新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧一層の軽やかさをまとった新型ポルシェ パナメーラ(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

一層の軽やかさをまとった新型ポルシェ パナメーラ(海外試乗レポート) / navi

(2017/01/08)

▲従来モデルよりアルミを多くの部分に用いたプラットフォームを採用した2代目サルーン。スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を高次元で両立させたという ▲従来モデルよりアルミを多くの部分に用いたプラットフォームを採用した2代目サルーン。スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を高次元で両立させたという

究めた速さと快適さが、新しいライフスタイルを示す

初のフルモデルチェンジを受けた新型パナメーラ。まず視線が向かうのが、ルーフからリアエンドにかけてのラインを整え、サイドウインドウの形状も手直しすることで、より911に近づいたフォルムだ。リアビューも、いかにもポルシェ。このアピアランスだけで、成功は約束されたようなものとすら思えてくる。

車体もパワートレインも完全に刷新され、走りは一層の軽やかさをまとった。特にパナメーラ ターボは、先代が全域、膨大なパワーとトルクで突進するようだったとすると、新型は8速化されたPDKが、排気量を4Lに縮小した高効率なエンジンのパワーを無駄なく引き出し、サラッと、しかし猛烈に速いという感じ。フットワークも同様で、遮二無二タイヤを路面に押し付けるのではなく、しなやかにコーナーの連続を切り取っていく。

楽しいだけじゃない。新搭載のポルシェ・イノドライブは、目的地まで単なる道案内をするにとどまらず、最も効率的な運転パターンを計算し、標識なども認識しながら導くコ・パイロット機能。走りの快適さの面でも、新しい時代を切り拓いている。

一気に何百kmも移動して仕事をこなし、帰路には寄り道してワインディングロードを楽しんだりもする。新型パナメーラの向こうには、そんなライフスタイルが透けて見える。自分にとって現実味は乏しいが、乗っているとそんなオトコになれそうな気がするという意味で、どうにも惹かれるのだ。
 

▲従来型より全長34mm、ホイールベース30mm延長。フロントオーバーハンズを短く、リアオーバーハングを長くし、よりダイナミックなスタイルに ▲従来型より全長34mm、ホイールベース30mm延長。フロントオーバーハンズを短く、リアオーバーハングを長くし、よりダイナミックなスタイルに
▲スピードメーターなどを表示する7インチディスプレイなど、ディスプレイとタッチパネルを多用した新しいポルシェ・アドバンストコックピット。タコメーターのみアナログに ▲スピードメーターなどを表示する7インチディスプレイなど、ディスプレイとタッチパネルを多用した新しいポルシェ・アドバンストコックピット。タコメーターのみアナログに
▲リアを20mm低くしたルーフラインでデザインアイコンの911とのつながりを生み出した。4つのブレーキライトを合わせた3Dのリアランプを採用、左右をLEDのスリットでつないでいる ▲リアを20mm低くしたルーフラインでデザインアイコンの911とのつながりを生み出した。4つのブレーキライトを合わせた3Dのリアランプを採用、左右をLEDのスリットでつないでいる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Panamera Turbo ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3996cc
■最高出力:550/5750-6000[ps/rpm]
■最大トルク:770/1960-4500[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:5049x1937x1427(mm) ■ホイールベース:2950mm
■車両価格:2327万円

text/島下泰久
photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027