新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート) / navi

(2017/05/12)

▲アルミフレーム付きカーボンモノコックボディを採用した、V12NAを搭載したランボルギーニのフラッグシップ。エクステリアの改良により空力性能が向上、従来型からフロントのダウンフォースが130%増加した ▲アルミフレーム付きカーボンモノコックボディを採用した、V12NAを搭載したランボルギーニのフラッグシップ。エクステリアの改良により空力性能が向上、従来型からフロントのダウンフォースが130%増加した

歴史上、最も成功した12気筒ミッドシップの進化形

今、実際に生産されている車で、真にスーパーカーと呼べる市販モデルは実は少ない。12気筒NAの大排気量エンジンをミッドに積んだ、となると、もはやアヴェンタドールしかない。だからこそ、今のうちに、何としても乗っておかなければいけないと思う。ある意味、一生懸命目指す価値のある、ほとんど最後の車となりつつある。

これまで実に6000台以上を生産した。大ヒットである。進化版は、ごくシンプルにアヴェンタドールSと名乗った。以前のように呼ぶと、LP740-4となるが、覚えにくいのでやめたんだそう。マニアとしては、なんか堕落っぽい。

進化のポイントは大きく分けて3つ。エアロダイナミクスの向上に伴うスキンチェンジ、4WS+マグネティックライド+可変ギアレシオステアリングの採用、ほぼSVスペックとなったパワートレイン、だ。

このうち、乗り味に大きな変化をもたらしたのは、もちろん、四輪操舵と可変ギアレシオステアリングだ。微低速域での取り回しが格段にラクとなり、高速域では非常に安定かつ潔いコーナーワークを実現している。まるで、アヴェンタドールが一回りも二回りも小さくなったかのよう。磁性流体ダンパーによる乗り心地の向上も、ウラカンほど劇的ではないにせよ、あるにはあった。けれども、ミッドシップ12発としてのスパルタンさはしっかりと残せている。

新しい顔つきは、ワイドに見えて好ましい。文句ナシに欲しい1台だ。

▲従来型より20%軽量化された単排気管3本出しの新排気システムを採用。四輪ステアリングシステムは、低速時には前後車輪が逆方向を向き回転半径を小さく、高速時は同方向を向くことで車体をより安定させる ▲従来型より20%軽量化された単排気管3本出しの新排気システムを採用。四輪ステアリングシステムは、低速時には前後車輪が逆方向を向き回転半径を小さく、高速時は同方向を向くことで車体をより安定させる
▲TFTモニターを用いたメーターは好みに応じて表示を変更。ドライブモードはストラーダ/スポルト/コルサ/エゴの4モードを用意。新たに加わったエゴモードは好みに応じてトラクション、ステアリング、サスペンションをカスタマイズできる ▲TFTモニターを用いたメーターは好みに応じて表示を変更。ドライブモードはストラーダ/スポルト/コルサ/エゴの4モードを用意。新たに加わったエゴモードは好みに応じてトラクション、ステアリング、サスペンションをカスタマイズできる
▲6.5LのV12エンジンは従来型より最高出力を40ps向上。VVT(可変バルブタイミング)やVIS(可変インテークシステム)を改良し、より豊かなトルクカーブを実現する。0-100kmh加速は2.9秒 ▲6.5LのV12エンジンは従来型より最高出力を40ps向上。VVT(可変バルブタイミング)やVIS(可変インテークシステム)を改良し、より豊かなトルクカーブを実現する。0-100kmh加速は2.9秒

【SPECIFICATIONS】
■グレード:AVENTADOR S ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:6498cc
■最高出力:740/8400[ps/rpm]
■最大トルク:690/5500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7SCT
■全長x全幅x全高:4797x2030x1136(mm) ■ホイールベース:2700mm

text/西川淳
photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027