新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アルファロメオ ジュリアはDセグメントでの最高性能をうたう1台だ / navi

クルマニュース

アルファロメオ ジュリアはDセグメントでの最高性能をうたう1台だ / navi

(2016/07/05)

▲アルファロメオファンを自認するボクにとって、一躍、世界トップレベルのパフォーマンスを手に入れたことは喜ばしい限り。ぜひとも欲しいと思うが、今のところ、4ドアセダンを買う理由がわが家にはない。昔のようにクーペモデルも出してほしいな、と思った次第 ▲アルファロメオファンを自認するボクにとって、一躍、世界トップレベルのパフォーマンスを手に入れたことは喜ばしい限り。ぜひとも欲しいと思うが、今のところ、4ドアセダンを買う理由がわが家にはない。昔のようにクーペモデルも出してほしいな、と思った次第

帰ってきたけど昔とはまるで違うFRアルファロメオ

ちょうど1年前に発表された新型ジュリア。往年の名車ネームを復活させただけあって、そのとき発表されたトップグレード“クアドリフォリオ”のおおまかなスペックは、世界中の“残り少ない”アルファロメオファンを狂気乱舞させた(に違いない)。待ったかいがあった、と。

なにせ欧州Dセグメントの最高性能をうたった。現時点でメルセデスAMG C63Sより、BMW M3より、絶対パフォーマンスで優るモデルだ、とアルファが言うのだ。期待しない車ファンなど、いまい。

はたして最上級の“クアドリフォリオ”のみならず、ノーマルの“スーパー”もひっくるめて、新型ジュリアは欧州プレミアムDセグメントの新スタンダードになりうるライドフィールとパフォーマンスを有するFRスポーツサルーンだった。

軽量で強固のボディが、マセラティ譲りのデザインをもつシャシーを存分に働かせる。乗り心地と高速安定性ではクラストップレベル。フロアは完全に新設計で、静粛性も高く、そういう意味では新たなプラットホームだろう。

クワドリフォリオのエンジンは、完全に3/4フェラーリ。やや荒っぽいが、強力な加速とサウンドに痺れた。スーパー用のガソリン&ディーゼル両4気筒ターボも新開発で、8ATとの相性もよく、官能性こそ薄いが、上等上質。ただし、内外装の見映え質感では、ドイツ勢の後塵を拝す。

待ったかいはあった、が、予想とは次元の違うプレミアムカーだった。それだけがアルファファンにとって、唯一の泣きどころだろうか?

▲カーボンやアルミ、アルミ複合素材などの軽量素材を採用、クアドリフォリオのパワーウエイトレシオは3kg/hp未満、0-100km/h加速は3.9秒となる ▲カーボンやアルミ、アルミ複合素材などの軽量素材を採用、クアドリフォリオのパワーウエイトレシオは3kg/hp未満、0-100km/h加速は3.9秒となる
▲走行特性を変更するアルファDNA システムを採用、アドリフォリオではレーシングも備わる。ブランドロゴのデザインも新しくなった ▲走行特性を変更するアルファDNA システムを採用、アドリフォリオではレーシングも備わる。ブランドロゴのデザインも新しくなった
▲後輪それぞれのトルク配分を制御するトルクベクタリングや、ダウンフォースを制御するアクティブエアロスプリッターなどを採用。後ろに並ぶのは初代ジュリア ▲後輪それぞれのトルク配分を制御するトルクベクタリングや、ダウンフォースを制御するアクティブエアロスプリッターなどを採用。後ろに並ぶのは初代ジュリア

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Quadrifoglio ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCターボ ■総排気量:2891cc
■最高出力:510/6500[ps/rpm]
■最大トルク:600/2500-5500[n・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4639x1873x1426(mm) ■ホイールベース:2820mm

text/西川淳
photo/FCAジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027