新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新生ポルシェ 911Rはあくまでストリートに的を絞ったモデルだ(海外試乗) / navi

クルマニュース

新生ポルシェ 911Rはあくまでストリートに的を絞ったモデルだ(海外試乗) / navi

(2016/09/11)

▲1967年にホモロゲーションモデルとして登場した初代の伝統を受け継ぐ、991台の限定モデル。カーボンやマグネシウムを用い、911最軽量の車両総重量1370kgに ▲1967年にホモロゲーションモデルとして登場した初代の伝統を受け継ぐ、991台の限定モデル。カーボンやマグネシウムを用い、911最軽量の車両総重量1370kgに

GT3 RSのエンジンをMTで楽しめるマニア垂涎の1台

1967年に登場し、わずか24台だけが生産された、伝説的なモータースポーツベース車両の名が、久々に甦った。とはいえ、新生ポルシェ 911Rは、あくまでストリートに的を絞ったモデル。サーキットでの速さ優先でPDKオンリーとなった911GT3に対するファンからのMTを望む声に応えるかたちで、911GT3 RS 4.0が搭載する水平対向6気筒4L自然吸気エンジンに、専用開発の6速MTを組み合わせるのが最大のトピックだ。

しかも外観はRSではないGT3と全幅が共通で、タイヤもやはりGT3 用。固定式リアスポイラーは取り払われ、シンプルに仕立てられている。チェック柄のシートや緑色で刻まれたメーターの数値ともども、往年の911Rへのオマージュとなっているのである。

8000rpmオーバーまで突き抜けるように回る超高回転型エンジンを、カチッとしたタッチのMTで操るのは想像どおり快感そのもの。一方、乗り心地は意外やGT3 RSよりマイルドなのだが、荒れた路面にも遭遇するストリートを前提とすれば、こうなるのは必然だろう。

まさに911R 、往年の911ファンとしては、これこそ理想の組み合わせといえる1台だろう。ただ台数限定ということもあり、価格は2629万円にも達する。週末に楽しむため、というよりコレクターのための車となってしまうのでは、本当はもったいないところなのだけれど……。
 

▲GT3 RSの駆動技術を採用しつつ、公道走行を目的としたリトラクタブル式リアスポイラーや専用リアアンダーボディディフューザーなどを装着する ▲GT3 RSの駆動技術を採用しつつ、公道走行を目的としたリトラクタブル式リアスポイラーや専用リアアンダーボディディフューザーなどを装着する
▲中央部に“ペピータ”デザインのファブリック素材を用いたカーボン製フルバケットシートを装着。軽量化のためリアシートは外されている。ドアオープナーはプルストラップを採用 ▲中央部に“ペピータ”デザインのファブリック素材を用いたカーボン製フルバケットシートを装着。軽量化のためリアシートは外されている。ドアオープナーはプルストラップを採用
▲シフトストロークは短く、すべてのコントロールシステムがMT向けに調整されている。パワーウエイトレシオは2.7kg/ps、0-100km/h加速は3.8秒 ▲シフトストロークは短く、すべてのコントロールシステムがMT向けに調整されている。パワーウエイトレシオは2.7kg/ps、0-100km/h加速は3.8秒

【SPECIFICATIONS】
■グレード:911R ■乗車定員:2名
■エンジン種類:水平対向4DOHC ■総排気量:3996cc
■最高出力:500/8250[ps/rpm]
■最大トルク:460/6250[n・m/rpm]
■駆動方式:RR ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:4532x1852x1276(mm) ■ホイールベース:2475mm
■車両価格:2629万円

text/島下泰久
photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027