新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ブランド史上最高のGTスポーツカー、アストンマーティン DB11(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

ブランド史上最高のGTスポーツカー、アストンマーティン DB11(海外試乗レポート) / navi

(2017/03/21)

▲アストンマーティン「第2世紀」プランの第1作として登場した、世界で最も美しい車を目指したというランドマーク・モデル。DB9の後継となる2+2の2ドアクーペは、“ブランド史上最高のGTスポーツカー”に仕立てられた ▲アストンマーティン「第2世紀」プランの第1作として登場した、世界で最も美しい車を目指したというランドマーク・モデル。DB9の後継となる2+2の2ドアクーペは、“ブランド史上最高のGTスポーツカー”に仕立てられた

アストンマーティンの新世紀を飾る記念碑的モデル

アストンマーティンの主力モデルといえばDBシリーズ。歴代“DB”は映画「007シリーズ」のボンドカーとしてもたびたび登場し、モデル名がアルファベットと数字の組み合わせだけに、どのモデルがどれくらい重要かが門外漢にはわかりづらい。では、最新のDB11がどのくらい重要かといえば、創業104年目を迎えたアストンマーティンの次なる100年を左右しかねないといってもいいほど重要な位置を占めている。

その最大の理由は、DB11に採用されたまったく新しいボディ構造とV12エンジンが今後登場する多くのアストンマーティンにも用いられる点にある。そんなDB11、ボディを一新したことで剛性感が格段に向上し、これが乗り心地やコーナリング性能の改善に大きく結びついている。おかげで積極的にコーナーを攻めたくなる車に生まれ変わったうえに、飛ばしているときにも強い安心感がステアリングから伝わってくるようになった。

アストンらしいプロポーションに直線的なエッジを効かせた新しいエクステリアデザインも新時代の到来を感じさせて美しい。インテリアはちょっと素っ気なくなったようにも思えるが、それをはるかに上回るくらいハードウエアの進化が著しく、それが質感の向上となって実感できるのは嬉しいところだ。

私には到底、手が届かない価格帯だけれど、ゴージャスな雰囲気に包まれてゆったりとクルージングを楽しむGTカーとしては出色の出来といっていい。

▲新たに接合アルミニウムボディ構造を採用。自社設計の新型V12ツインターボをフロントに搭載し、0→100km/h加速3.9秒、最高速度322km/hとDBモデル史上最速を誇る ▲新たに接合アルミニウムボディ構造を採用。自社設計の新型V12ツインターボをフロントに搭載し、0→100km/h加速3.9秒、最高速度322km/hとDBモデル史上最速を誇る
▲ホイールベースを65mm延長、エンジン搭載位置をより後方にすることで前後重量配分を51:49とした。フロントヒンジのクラムシェル・ボンネットを採用する ▲ホイールベースを65mm延長、エンジン搭載位置をより後方にすることでっ前後重量配分を51:49とした。フロントヒンジのクラムシェル・ボンネットを採用する
▲レザーなどを用いたラグジュアリーなインテリア。メーター類を表示する12インチディスプレイやタッチパッドなど、新たな技術も取り入れられている ▲レザーなどを用いたラグジュアリーなインテリア。メーター類を表示する12インチディスプレイやタッチパッドなど、新たな技術も取り入れられている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:DB11 ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:608/6500[ps/rpm]
■最大トルク:700/1500-5000[n・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4739x1940x1279(mm) ■ホイールベース:2805mm
■車両価格:2380万円

text/大谷達也
photo/アストンマーティン・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027