新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧絶対王者のドイツ勢を脅かすのは意外にもコレ!? ボルボ S90/V90(試乗レポート) / navi

クルマニュース

絶対王者のドイツ勢を脅かすのは意外にもコレ!? ボルボ S90/V90(試乗レポート) / navi

(2017/06/06)

▲ボルボのフラッグシップとなる90シリーズ、セダンのS90、ステーションワゴンのV90、クロスオーバーモデルのV90クロスカントリーをラインナップする。新世代プラットフォームに自社開発エンジンを搭載、先進安全装備や独自のインフォテイメントシステムなどを備えスウェディッシュ・ラグジュアリーを体現した ▲ボルボのフラッグシップとなる90シリーズ、セダンのS90、ステーションワゴンのV90、クロスオーバーモデルのV90クロスカントリーをラインナップする。新世代プラットフォームに自社開発エンジンを搭載、先進安全装備や独自のインフォテイメントシステムなどを備えスウェディッシュ・ラグジュアリーを体現した

ラグジュアリーブランドへ成長したボルボを実感

Eセグメントのステーションワゴンを買う。以前は大いに流行ったライフスタイルだけど、このところのSUV人気に押されて、ワゴン需要は減っているらしい。けれども、セダンのように乗れて荷物も積みやすいというエステートモデルならでは、の魅力は、きっとそのうち再評価されると思う。

かくいうボクも、今のところ、ステーションワゴンライフには縁遠い生活スタイルだけれども、縁がなくても欲しいと思えたのが、新型ボルボ V90だ。機能性ありきのカテゴリーで、そういう衝動に駆られることなんて、そうそうない。その昔のボルボ 850T5Rエステートや、E34のBMW M5ツーリング、V10を積んだアウディ RS6アバント、といった、たまたまワゴンの形をした高性能モデルが欲しくなった、という経験はあっても……。

V90は違う。威張れるほどの高性能じゃない。エンドピラーが寝たとはいえ、いまだ機能重視のエステートだ。なのに、欲しくなった。なぜか。簡単だ。最新のカーデザインとしてスタイルに惹かれたからだ。インテリアの見映えに引き込まれたからだ。

XC90 以降のボルボは、シンプルな魅力で車好きを惹きつけるすべに長けている。そのうえで、走りはもちろんのこと、安全性や環境性、先進性にも抜かりがない。優れて、イマドキのラグジュアリーブランドに成長したと思う。ドイツ勢、危うしだ。ちなみに、セダンのS90も同じくらい良い。

>▲V70の後継モデルとなるV90、プラグインハイブリッドモデルもラインナップする。北欧神話に登場するトール神がもつハンマーをモチーフとしたT字型LEDヘッドライトが特徴的 ▲V70の後継モデルとなるV90、プラグインハイブリッドモデルもラインナップする。北欧神話に登場するトール神がもつハンマーをモチーフとしたT字型LEDヘッドライトが特徴的
▲15種類以上の安全・運転支援システム、インテリセーフを標準装備。これには道路逸脱事故防止のランオフロード・ミティゲーションや、車線中央を走るようにアシストするパイロット・アシスト(自動運転 レベル2)などが備わる ▲15種類以上の安全・運転支援システム、インテリセーフを標準装備。これには道路逸脱事故防止のランオフロード・ミティゲーションや、車線中央を走るようにアシストするパイロット・アシスト(自動運転 レベル2)などが備わる
▲メーター部のディスプレイと縦型タッチスクリーンのセンターディスプレイを用い、直感的な操作を可能とした独自システム(センサス)を採用。ファインナッパレザーやナチュラルな風合いのウッドパネルなどが用意される ▲メーター部のディスプレイと縦型タッチスクリーンのセンターディスプレイを用い、直感的な操作を可能とした独自システム(センサス)を採用。ファインナッパレザーやナチュラルな風合いのウッドパネルなどが用意される

【SPECIFICATIONS】
■グレード:V90 T6 AWD Inscription ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ+スーパーチャージャー ■総排気量:1968cc
■最高出力:320/5700[ps/rpm]
■最大トルク:400/2200-5400[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4935x1890x1475(mm) ■ホイールベース:2940mm
■車両価格:799万円

text/西川淳
photo/柳田由人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
2
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
3
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
10
up
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027