新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧デート用ではなく走りと向き合うオープン、メルセデスAMG GT C ロードスター(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

デート用ではなく走りと向き合うオープン、メルセデスAMG GT C ロードスター(海外試乗レポート) / navi

(2017/07/11)

▲AMGオリジナルスポーツモデルGTのオープン版がロードスター。476ps/630N・mのベーシックモデルと557ps/680N・mのCをラインナップする ▲AMGオリジナルスポーツモデルGTのオープン版がロードスター。476ps/630N・mのベーシックモデルと557ps/680N・mのCをラインナップする

1人でアクセルを踏み続けるのが似合う車

ロードスターの登場と同時に、メルセデスAMG GTのラインナップには従来のGT SとGT Rの間に位置するGT Cが加わった。V型8気筒4Lツインターボエンジンは大型ターボチャージャーなどを使ったGT R用がベースで、最高出力は557psを誇る。それに合わせてシャシーもトレッド拡大、後輪操舵機能の追加などが行われている。

それにしてもリアビューは鮮烈だ。ソフトトップルーフを持つスタイリングはクーペよりすっきりまとまっており、しかも全幅はメルセデスAMG GT Rと同様に57mmワイドになっているから、迫力は凄まじいものがある。

走りの印象も見た目にたがわない。ボディは剛性感高く、サスペンションもハード。操舵に対して間髪入れずに反応する切れ味の良さが光る。エンジンについては、一般道では全開にする機会にほとんど恵まれなかったのだが、定評のある全域フラットなトルク、凄まじい勢いの吹け上がりには、何も不満を覚えさせることはなかった。

オープン時の風の巻き込みは決して小さくなく、ハードな乗り心地、吠えるエンジンと相まって、その走りはスパルタンな雰囲気が色濃い。風を感じながら、1人アクセルを踏み続けるのが似合いそうだ。1台でどこへでも行く、それこそデート用にもと考えるなら、メルセデス・ベンツSLを選ぶべきだろう。その意味で個人的には縁遠いが、しかしともに暮らせる人が心底羨ましい1台である。

▲三層構造のソフトトップはスペースを考慮しZ型に収納される。開閉にかかる時間は11秒、時速50km/hまでなら走行中でも操作可能 ▲三層構造のソフトトップはスペースを考慮しZ型に収納される。開閉にかかる時間は11秒、時速50km/hまでなら走行中でも操作可能
▲基本クーペ同様のスポーティなインテリアはナッパレザーを用い高級感も備える。スポーツシートにはオープン時に役立つエアスカーフを装備 ▲基本クーペ同様のスポーティなインテリアはナッパレザーを用い高級感も備える。スポーツシートにはオープン時に役立つエアスカーフを装備
▲4LのV8直噴ツインターボを搭載。Cは0→100km/h加速3.7秒、最高速度316km/h。走行モードには「レース」も加わる ▲4LのV8直噴ツインターボを搭載。Cは0→100km/h加速3.7秒、最高速度316km/h。走行モードには「レース」も加わる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:C ROADSTER ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3982cc
■最高出力:557/5750-6750[ps/rpm]
■最大トルク:680/1900-5750[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT

text/島下泰久
photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う(2017/11/11)
トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!(2017/11/10)
マイナーチェンジでターボが追加されたハリアー。スポーティかつ安定感のある走りが実現(2017/11/05)
まるでハイドロのような穏やかな乗り心地のシトロエン C3(2017/11/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027