新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フェラーリ カリフォルニアT ハンドリング・スペチアーレはその名のとおり特別なハンドリングマシンだ / navi

クルマニュース

フェラーリ カリフォルニアT ハンドリング・スペチアーレはその名のとおり特別なハンドリングマシンだ / navi

(2016/06/03)

▲街乗りメインならノーマルのTでいい、とはならない。ハンドリング・スペチアーレでも十分、乗り心地は担保されている。むしろ、この先に12気筒のFRスポーツに乗る覚悟を決めておくためにも、コチラがオススメ。リセールバリューもいいだろうし ▲街乗りメインならノーマルのTでいい、とはならない。ハンドリング・スペチアーレでも十分、乗り心地は担保されている。むしろ、この先に12気筒のFRスポーツに乗る覚悟を決めておくためにも、コチラがオススメ。リセールバリューもいいだろうし

その名に偽りなし、絶妙なハンドリングマシン

まずは一般道の感想から。コンフォートモードでの走りにも一定のゴツゴツとした感触はあって、硬いといえば硬い。けれども、決して嫌みなレベルではない。弾性をぎりぎりまで削ぎ落とし、常にシャープな瞬発力を感じさせる、とてもソリッドなテイストで、ちょっと前までのフェラーリはみんなそうだった。

次にリグーリア海岸沿いのワインディングを攻め込む。シフトのアップダウンがベラボーに速い。特に、ダウンシフト。たとえば4速から2速へ、一足(速? )飛びに落としたいときの変速スピードが恐ろしく速い。バシバシ、キマる。アップ時のダイレクト感も素晴らしい。

風を感じながらの加速は、強烈のひと言。エグゾーストノートがすべての領域でラウドになったため、加速フィールになおさら迫力が増した。低い回転域からしっかりとした音圧を伴い、ボリュームのあるサウンドを奏でる。

その名のとおり、真骨頂は、タイトベントでも思いのまま、乗り手の好きなように向きがキマる、特別なハンドリング性能がイチバンの魅力。

内を向く速度はノーマルTより明らかに俊敏だ。ステアリングの切れ角が少ない段階からノーズが自然かつ素早く動きだし、リアもシャープに追従する。車の回転を非常にコンパクトに感じることができるから、腰を中心に回転するような一体感を存分に楽しめた。

もう少し具体的に説明すると、姿勢の変化が素早いにも関わらず、好みの角度を保持しやすく、さらに旋回中の安定感も抜群で、脱出時のトラクションのかかり方はといえばまるで腰をダイレクトに後輪へとつなげたかのよう。アクセルレスポンスも十分に鋭く、かつ予測可能な範囲に収まっているから、右足を使いこなしてのハンドリングも思いのままだった。

曲がることが楽しい。これは、ミニF12だ。

▲よりスポーティな走りを楽しめるオプション、ハンドリング・スペチアーレ(HS)が最新バージョンに ▲よりスポーティな走りを楽しめるオプション、ハンドリング・スペチアーレ(HS)が最新バージョンに
▲Sportモードでより俊敏なギアチェンジ。スプリングも硬め、SCM3磁性流体式ダンパーの効率と応答速度を高めている ▲Sportモードでより俊敏なギアチェンジ。スプリングも硬め、SCM3磁性流体式ダンパーの効率と応答速度を高めている
▲新型フロントグリルやマットブラックのリアディフューザーとテールパイプなど、よりスポーティな外観に仕立てられた ▲新型フロントグリルやマットブラックのリアディフューザーとテールパイプなど、よりスポーティな外観に仕立てられた

【SPECIFICATIONS】
■グレード:California T ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3855cc
■最高出力:560/7500[ps/rpm]
■最大トルク:755/4750[n・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4570×1910×1322(mm) ■ホイールベース:2670mm

text/西川淳
photo/フェラーリ・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
【試乗】新型 BMW 8シリーズ│現時点で最高のグランツーリスモだ!(2019/06/20)
【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ(2019/06/18)
【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!(2019/06/14)
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
4
down
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
5
up
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
up
“変わらなかった”ことが逆にニュースになる、マセラティ グラントゥーリズモ(2018/01/06)
7
up
【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ(2019/06/18)
8
keep
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
9
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
10
down
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027