新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧デート用ではなく走りと向き合うオープン、メルセデスAMG GT C ロードスター(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

デート用ではなく走りと向き合うオープン、メルセデスAMG GT C ロードスター(海外試乗レポート) / navi

(2017/07/11)

▲AMGオリジナルスポーツモデルGTのオープン版がロードスター。476ps/630N・mのベーシックモデルと557ps/680N・mのCをラインナップする ▲AMGオリジナルスポーツモデルGTのオープン版がロードスター。476ps/630N・mのベーシックモデルと557ps/680N・mのCをラインナップする

1人でアクセルを踏み続けるのが似合う車

ロードスターの登場と同時に、メルセデスAMG GTのラインナップには従来のGT SとGT Rの間に位置するGT Cが加わった。V型8気筒4Lツインターボエンジンは大型ターボチャージャーなどを使ったGT R用がベースで、最高出力は557psを誇る。それに合わせてシャシーもトレッド拡大、後輪操舵機能の追加などが行われている。

それにしてもリアビューは鮮烈だ。ソフトトップルーフを持つスタイリングはクーペよりすっきりまとまっており、しかも全幅はメルセデスAMG GT Rと同様に57mmワイドになっているから、迫力は凄まじいものがある。

走りの印象も見た目にたがわない。ボディは剛性感高く、サスペンションもハード。操舵に対して間髪入れずに反応する切れ味の良さが光る。エンジンについては、一般道では全開にする機会にほとんど恵まれなかったのだが、定評のある全域フラットなトルク、凄まじい勢いの吹け上がりには、何も不満を覚えさせることはなかった。

オープン時の風の巻き込みは決して小さくなく、ハードな乗り心地、吠えるエンジンと相まって、その走りはスパルタンな雰囲気が色濃い。風を感じながら、1人アクセルを踏み続けるのが似合いそうだ。1台でどこへでも行く、それこそデート用にもと考えるなら、メルセデス・ベンツSLを選ぶべきだろう。その意味で個人的には縁遠いが、しかしともに暮らせる人が心底羨ましい1台である。

▲三層構造のソフトトップはスペースを考慮しZ型に収納される。開閉にかかる時間は11秒、時速50km/hまでなら走行中でも操作可能 ▲三層構造のソフトトップはスペースを考慮しZ型に収納される。開閉にかかる時間は11秒、時速50km/hまでなら走行中でも操作可能
▲基本クーペ同様のスポーティなインテリアはナッパレザーを用い高級感も備える。スポーツシートにはオープン時に役立つエアスカーフを装備 ▲基本クーペ同様のスポーティなインテリアはナッパレザーを用い高級感も備える。スポーツシートにはオープン時に役立つエアスカーフを装備
▲4LのV8直噴ツインターボを搭載。Cは0→100km/h加速3.7秒、最高速度316km/h。走行モードには「レース」も加わる ▲4LのV8直噴ツインターボを搭載。Cは0→100km/h加速3.7秒、最高速度316km/h。走行モードには「レース」も加わる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:C ROADSTER ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3982cc
■最高出力:557/5750-6750[ps/rpm]
■最大トルク:680/1900-5750[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT

text/島下泰久
photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027