新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧グランツーリスモとして進化を遂げた「NISSAN GT-R 17年モデル」 / navi

クルマニュース

グランツーリスモとして進化を遂げた「NISSAN GT-R 17年モデル」 / navi

(2016/10/11)

▲2007年の発売以来最大規模となるエクステリア・インテリアのデザイン変更に加え、新技術の採用によりさらなるドライビングパフォーマンスの向上を実現した17年モデル ▲2007年の発売以来最大規模となるエクステリア・インテリアのデザイン変更に加え、新技術の採用によりさらなるドライビングパフォーマンスの向上を実現した17年モデル

15年モデルとの違いは、操作性と快適性

今回お借りしたのは、「GT-R Premium edition」グレードのモデルだ。

まず、エクステリアの印象。フロントまわりを見ただけでも、かなり改良が加わっていることが分かる。象徴的なクオーターパネルは、デザインよりも空力重視したような滑らかな形状だ。

▲空力性能の追求とともにGT-Rらしさをさらに深めたアグレッシブなエクステリア ▲空力性能の追求とともにGT-Rらしさをさらに深めたアグレッシブなエクステリア

インテリアは、相変わらず素晴らしい作り込みだ。セミアニリンのシートはしなやかで座面と背中を柔らかく沈み込ませながら身体をホールドしてくれる。インパネまわりも秀逸だ。ナッパレザーを使用したサイドパネルとセンタークラスターは、マットな雰囲気としっとりした肌触りで高級感を演出してくれる。

また、このクラスでは当たり前かもしれないがあえて言うと、ステッチには化粧ステッチを使わず本ステッチを採用している。見た目がとても良い。(欲を言えば、サイドブレーキのカバーもこれに準じてほしかった……)

▲高級本革として知られるナッパレザーを熟練の職人が厳選した一枚革で仕上げ、さらに精巧なステッチを施すことで、コックピット全体に圧倒的な高品質感を付与している ▲高級本革として知られるナッパレザーを熟練の職人が厳選した一枚革で仕上げ、さらに精巧なステッチを施すことで、コックピット全体に圧倒的な高品質感を付与している

さて、肝心の試乗だ。結論から言うと、2015年モデルから飛躍的に向上した部分は大きくふたつ。操縦性と快適性だ。

まず操縦性だが、違いは特に高速道で実感できる。路面が多少バンプしてもステアリングは微動だにしない。安定感が抜群に増しているのだ。制限速度まで加速してもしっかりしていて、とにかく疲れない。安定しすぎでは楽しくないという人向きには、VDC-R、サスペンション(ショックアブソーバー)、トランスミッションに用意された各3段階(R、ノーマル、各システム固有)のモード切り換え機能で、好みのセッティングに調整することをオススメする。

ちなみに出庫する際、低速でステアリングを目一杯切ってみて気づいたのだが、左右のタイヤの回転差をあまり感じなかった。なるほど“アンチアッカーマン方式”を採用しているのだ。これはレーシングカーなどに採用されている機構で、ハンドリング性能を良くしてくれる。このような造りが、高速領域での操縦性に一役買っているのだろう。

もうひとつ、快適性についてだが、まず静粛性が大きく向上した。路面ノイズや細かな振動はサスペンションが滑らかにいなし、2015年モデルでは目立っていたトランスミッションの高周波ノイズも、かなり低減されている。一般道の走行では特に、このような快適性の向上を実感できるはずだ。

▲3.8リッター24バルブV6ツインターボエンジン。軽く踏み込んだだけでも信じられないほどスムーズに加速し、ターボであることを忘れさせるリニアなエンジン特性だった ▲3.8リッター24バルブV6ツインターボエンジン。軽く踏み込んだだけでも信じられないほどスムーズに加速し、ターボであることを忘れさせるリニアなエンジン特性だった
▲相変わらず、エンジンは匠により1台1台手組みされている ▲相変わらず、エンジンは匠により1台1台手組みされている

NISSAN GT-Rは、2007年の発売当時から世界に通じる“スポーツカー”であったことは確かだ。しかしその一方で、限界性能を重視したパフォーマンスであったことも事実だった。

それが、約10年を経た今、“スーパースポーツグランツーリスモ”として世界に通じるモデルに進化したことをお伝えしたい。熟成させることの大切さを痛感できる1台だ。

▲「Track edition engineered by nismo」と「NISSAN GT-R NISMO」は17年モデルでも継続設定だ ▲「Track edition engineered by nismo」と「NISSAN GT-R NISMO」は17年モデルでも継続設定だ
▲印象的な丸目4灯リアがズラリ! ▲印象的な丸目4灯リアがズラリ!

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GT-R Premium edition ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V型6気筒DOHC+ツインターボ ■総排気量:3799cc
■最高出力:419(570)/6800 [ kW(ps)/rpm]
■最大トルク:637(65.0)/3300-5800 [N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4710mm×1895mm×1370mm(mm) ■ホイールベース:2780mm
■車両重量:1760kg(メーカーオプションの装着により変更となる場合があります)
■車両価格:1170.504万円(税込)~


text/松本英雄
photo/阿部昌也
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027