新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Eクラスは圧倒されるほどの自動運転技術を搭載した車だ / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Eクラスは圧倒されるほどの自動運転技術を搭載した車だ / navi

(2016/04/29)

▲基本性能の面でも、自動運転技術の面でも、新型Eクラスは、間違いなくこれからの車のベンチマークとなる。試乗していて、その凄まじい完成度に、「欲しい、乗りたい」というより「コレは乗っておかなきゃいけないかも……」と思わされてしまったのだ ▲基本性能の面でも、自動運転技術の面でも、新型Eクラスは、間違いなくこれからの車のベンチマークとなる。試乗していて、その凄まじい完成度に、「欲しい、乗りたい」というより「コレは乗っておかなきゃいけないかも……」と思わされてしまったのだ

自動運転技術に、快適な走りに、圧倒される!

見た目は、これじゃSクラスやCクラスと見分けが……という感じで新鮮味の薄い新型Eクラスだが、中身はスゴい。特にその走りは、見どころたっぷりだ。

走りといっても、まず注目してしまうのは“ドライブパイロット”と呼ばれる自動運転機能のことである。ひとたびオンにすれば、速度、前走車との車間を自動で調整し、渋滞での停止、再発進もやはりドライバーの操作は不要に。車線を認識し、カーブでも自動的にステアリングを切ってくれる。

それだけじゃない。ウインカーレバーの操作だけで、車両が周囲の状況を判断して、車線変更までやってのけるのだ。いずれも、ただできるというレベルではなく、安心して任せられるスムーズさと精度で。

“手動運転”のときも、車が陰に日なたにサポートしてくれる。自動ブレーキ機能は100km/hという高い速度域まで対応し、車線から外れそうになれば自動で引き戻される。また、道端に歩行者がいれば警告してくれるし、照射範囲を状況に応じて変化させるLEDヘッドライトが夜間も確実に視界を確保してくれるといった具合で、とにかく安全なドライブが可能なのである。

では車の基本性能はといえば、アルミを多用したボディは剛性感に満ち、複数のエアチャンバーを持った新しいエアサスペンションは、至極しなやかな乗り心地を実現。新しい2Lディーゼルエンジンはトルクフルで、これまた文句のつけようがない快適な走りを実現している。自動運転させるなんて、もったいないと思ってしまうぐらいだ。

そんなわけで新型Eクラスには、久しぶりにあらゆる面で圧倒されてしまった。ライバルたちは今、きっと青ざめているはずである。

▲先代よりホイールベース65mm、全長43mm拡大。Cd値0.23と空力性能も向上している ▲先代よりホイールベース65mm、全長43mm拡大。Cd値0.23と空力性能も向上している
▲ステアリングにタッチコントロールを自動車として初採用。2つのディスプレイを融合させたワイドスクリーンコックピットもオプションで用意する ▲ステアリングにタッチコントロールを自動車として初採用。2つのディスプレイを融合させたワイドスクリーンコックピットもオプションで用意する
▲新開発2Lディーゼルターボも用意。シリンダーピッチが狭く、より小型に。NEDC走行燃費で約25.6km/L ▲新開発2Lディーゼルターボも用意。シリンダーピッチが狭く、より小型に。NEDC走行燃費で約25.6km/L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:E200d ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1950cc
■最高出力:194/3800[ps/rpm]
■最大トルク:400/1600-2800[n・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:9AT
■全長x全幅x全高:4923x1852x1468(mm) ■ホイールベース:2939mm

text/島下泰久
photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027