新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧SUVにオープンエア!ランドローバー レンジローバーイヴォークコンバーチブル(試乗レポート) / navi

クルマニュース

SUVにオープンエア!ランドローバー レンジローバーイヴォークコンバーチブル(試乗レポート) / navi

(2017/03/27)

▲「世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブルモデル」となる3ドアSUV。これによりイヴォークは従来からの3ドアクーペと5ドアと合わせ、3つのボディタイプを用意、国内では計7グレードがラインナップされることとなった ▲「世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブルモデル」となる3ドアSUV。これによりイヴォークは従来からの3ドアクーペと5ドアと合わせ、3つのボディタイプを用意、国内では計7グレードがラインナップされることとなった

SUVにオープンエア。万歳!

レンジローバー イヴォークのラインナップに、オープントップ仕様のコンバーチブルが追加設定された。という、いささか真面目な書き出しでスタートしてしまった、このリポートだけど、いやあ、最初から最後まで、様々な感動に満ち溢れた試乗でしたわ。

まずはその企画力。前例がないわけではないけれども、SUVでオープン仕様を作ってしまおうという発想というか、思い切りの良さというものを、とにかく高く評価したいよね。自動車メーカーには、そもそもこういう新しいものを作るという野心が必要なわけでさ、だったらオレたちは、その心意気に応えてやろうという気持ちも、自然に生まれてくる。

オンロードでもオフロードでも魅力的な走りを披露し、ボディデザインの斬新さやインテリアの高級感でも、これまでカスタマーを十分に満足させてくれていたイヴォーク。そのイヴォークが今度はオープンエアの世界を手に入れることになった。それだけで最高じゃないか。

実際に街中をイヴォーク・コンバーチブルでドライブしてみても、普通のオープンカーよりさらに高い位置で、空気の流れを感じるのは本当に爽快だし、他の車からの視線も痛いほどに突き刺さる。街中で一目見た瞬間、多くの人は、あれは何という車なのかと興味を抱くだろう。だからこそオレの心の中には、今は「買いたい」という気持ちが80%ほど。面倒な能書きよりも、夢と直感で買いたい1台といえるかな。

▲オックスフォードレザーなどを用い高級感を高めたインテリア。風の巻き込みを軽減するディフレクターも用意される。ラゲージ容量は251L ▲オックスフォードレザーなどを用い高級感を高めたインテリア。風の巻き込みを軽減するディフレクターも用意される。ラゲージ容量は251L
▲Z型格納式の防音仕様ソフトトップを採用、18秒で開き21秒で閉まる。また時速48km/hまでなら走行中でも開閉可能に ▲Z型格納式の防音仕様ソフトトップを採用、18秒で開き21秒で閉まる。また時速48km/hまでなら走行中でも開閉可能に
▲滑りやすい路面や下り坂で活躍するATPC、ステレオカメラを用いた自動緊急ブレーキや車線逸脱警告などを用意。オープン化によりドアから後ろを新設計に、横転保護のためAピラーを強化した ▲滑りやすい路面や下り坂で活躍するATPC、ステレオカメラを用いた自動緊急ブレーキや車線逸脱警告などを用意。オープン化によりドアから後ろを新設計に、横転保護のためAピラーを強化した

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HSE DYNAMIC CONVERTIBLE ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1998cc
■最高出力:240/5500[ps/rpm]
■最大トルク:340/1750[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:9AT
■全長x全幅x全高:4385x1900x1650(mm) ■ホイールベース:2660mm
■車両価格:765万円

text/山崎元裕
photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027