新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アバルト 124スパイダーは“スペックどおりの出来栄え”なロードスター(試乗レポート) / navi

クルマニュース

アバルト 124スパイダーは“スペックどおりの出来栄え”なロードスター(試乗レポート) / navi

(2017/01/05)

▲基本プラットフォームをマツダ ロードスターと共有、広島で生産されるFRオープンスポーツ。パワートレーンはFCA製、とりまとめはイタリアのチームが行っている ▲基本プラットフォームをマツダ ロードスターと共有、広島で生産されるFRオープンスポーツ。パワートレーンはFCA製、とりまとめはイタリアのチームが行っている

毒のないサソリ味で、ロードスターより上質

チンクやプントでの経験上、アバルト版フィアットというと「毒気にまみれたホットバージョン」、という印象がとても強い。多少バランスは悪いけれども、ひとたびハンドルを握れば、問答無用に乗り手を喜ばせてくれる。ドラテク無用、踏んで曲がって踏んで、が、とにかく楽しい。それがアバルトのイメージだったから、ある意味、よくできた“お利口さんスポーツカー”であるマツダ ロードスターをどれだけ毒々しく仕立ててくれるか、実をいうと楽しみにしていたのだ。

そんな期待はあっさり裏切られてしまった。

確かに、力はある。けれども、のけぞるようなアバルト感に乏しいのだ。素がよくできたスポーツカーだから、フィアットの開発陣もマジメに頑張っちゃった、という感じがする。重いエンジンを積んでもバランスが崩れていない。ちゃんと“ロードスター”の長所を生かしている。ハイパワーなロードスター。つまりは、ロードスターを試乗済みの人にとっては“スペックどおりの出来栄え”なのだった。

(スタイル以外に)大きな違いは、むしろ、実用街中領域における乗り心地の良さか。ちょっと重厚で、そういう意味ではよくできたGT風味、である。高速道路のクルージングでも、しっとり淡々と走ってくれる。普段乗りにはむしろコチラの方が乗りやすいかも、と思った。

もっとも、欲しいと思ったかどうか、と問われると、返答に窮する。やっぱり、アバルト印にはアバルトらしい毒があってほしい。
 

▲重量物をアクスル間に集中、エンジンをフロントアクスル後方に配置することでドライブフィールを向上。足回りも特別なチューニングが施されている ▲重量物をアクスル間に集中、エンジンをフロントアクスル後方に配置することでドライブフィールを向上。足回りも特別なチューニングが施されている
▲シートを可能なかぎり後方に低く配置。赤い文字盤のタコメーターをメーター部中央に置くなど、スポーティな仕立てに ▲シートを可能なかぎり後方に低く配置。赤い文字盤のタコメーターをメーター部中央に置くなど、スポーティな仕立てに
▲1.4Lマルチエア4気筒ターボを搭載。JC08モード燃費はMTが13.8km/L、ATが12km/L、ノーマルとスポーツ選択できるドライブモードセレクターを標準とした ▲1.4Lマルチエア4気筒ターボを搭載。JC08モード燃費はMTが13.8km/L、ATが12km/L、ノーマルとスポーツ選択できるドライブモードセレクターを標準とした

【SPECIFICATIONS】
■グレード:124SPIDER ■乗車定員:2名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1368cc
■最高出力:170/5500[ps/rpm]
■最大トルク:250/2500[n・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:4060x1740x1240(mm) ■ホイールベース:2310mm
■車両価格:388.8万円

text/西川淳
photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027