楽しさを思い出す昔のM3後継といえる1台だ / navi

(2016/03/26)

▲3ペダルMT仕様が、日本市場にも導入されてくれれば、我儘度満点だ。それくらい、サイズといい性能といい、よくできたリーズナブルなスポーツカーだ。車を積極的にドライブすることの楽しさを心から理解している世の運転好き全てに捧げる ▲3ペダルMT仕様が、日本市場にも導入されてくれれば、我儘度満点だ。それくらい、サイズといい性能といい、よくできたリーズナブルなスポーツカーだ。車を積極的にドライブすることの楽しさを心から理解している世の運転好き全てに捧げる

やっと帰ってきてくれた、ボクらの“M”

ボクらのMが帰ってきた。コークスクリューで有名なラグナセカ・レースウェイでの初試乗を終えたときのシンプルな感想がそれだ。

BMWのMが身近な憧れになったのは、M3の登場からだ。特に第二世代と第三世代の、ストレート6を積んだM3は、デイリーユースも可能な、アフォーダブルでよくできた、官能性もたっぷりあるFRスポーツクーペとして、大いに人気を博したものだった。

けれども、それ以降のM3はというと、どちらかといえば豪華なGTカーへと進化してしまった。プレミアムブランドとしては、それも仕方のない話で、スーパーカー顔負けに豪快なM3も捨て難いけれど、手頃な楽しさを失ってしまったM3に、不満を抱いていたファンも少なくなかったはず。そういう人にとって、新型M2の登場は、まさに、昔のM3後継、救世主現わる、というわけだ。

心臓部には、3L直噴ターボの35iエンジンをベースに、現行M3&M4用のコンポーネンツを組み合わせ、専用のチューニングとした370psスペックのストレート6を積む。ミッションも専用チューンの7速DCT。アシ回りは、なんと前後ともにM3&M4と同じデザインだ。だから、M2はワイドボディである。

とにかく、アシ腰が強い。ワインディングロードはもちろん、慣れないサーキットでもガンガン踏んでいける。後アシの接地感は頼もしく、前アシは人の感覚にあったシャープさで随意に動く。

ブレーキはタッチも効きも素晴らしく、これまたコントロール性に優れ散る。パワーを思い切り使える楽しさに優るものはない。だからこそ、日本仕様にはない6MTだって、存分に楽しめた。

乗り心地がいいことも、所有欲をくすぐった。コレ1台で全てが賄えそうだからだ。

▲最もコンパクトなMモデル。ベーシックモデルよりトレッドをフロント70mm、リア65mm拡大。19インチMアロイホイールを装着する ▲最もコンパクトなMモデル。ベーシックモデルよりトレッドをフロント70mm、リア65mm拡大。19インチMアロイホイールを装着する
▲カーボントリムやアルカンターラのドアパネルなどを用いスポーティな仕立てに。前席にはダゴダレザーを用いたスポーツシートを装着 ▲カーボントリムやアルカンターラのドアパネルなどを用いスポーティな仕立てに。前席にはダゴダレザーを用いたスポーツシートを装着
▲オーバーブースト機能により一時的に500Nmまで引き出せる。JC08モード燃費は12.3km/L ▲オーバーブースト機能により一時的に500Nmまで引き出せる。JC08モード燃費は12.3km/L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:M2 Coupe ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直6DOHCターボ ■総排気量:2979cc
■最高出力:370/6500[ps/rpm+ps]
■最大トルク:465/1400-5560[n・m/rpm+n・m]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4468x1854x1410(mm) ■ホイールベース:2693mm
■車両価格:770万円

text/西川淳
photo/ビー・エム・ダブリュー
クリックでタグの選択
最新ニュース
レクサス雪上試乗記~雪上で感じたプレミアムブランドの走り~(2017/04/28)
コンパクトなボディに新しいアウディの魅力を凝縮 新型SUV、Audi Q2を発表(2017/04/26)
ボディ剛性の向上やEVシステム・ダンパー変更などで“走り”が進化した 三菱 アウトランダーPHEV(試乗レポート)(2017/04/01)
機能性とデザイン性の両立を追求、新型ワゴンR(試乗レポート)(2017/04/01)
パリの合理性が徹頭徹尾詰まっている、ルノー トゥインゴ(試乗レポート)(2017/03/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027