新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ある意味で“最終型”と言えるかもしれないメルセデス・ベンツ GLS(試乗レポート) / navi

クルマニュース

ある意味で“最終型”と言えるかもしれないメルセデス・ベンツ GLS(試乗レポート) / navi

(2017/01/17)

▲3L V6ディーゼルターボを搭載するGLS350d 4マチックとスポーツ、4.7L V8ツインターボのGLS550 4マチック スポーツ、ハイパフォーマンスバージョンのメルセデスAMG GLS63 4マチック(写真)をラインナップする ▲3L V6ディーゼルターボを搭載するGLS350d 4マチックとスポーツ、4.7L V8ツインターボのGLS550 4マチック スポーツ、ハイパフォーマンスバージョンのメルセデスAMG GLS63 4マチック(写真)をラインナップする

ある意味で最終の、最高峰SUV

メルセデスSUVの最高峰「GLクラス」のフェイスリフトモデルが、GLSだ。GLCやGLEといった一連の新世代デザインをまといグッとモダンになった。フラッグシップだけに全長5150mm、全幅1980mmとサイズはそれなりだが、運転席やドアミラー越しに見えるボディはスクエアで見切りが良く、大きさを感じさせない。

SUVとしては珍しく3列シートを備えるが、2 列目シートに備わる操作スイッチ一つで自動で折りたたまれるため、3列目へのアクセスもしやすい。また3列目シートもスイッチ一つで折りたたみ&引き起こしが可能と、シートアレンジの容易さには驚いた。さらに前席のドリンクホルダーには保温保冷機能が備わっているなど、日本車も顔負けの装備充実ぶり。もちろんACCをはじめとするレーダーセーフティパッケージもこの大柄な体躯であってもしっかりと制御してくれる。

5.5L V8ツインターボエンジンは585ps/760Nmを発揮。2.6トンもの車体を有無を言わせずグイグイと突き進む。AMGに専用チューニングされたエアサスペンションは、コンフォートモードを選ぶとAMGであることを忘れさせるほどに快適な乗り心地をみせる。その一方でスポーツやスポーツプラスモードを選べば電子制御スタビライザーとも相まって、ボディの大きさを忘れさせるほど軽快に走る。このエアサスはかなり懐が深い。ダウンサイジングエンジンの効率の良さを認める一方で、こうした多気筒大排気量エンジンの気持ちの良さを痛感する。ある意味で最終型と言えるかもしれない。
 

▲走行モードを選択できるダイナミックセレクトを標準化。各種制御をオフロード向けに設定するオフロードモード、急勾配の下り坂でも速度を一定に保つDSRなども備えた ▲走行モードを選択できるダイナミックセレクトを標準化。各種制御をオフロード向けに設定するオフロードモード、急勾配の下り坂でも速度を一定に保つDSRなども備えた
▲フラッグシップサルーンのSクラス同様の豪華な室内空間。680から最大2300Lのラゲージ容量や3列目シートなどで多彩なバリエーションをもつ ▲フラッグシップサルーンのSクラス同様の豪華な室内空間。680から最大2300Lのラゲージ容量や3列目シートなどで多彩なバリエーションをもつ
▲GLS63は専用チューニングの5.5L V8ツインターボを搭載。専用セッティッグの4WDシステムとエアサスペンションを装備している ▲GLS63は専用チューニングの5.5L V8ツインターボを搭載。専用セッティッグの4WDシステムとエアサスペンションを装備している

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Mercedes-AMG GLS63 4MATIC ■乗車定員:7名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:5461cc
■最高出力:585/5500[ps/rpm]
■最大トルク:760/1750-5250[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7AT
■全長x全幅x全高:5160x1980x1850(mm) ■ホイールベース:3075mm
■車両価格:1900万円

text/藤野太一
photo/郡大二郎
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
3
down
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
4
up
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
5
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
6
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
7
keep
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
8
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
9
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
10
keep
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027