新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧5MT仕様がカタログモデルになった!ルノー トゥインゴ ゼン(試乗レポート) / navi

クルマニュース

5MT仕様がカタログモデルになった!ルノー トゥインゴ ゼン(試乗レポート) / navi

(2017/05/07)

▲RRレイアウトを採用、ベースをスマートと共有するコンパクトハッチのエントリーグレード。シンプルな装備で価格を抑えた、1Lエンジン×5速MTと0.9Lターボエンジン×EDC(デュアルクラッチ)の2モデルが追加設定された ▲RRレイアウトを採用、ベースをスマートと共有するコンパクトハッチのエントリーグレード。シンプルな装備で価格を抑えた、1Lエンジン×5速MTと0.9Lターボエンジン×EDC(デュアルクラッチ)の2モデルが追加設定された

お子さんの情操教育や、お父さんの回春剤にも

トゥインゴに「ゼン」というエントリーグレードが追加された。0.9Lターボ+6速EDCの組み合わせは上級グレードのインテンスと同様のものだが、ハイライトはなんといっても、1L NA+5MT仕様がカタログモデルになったこと。エントリーゆえ外観からクロームパーツが省かれたり、15インチホイールはアルミじゃなくてカバータイプになるし、エアコンがマニュアルになったりするようだが、そちらの方がこの車の性格には合っていると思う。

マニュアル仕様というと、日本のインポーターはとかく大径ホイールにバケットシート付きみたいなスポーティ仕様ばかりを導入するがここんちは違う。シフトフィールは普通だし、エンジンもターボの90psに対して71psしかないし、トルクも10㎏ -mにも満たない。お世辞にも速いとかスポーティなんて言えないし、右ハンドル仕様で足元の狭さゆえにフットレストが配置されないことに少々戸惑うけれど、慣れてくるとRRらしさを感じる場面もあって普通の道が楽しい。初めて乗ったマニュアルの軽トラみたいな、回春剤のようなものだ。

スポーツカーだって2ペダルが当たり前のいま、3ペダルのマニュアルってどれくらい売れているのか気になって自販連に問い合わせてみたら、最新(2015年)の国産乗用車のデータで、ATの割合は98.4%なんだとか。MTは1.6%!あえてそんな市場にマニュアル仕様を導入し、しかもお値段なんと171万円!! もうルノー・ジャポンに感服である。

▲他グレード同様、遊び心溢れるデザインのメーターなどポップな仕立てに。バックソナーやオートライト、雨滴感応式オートワイパーなどは装着されていない ▲他グレード同様、遊び心溢れるデザインのメーターなどポップな仕立てに。バックソナーやオートライト、雨滴感応式オートワイパーなどは装着されていない
▲こちらのフロントグリルバッジセットはオプション。フロントLEDランプなどフロントまわは他グレードと同一に、サイドのクロームパーツはレス仕様となっている ▲こちらのフロントグリルバッジセットはオプション。フロントLEDランプなどフロントまわりは他グレードと同一に、サイドはクロームパーツがレス仕様となっている
▲衝突時の歩行者へのダメージを軽減する、ポリプロピレン製のボンネットとフェンダー。ステアリングギア比がハンドル角度や車速に応じて無段階となり、前輪切れ角を制御するVGRSは省かれている ▲衝突時の歩行者へのダメージを軽減する、ポリプロピレン製のボンネットとフェンダー。ステアリングギア比がハンドル角度や車速に応じて無段階となり、前輪切れ角を制御するVGRSは省かれている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ZEN(MT) ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHC ■総排気量:998cc
■最高出力:71/6000[ps/rpm]
■最大トルク:91/2850[N・m/rpm]
■駆動方式:RR ■トランスミッション:5MT
■全長x全幅x全高:3620x1650x1545(mm) ■ホイールベース:2490mm
■車両価格:171万円
 

text/藤野太一
photo/柳田由人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027