新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ コンバーチブルは最も贅沢なミニと言える / navi

クルマニュース

ミニ コンバーチブルは最も贅沢なミニと言える / navi

(2016/05/30)

▲日本仕様に用意されるグレードは1.5Lの直3ターボの「クーパー」と2L直4ターボの「クーパーS」、そして最速の「ジョン・クーパー・ワークス」の3つ。個人的には、必要十分なクーパーが好み。余った予算でオプションの内装アレンジを ▲日本仕様に用意されるグレードは1.5Lの直3ターボの「クーパー」と2L直4ターボの「クーパーS」、そして最速の「ジョン・クーパー・ワークス」の3つ。個人的には、必要十分なクーパーが好み。余った予算でオプションの内装アレンジを

英国車らしい、佇まいの良さは変わらない

日本の初夏にタイミングを合わせるように、3世代目コンバーチブルがやってきた。ベースとなる3ドアがフルモデルチェンジしたのが2014年、以来コンスタントに派生モデルを導入し日本でも着実に売れ続けている。ちなみに今年の1月から4月累計の国内の輸入新車登録台数をみると、ドイツプレミアム御三家+VWについでミニは単独のブランドとして第5位。前年比でみれば108.3%と5ブランド中トップの伸びをみせる。

対的な価格でみればミニは安くない。例えば試乗したクーパーSコンバーチブルなどはオプション装備を含めると500万円近くにもなる。それでも売れるのはなぜか。それはセグメントを超えた独自の世界観を有しているからに他ならない。英国車らしく幌屋根を踏襲し、往年のスタイルを維持ながらもフル電動化、また30km/h以下であれば走行中の開閉も可能だ。さらにこの代からは“ミニ・ユアーズ”というビスポークプログラムを用意する。もともとオプションの豊富なことでファンの多いミニだが、幌の布地やシートのヘッドレストなどをユニオンジャック柄を織り込んだものにできるなど、選択の幅がさらに増えている。このコンバーチブルはミニラインナップの中でもある意味最も贅沢な1台と言えるだろう。

日本仕様に用意されるグレードは件のゴーカートフィーリングを意識してか、「クーパー」、「クーパーS」、そして最速「ジョン・クーパー・ワークス」の3つ。しゃかりきになって飛ばすよりはゆったりとした向きだと思うが、もちろん乗り味はしっかりとミニだ。

ちなみに富裕層の間ではオプションの豊富さを生かし、オリジナルモデルを作る人が増えているという。小さな車に乗ることに対し(もはや小さくないけど)言い訳しなくていい、いまの時代に合った名実ともにブランドになったということなのだろう。

▲丸形ヘッドライトや六角形のフロントグリルなどデザインアイコンを踏襲。先代より一回り大きくなった ▲丸形ヘッドライトや六角形のフロントグリルなどデザインアイコンを踏襲。先代より一回り大きくなった
▲リアシート後方に配されたロールオーバー・プロテクション・システムは、先代よりコンパクトになり、さりげないデザインに ▲リアシート後方に配されたロールオーバー・プロテクション・システムは、先代よりコンパクトになり、さりげないデザインに
▲インテリアはベースモデルと同様のデザインに。先代同様、ルーフをオープンにしていた時間を表示するタイマー(オールウェイズ・オープンタイマー)も採用 ▲インテリアはベースモデルと同様のデザインに。先代同様、ルーフをオープンにしていた時間を表示するタイマー(オールウェイズ・オープンタイマー)も採用

【SPECIFICATIONS】
■グレード:MINI Cooper Convertible ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:1498cc
■最高出力:136/4400[ps/rpm]
■最大トルク:220/1250[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:3835×1725×1415(mm) ■ホイールベース:2495mm
■車両価格:342万円

text/藤野太一
photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027