新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧V12のルッソとは全く異なる、V8ターボを搭載したフェラーリ GTC4ルッソT(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

V12のルッソとは全く異なる、V8ターボを搭載したフェラーリ GTC4ルッソT(海外試乗レポート) / navi

(2017/08/15)

▲シューティングブレークスタイルをもつ、2+2シーターのGTモデルGTC4ルッソにV8ターボを搭載したTが登場。V8を積んだ4シーターモデルはブランド初。スポーツ走行から街乗り、ロングドライブまでこなす、よりカジュアルな“新型車”だ ▲シューティングブレークスタイルをもつ、2+2シーターのGTモデルGTC4ルッソにV8ターボを搭載したTが登場。V8を積んだ4シーターモデルはブランド初。スポーツ走行から街乗り、ロングドライブまでこなす、よりカジュアルな“新型車”だ

大きな「カリフォルニアT」(褒め言葉)

「GTC4ルッソTは、GTC4ルッソの追加グレードではありません」。開発担当者が、あまりに自信たっぷりにそう言うものだから、「とはいえカタチも99%一緒なんだしサァ」とは思いつつ、ちょっとばかしココロをさらにして試乗に挑んだ。で、トスカーナのカントリーロードにノーズを向けた途端、「マラネロ様、疑ったりしてごめんなさい」という気持ちになった。違う。違う。12気筒版のルッソとは、まったく違う。たとえて言うならM・ベンツとBMWほども違っている。ルッソは、スポーツもできるが安定志向の強いGT 。対するルッソTは、実に跳ね馬らしいFRのスポーツカーだ。誤解を恐れず に言えば、「大きなカリフォルニアT」。

ハナの動きがとてもシャープで、ちょっと過敏かもと思わせるあたり、F599以降のFRフェラーリ特有の動きでもある。ルッソにはないキャラだ。床板を硬く薄くしたようなソリッドな乗り心地も、まるで違っていた。

ルッソTには、カリフォルニアTと同系統のV8ツインターボ+7速DCTが積まれている。4シーターは同じだが、4WDではなくRWD 。つまり、パワートレインだけを見れば、違う動きもけだし当然。4WSだけは継承したから、見かけによらず俊敏、というのもうなずけた。

ルッソとルッソTの価格差は、およそ500万円だ。いくつかオプションを我慢すればたちまち追いつく価格差。そう考えると、4WDで大排気量NAの12気筒というルッソの魅力も再燃する。マァ、難しいとはいえ、選べる人が羨ましい限り、だったり。

>▲12気筒のルッソとの外観上の違いはホイールとマフラーエンドのみ。居住空間を確保しつつルーフ後端を低くした、スポーティなファストバックスタイルを採用。伝統のツイン・テールライトも備わる ▲12気筒のルッソとの外観上の違いはホイールとマフラーエンドのみ。居住空間を確保しつつルーフ後端を低くした、スポーティなファストバックスタイルを採用。伝統のツイン・テールライトも備わる
▲左右対称のデュアルコックピットを採用、独立2座の後席は大人が座れる広さをもつ。ダッシュボードに内外装で唯一、車名が記され、この車がV8を積んだTであることを知らせる ▲左右対称のデュアルコックピットを採用、独立2座の後席は大人が座れる広さをもつ。ダッシュボードに内外装で唯一、車名が記され、この車がV8を積んだTであることを知らせる
▲選択されているギアごとに最適なトルクを発生させる可変ブーストマネージメントを備えた。走行モードを選択できるマネッティーノも、12気筒と同じ、5つの設定に ▲選択されているギアごとに最適なトルクを発生させる可変ブーストマネージメントを備えた。走行モードを選択できるマネッティーノも、12気筒と同じ、5つの設定に

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GTC4LUSSO T ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3855cc
■最高出力:610/7500[ps/rpm]
■最大トルク:760/3000-5250[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4922x1980x1383(mm) ■ホイールベース:2990mm
■車両価格:2970万円

text/西川淳
photo/フェラーリ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027