新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ XC60クラシック【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ XC60クラシック【ニューモデル試乗】 / navi

(2017/03/06)

▲インテリセーフと呼ばれる10種類以上の安全装備には、歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステムをはじめ、道路標識をメーターパネルに表示するRSIや、後向きで車を出す際に左右を監視してくれるCTAなどが備わる ▲3インテリセーフと呼ばれる10種類以上の安全装備には、歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステムをはじめ、道路標識をメーターパネルに表示するRSIや、後向きで車を出す際に左右を監視してくれるCTAなどが備わる

ロングセラーにはワケがある

いま世界で一番売れているボルボ、といえばXC60なのだという。

2008年のデビュー以来8年のこのタイミングで、2L4気筒ターボT5エンジン+8速ATにAWDを組み合わせた新世代パワートレインを搭載する「XC60クラシック」が導入された。ボルボの“クラシック”といえば伝統的にモデル末期に設定される上質装備充実仕様だ。このXC60もその例に漏れず、本革シートにシートヒーター、パノラマガラスサンルーフ、ウッドパネルに19インチアルミホイールなどを満載し、大団円を迎えるというわけだ。ちなみに前輪駆動でディーゼルのD4エンジンを搭載するモデルにも同仕様が用意されている。

ドライブフィールはまったく古さを感じさせない。パワートレインが最新なのだからさもありなんだが、シャシーも熟成が進んでいるだけあって大径ホイールをうまく履きこなし、乗り心地も洗練されている。あらためてエクステリアを眺めてみると適度にスクエアなデザインで、運転席からのサイドミラー越しの見切りもいい。いまどき全幅1900mm超があたりまえになってきたミッドサイズSUVだが、このXC60はほどよいサイズであることを再認識させられる。

もちろんボルボだから標準で全車速追従機能付ACCをはじめ、10種もの最新安全技術を装備するなど抜かりなし。ロングセラーにはしっかりとそのワケがあるのだ。

▲リアにはクラシック専用エンブレムが備わる。空気抵抗の少ない、シルバーのインテグレーテッド・ルーフレールも装着された ▲リアにはクラシック専用エンブレムが備わる。空気抵抗の少ない、シルバーのインテグレーテッド・ルーフレールも装着された
▲北欧家具を思わせるモダンウッドパネルを標準化。インターネット接続やアプリ使用なども行えるセンサスコネクトを採用、7インチディスプレイで操作できる ▲北欧家具を思わせるモダンウッドパネルを標準化。インターネット接続やアプリ使用なども行えるセンサスコネクトを採用、7インチディスプレイで操作できる
▲新たにDrive-Eパワートレーン2L直4ターボを搭載、JC08モード燃費を12.3km/Lと従来型より11%向上させている。D4に積まれる2Lディーゼルは18.6km/L ▲新たにDrive-Eパワートレーン2L直4ターボを搭載、JC08モード燃費を12.3km/Lと従来型より11%向上させている。D4に積まれる2Lディーゼルは18.6km/L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:T5 AWD Classic ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:245/5500[ps/rpm]
■最大トルク:350/1500-4800[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4645x1890x1715(mm) ■ホイールベース:2775mm
■車両価格:629万円

text/藤野太一
photo/柳田由人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027