新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ S90/V90【小沢コージ】(海外試乗) / navi

クルマニュース

ボルボ S90/V90【小沢コージ】(海外試乗) / navi

(2016/09/17)

▲欧州的な落ち着いたテイストを好む大家族には素晴らしい選択肢。これでもまだ、ヴェルファイアやアルファードがいいという人は、そういう趣味ということで ▲欧州的な落ち着いたテイストを好む大家族には素晴らしい選択肢。これでもまだ、ヴェルファイアやアルファードがいいという人は、そういう趣味ということで

このノーブルさ、もしやロールス&ベントレー級?

予想以上でしたわ、新型S90 & V90!

知る人ぞ知るボルボプレミアム革命第2弾で、新型の2代目XC90 に続くラージワゴン&セダンなのだが、クオリティとノーブルさがハンパない。

まずはデザインを見てほしいけど、完璧プレミアムに振り切ってます。かつてボルボは「スウェーデンいい人戦略」の限界で、一番力入ってたのは正直ミディアムな60シリーズや70シリーズ。トップエンドの90シリーズは今ひとつ振り切りが足りなかったけど、新型は全然違う。実物は写真で見るよりよっぽどエレガント。ドイツ勢とは風合いが違う。

特にV90だけどS90同様、全長ほぼ5mと伸びやかなうえ、実用性以上にエレガントさ重視。それは560LというV90のラゲージ容量にもよく出ていて、リアピラーもビックリするほど寝てるし、かつての実用路線とは決別。

プラットフォームはXC90で初導入した新プラットフォームSPAで、約半分に高張力鋼板やボロンスチールを使った贅沢品で剛性感がハンパない。またパワートレインは2L直4がメインで後は過給器やモーターと割り切ってるけど、フィーリングは悪くない。厳密に走りの質感でドイツ勢を越えてるかは微妙だが、独特のしなやかさとスポーティさのバランスは確実に新潮流! まさに悩ましき“新北欧プレミアム”の誕生ですわ。

もし俺が金持ちだったら・・・・・・買う!
 

▲2LターボのT5、2Lスーパーチャージド+ターボのT6 AWD、プラグインハイブリッドのT8 AWD、2LディーゼルターボのD4とD5 AWDをラインナップする ▲2LターボのT5、2Lスーパーチャージド+ターボのT6 AWD、プラグインハイブリッドのT8 AWD、2LディーゼルターボのD4とD5 AWDをラインナップする
▲XC90同様、メーター部のセンタースクリーンとセンター部のタッチスクリーン式縦型センターディスプレイを配し、シンプルでクリーンなインテリアに ▲XC90同様、メーター部のセンタースクリーンとセンター部のタッチスクリーン式縦型センターディスプレイを配し、シンプルでクリーンなインテリアに
▲スポーティな内外装をもつR-デザインをS90/V90ともにラインナップ。マットブラックのホイールやピアノブラックのトリムなどを備える ▲スポーティな内外装をもつR-デザインをS90/V90ともにラインナップ。マットブラックのホイールやピアノブラックのトリムなどを備える

【SPECIFICATIONS】
■グレード:S90 T6 AWD ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCスーパーチャージド+ターボ ■総排気量:1969cc
■最高出力:320/5700[ps/rpm]
■最大トルク:400/2200-5400[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4963x1890x1443(mm) ■ホイールベース:2941mm

text/小沢コージ
photo/ボルボ・カー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
高い静粛性と快適な乗り心地のトヨタ 新型カムリ(試乗レポート)(2017/08/20)
スーパーカーでありラグジュアリーカーである世界最高の乗用車! ブガッティ シロン(海外試乗レポート)(2017/08/19)
まるで人間の目!? Newアイサイト「ツーリングアシスト」とは(プロトタイプ試乗)(2017/08/18)
V12のルッソとは全く異なる、V8ターボを搭載したフェラーリ GTC4ルッソT(海外試乗レポート)(2017/08/15)
どんなシチュエーションでも最高級の移動手段となる、ベントレー ベンテイガ(試乗レポート)(2017/07/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027