新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート) / navi

(2017/05/12)

▲アルミフレーム付きカーボンモノコックボディを採用した、V12NAを搭載したランボルギーニのフラッグシップ。エクステリアの改良により空力性能が向上、従来型からフロントのダウンフォースが130%増加した ▲アルミフレーム付きカーボンモノコックボディを採用した、V12NAを搭載したランボルギーニのフラッグシップ。エクステリアの改良により空力性能が向上、従来型からフロントのダウンフォースが130%増加した

歴史上、最も成功した12気筒ミッドシップの進化形

今、実際に生産されている車で、真にスーパーカーと呼べる市販モデルは実は少ない。12気筒NAの大排気量エンジンをミッドに積んだ、となると、もはやアヴェンタドールしかない。だからこそ、今のうちに、何としても乗っておかなければいけないと思う。ある意味、一生懸命目指す価値のある、ほとんど最後の車となりつつある。

これまで実に6000台以上を生産した。大ヒットである。進化版は、ごくシンプルにアヴェンタドールSと名乗った。以前のように呼ぶと、LP740-4となるが、覚えにくいのでやめたんだそう。マニアとしては、なんか堕落っぽい。

進化のポイントは大きく分けて3つ。エアロダイナミクスの向上に伴うスキンチェンジ、4WS+マグネティックライド+可変ギアレシオステアリングの採用、ほぼSVスペックとなったパワートレイン、だ。

このうち、乗り味に大きな変化をもたらしたのは、もちろん、四輪操舵と可変ギアレシオステアリングだ。微低速域での取り回しが格段にラクとなり、高速域では非常に安定かつ潔いコーナーワークを実現している。まるで、アヴェンタドールが一回りも二回りも小さくなったかのよう。磁性流体ダンパーによる乗り心地の向上も、ウラカンほど劇的ではないにせよ、あるにはあった。けれども、ミッドシップ12発としてのスパルタンさはしっかりと残せている。

新しい顔つきは、ワイドに見えて好ましい。文句ナシに欲しい1台だ。

▲従来型より20%軽量化された単排気管3本出しの新排気システムを採用。四輪ステアリングシステムは、低速時には前後車輪が逆方向を向き回転半径を小さく、高速時は同方向を向くことで車体をより安定させる ▲従来型より20%軽量化された単排気管3本出しの新排気システムを採用。四輪ステアリングシステムは、低速時には前後車輪が逆方向を向き回転半径を小さく、高速時は同方向を向くことで車体をより安定させる
▲TFTモニターを用いたメーターは好みに応じて表示を変更。ドライブモードはストラーダ/スポルト/コルサ/エゴの4モードを用意。新たに加わったエゴモードは好みに応じてトラクション、ステアリング、サスペンションをカスタマイズできる ▲TFTモニターを用いたメーターは好みに応じて表示を変更。ドライブモードはストラーダ/スポルト/コルサ/エゴの4モードを用意。新たに加わったエゴモードは好みに応じてトラクション、ステアリング、サスペンションをカスタマイズできる
▲6.5LのV12エンジンは従来型より最高出力を40ps向上。VVT(可変バルブタイミング)やVIS(可変インテークシステム)を改良し、より豊かなトルクカーブを実現する。0-100kmh加速は2.9秒 ▲6.5LのV12エンジンは従来型より最高出力を40ps向上。VVT(可変バルブタイミング)やVIS(可変インテークシステム)を改良し、より豊かなトルクカーブを実現する。0-100kmh加速は2.9秒

【SPECIFICATIONS】
■グレード:AVENTADOR S ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:6498cc
■最高出力:740/8400[ps/rpm]
■最大トルク:690/5500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7SCT
■全長x全幅x全高:4797x2030x1136(mm) ■ホイールベース:2700mm

text/西川淳
photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス|1.5L 4気筒エンジンを昇華させた、まぎれもないラグジュアリーモデル(2020/12/03)
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
3
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
4
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
5
up
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
6
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
7
up
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
8
down
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
9
keep
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
10
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027