新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧機能性とデザイン性の両立を追求、新型ワゴンR(試乗レポート) / navi

クルマニュース

機能性とデザイン性の両立を追求、新型ワゴンR(試乗レポート) / navi

(2017/04/01)

▲常に「軽自動車の真ん中」であり続け、皆に愛されるワゴンR(写真はHYBRID FX) ▲常に「軽自動車の真ん中」であり続け、皆に愛されるワゴンR(写真はHYBRID FX)

6代目NewワゴンRは3つのスタイルがデビュー

初代ワゴンRが登場してからおよそ四半世紀。6代目に当たるNewワゴンRは、HYBRID FX、HYBRID FZ、スティングレー HYBRID Tの3つのボディスタイルがある。

ヘッドライト形状と、リアバンパーに取り付けられたテールライトが初代をほうふつさせるデザインになっている。先代モデルと比べ軽量化を図っているのだが、これはNewアルトにも採用された新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用しているからだ。

▲スポーティさとスタイリッシュさを合わせ持つデザインのHYBRID FZ ▲スポーティさとスタイリッシュさを合わせ持つデザインのHYBRID FZ
▲強烈な個性を放つデザインのスティングレー HYBRID T ▲強烈な個性を放つデザインのスティングレー HYBRID T
▲初代を彷彿させるテールライトと3代目まで採用されていたCピラーウィンドウが復活 ▲初代を彷彿させるテールライトと3代目まで採用されていたCピラーウインドウが復活

マイルドハイブリッド搭載で軽やかな走りをするHYBRID FX

今回試乗したモデルは2WDのHYBRID FXとスティングレー HYBRID Tだ。

まず初めにターボが付いていないNAモデル、FXから試乗する。大人2人が乗車していても、思った以上に軽やかに走り出す。マイルドハイブリッドによるモーターアシストは、トルクの上乗せが最も必要な発進時や高速道路での加速で活躍する。軽量だが柔らかい乗り心地は、先代からさらに進化している。

また、時速10km位まで速度が落ちると、エンジンが停止して惰性で動く。アクセルを踏まないクリープ状態では、エンジンを使うことなくモーターのみで動き出し、5、6秒程すると、極めて滑らかにエンジンが始動する。

カーブでも一切の不安はなく、Aピラーを細身にしており見切りも良い。電動パワステ(EPS)の制御も自然な操作感覚で安心感がある。

世界的にこれほど小型で大衆に受け入れられる大量生産のハイテクカーはないのではないだろうか。静粛性も含めて、この乗り心地まで追いつかない普通車もある。それを考えるとワゴンRの歴史はだてじゃない。

▲リアシートも座ってみたが広々としておざなりな作りではない ▲リアシートも座ってみたが広々としておざなりな作りではない

力強い加速を見せるスティングレー HYBRID T

ターボモデルのスティングレー HYBRID Tは、FXと比べフロントマスクがすごみを増したデザインとなっている。トルクもリッターカー並みで、800kgの軽い車体には十分な力がある。高速道路に乗ってもスイスイ加速し、エンジンノイズも気にならない。

ターボは低回転から威力を発揮するが、FX同様にモーターアシストもあるので、発進から約100Km/hまで連続的な加速をする。もはやリッターカーの加速以上である。

FXと比べ、ロール剛性も高くカーブではスーッと内側に切り込んでいく。これはタイヤのサイズも1インチ大きいことも影響しているだろう。軽量で剛性が高いボディではあるが、後部座席、フロア部分の振動が気になった。これはリアにスタビライザーが追加されている結果であろう。乗り心地の雰囲気が全く異なり、全体的にスポーティといえる。

まとめ

HYBRID FXとスティングレー HYBRID Tは、顔とエンジンが違うだけではなく、性格も違う。加速と乗り心地にこのくらいの違いがないと、選ぶユーザーも納得しないのかもしれない。

価格に差はあるものの、両モデルに乗って自分に合ったモデルを探すのも良いだろう。日本でしか乗れないハイテクトールワゴンを感じ取ってほしい。

▲軽自動車初の採用となる後席ドア両側のアンブレラホルダー。雨水は車外に排出されるので傘が濡れたままでも収納できる ▲軽自動車初の採用となる後席ドア両側のアンブレラホルダー。雨水は車外に排出されるので傘が濡れたままでも収納できる
▲こちらも軽自動車初採用となる速度や警告など表示するヘッドアップディスプレイ ▲こちらも軽自動車初採用となる速度や警告など表示するヘッドアップディスプレイ


【SPECIFICATIONS】
■グレード:HYBRID FX ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHC ■総排気量:658cc
■最高出力:38(52)/6500 [ kW(ps)/rpm]
■最大トルク:60(6.1)/4000 [N・m(kg・m)/rpm]
■モーター最高出力:2.3(3.1)/1000 [ kW(ps)/rpm]
■モーター最大トルク:50(5.1)/100 [N・m(kg・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1650(mm) ■ホイールベース:2460mm
■車両重量:770kg
■JC08モード燃費:33.4(㎞/L)
■ガソリン種類/容量:レギュラー/27(L)
■車両価格:117万7200円(税込)

【SPECIFICATIONS】
■グレード:スティングレー HYBRID T ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHC+ターボ ■総排気量:658cc
■最高出力:47(64)/6000 [ kW(ps)/rpm]
■最大トルク:98(10.0)/3000 [N・m(kg・m)/rpm]
■モーター最高出力:2.3(3.1)/1000 [ kW(ps)/rpm]
■モーター最大トルク:50(5.1)/100 [N・m(kg・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1650(mm) ■ホイールベース:2460mm
■車両重量:800kg
■JC08モード燃費:28.4(㎞/L)
■ガソリン種類/容量:レギュラー/27(L)
■車両価格:165万8880円(税込)
 

text/松本英雄
photo/阿部昌也
クリックでタグの選択
最新ニュース
電気自動車の新型「e-Golf」とプラグインハイブリッド車の新型「Golf GTE」を導入(2017/10/19)
LEXUS、フラッグシップセダン新型「LS」を発売(2017/10/19)
MTはもちろん、ATの完成度の高さが光った新型スイフトスポーツ(試乗レポート)(2017/10/17)
フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル 新型「Arteon」発売開始(2017/10/17)
ピュア自然吸気もこれでラスト? フェラーリ 812スーパーファスト(海外試乗レポート)(2017/10/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027