新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポストSUV筆頭に名乗りを上げた!ボルボ V90クロスカントリー(試乗レポート) / navi

クルマニュース

ポストSUV筆頭に名乗りを上げた!ボルボ V90クロスカントリー(試乗レポート) / navi

(2017/08/24)

▲スウェディッシュ・ラグジュアリーを体現する、最新ブランドデザインをまとった90シリーズの最後を飾るクロスカントリー。XC70の後継モデルとなる。254psを発生する2L直4ターボを積むT5と、320psの2L直4ターボ+スーパーチャージャーを積むT6を用意、それぞれにモメンタムとサマムの2グレードを設定している ▲スウェディッシュ・ラグジュアリーを体現する、最新ブランドデザインをまとった90シリーズの最後を飾るクロスカントリー。XC70の後継モデルとなる。254psを発生する2L直4ターボを積むT5と、320psの2L直4ターボ+スーパーチャージャーを積むT6を用意、それぞれにモメンタムとサマムの2グレードを設定している

ステーションワゴンともSUVとも一線を画す最旬エステート

先発陣が試合を作る、とよくいわれるが、XC90やS90/V90など新プラットフォームSPA採用モデルが大車輪のボルボ。今月は大本命、本気でドイツ車をブッた斬らんかな的な、迫力満点の1台が登板してきた。V90クロスカントリーだ。

V90に準じるとはいえハイ・ライダー気味の外観はステーションワゴンともSUVとも一線を画す。V90比で地上最低高は+55mmの210mm、前後トレッドは+35mmと+25mmずつ拡大、そりゃカッコいいワケだ。リアハッチがスラントして荷室容量はV70より微減しているものの、この手のエステートは冷蔵庫やタンスを積むのでなく、サーフボードやスキー板相手に問題なければよい、そこを重々、心得たスタンスだ。

足回りは前がダブルウィッシュボーンで後がマルチリンク。ハブキャリアは専用設計でロアアームはXC90譲り、フロントのアッパーアームはS90/V90からで、リアはエアサスを選ばなければグラスファイバー素材のリーフスプリングとなる。低中速域からストローク感豊かで、セダン/エステートのコントロール性とSUVの重厚感の両取りという、しっとりした乗り心地だ。

パワーユニットはT5でトルクも滑らかさが十分だし、着座位置からの視点はめっぽう高く、ボルボ独自の運転支援システム「インテリセーフ」も最新世代。同じEセグ相当のAWD 各モデルを見渡しても、賢く見えるし、ちょっと今のところライバルがいない、ポストSUVの最右翼だ。

>▲15種類以上の先進安全・運転支援技術をもつインテリセーフを標準採用。道路逸脱事故の対策として開発されたランオフロード・ミティゲーションを世界で初めて装備している ▲15種類以上の先進安全・運転支援技術をもつインテリセーフを標準採用。道路逸脱事故の対策として開発されたランオフロード・ミティゲーションを世界で初めて装備している
▲V90をベースに悪路走破性を高めるため、最低地上高アップや専用サスペンションの装着、前後スキッドプレートをはじめとした専用エクステリアを採用した。ラゲージ容量は560Lから最大1526L ▲V90をベースに悪路走破性を高めるため、最低地上高アップや専用サスペンションの装着、前後スキッドプレートをはじめとした専用エクステリアを採用した。ラゲージ容量は560Lから最大1526L
▲各種表示や操作を行うタッチスクリーン式センターディスプレイを採用する最新ブランドデザインのインテリア。専用ブラックウォールナットウッド・パネルが用意された ▲各種表示や操作を行うタッチスクリーン式センターディスプレイを採用する最新ブランドデザインのインテリア。専用ブラックウォールナットウッド・パネルが用意された

【SPECIFICATIONS】
■グレード:V90 Cross Country T5 AWD Summum ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:254/5500[ps/rpm]
■最大トルク:350/1500-4800[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4940x1905x1545(mm) ■ホイールベース:2940mm
■車両価格:759万円

text/南陽一浩
photo/郡大二郎
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027