新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディで最もコンパクトでクーペライクな都会派SUV Q2(海外試乗) / navi

クルマニュース

アウディで最もコンパクトでクーペライクな都会派SUV Q2(海外試乗) / navi

(2016/11/17)

▲プラットフォームはA3やTTにも用いられている横置きMQBを採用。日本にはFFの1.0TFSI(116ps)と1.4TFSI COD(150ps)を導入予定、7速SトロニックのみでMTは用意されないとのことだ ▲プラットフォームはA3やTTにも用いられている横置きMQBを採用。日本にはFFの1.0TFSI(116ps)と1.4TFSI COD(150ps)を導入予定、7速SトロニックのみでMTは用意されないとのことだ

これぞまさしくジャパニーズ・ジャストサイズ

このところ、自動車業界を賑わせているSUV 。中でもトレンドはスタイリッシュなクーペスタイル。特に今年はプレミアムブランドの新型SUVラッシュで、日本にも続々導入されています。

「アウディQ2」は、今年3月のジュネーブショーで公開された、アウディで最もコンパクトでクーペライクなSUV。アウディのSUVでこれまで一番小さかったQ3よりもさらに小さい1.74mの全幅は、日本の立体駐車場にも収まるサイズなので、まさに日本向け。

欧州では11月、日本では2017年半ばに発売予定ですが、その前にスイスで試乗してきました。ちなみに試乗地チューリヒは、アルプスを望む大自然とアートが共存する街。それこそが都会派SUV 、Q2の世界観です。

コンパクトサイズでも、Q2はフロント部分の厚みを生かした八角形の大型シングルフレームグリルで迫力があり、またCピラーの"ブレード"がチャームポイント。ボディカラーは全15色。内装とのカラーコーディネイトが可能ですが、インテリアに色のアクセントが大胆に入っても派手というよりアート。

試乗したのは116psの1L3気筒TFSIエンジン× 6速MTと、150psの1.4L4気筒TFSIエンジン×7速Sトロニックという、ガソリンエンジンの2台。よりストレスフルなのは1.4Lですが、サイズライバルの「日産 ジューク」や「マツダ CX-3」と比べて、少なくとも質感、走りなどは「Q2」の勝ち。
 

▲クーペライクな低いルーフラインをもつ、多角形をモチーフとしたエクステリアデザイン。予測歩行者保護機能付きアウディプレセンスフロントなど安全装備も充実 ▲クーペライクな低いルーフラインをもつ、多角形をモチーフとしたエクステリアデザイン。予測歩行者保護機能付きアウディプレセンスフロントなど安全装備も充実
▲オフセットカラーのブレードを備えたCピラーも特徴的、プロテクター風のリアディフューザーも装着される ▲オフセットカラーのブレードを備えたCピラーも特徴的、プロテクター風のリアディフューザーも装着される
▲12.3インチモニターにメーター類などを表示するアウディバーチャルコックピットも用意。ラゲージ容量は通常405L、後席を倒せば最大1050Lに ▲12.3インチモニターにメーター類などを表示するアウディバーチャルコックピットも用意。ラゲージ容量は通常405L、後席を倒せば最大1050Lに

【SPECIFICATIONS】
■グレード:1.4TFSI COD ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1395cc
■最高出力:150/5000-6000[ps/rpm]
■最大トルク:250/1500-3500[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:4191x1794x1508(mm) ■ホイールベース:2601mm

text/吉田由美
photo/アウディ AG
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027