新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧カバがサイになった!? もう妥協しなくてもいい、プジョー 3008(試乗レポート) / navi

クルマニュース

カバがサイになった!? もう妥協しなくてもいい、プジョー 3008(試乗レポート) / navi

(2017/09/24)

▲基幹モデル308と同じプラットフォーム(EMP2)をもつ、スタイリッシュなFFのコンパクトSUV。最低地上高は175mmとそれほど高くないものの、プロテクターやフロントアンダーガードなどSUVらしいスタイルに ▲基幹モデル308と同じプラットフォーム(EMP2)をもつ、スタイリッシュなFFのコンパクトSUV。最低地上高は175mmとそれほど高くないものの、プロテクターやフロントアンダーガードなどSUVらしいスタイルに

もう“猫足だから”って、言わなくていい

新型の開発者が最も注力した点は、デザインと質感という。その言葉のとおり、初代とは別モノになった。3008を乗り継ぐ、とあるオーナーの息子さんが納車の日にこの新型を見て「カバがサイになった」と言っていたが、なるほど言い得て妙だと思った。

インテリアは最新世代プジョーに共通するi-Cockpitが採用されている。低い位置に小径のステアリングホイールをレイアウトし、その上側からメーターを見る、一風変わったコンセプトだ。しかし。インテリア全体でメタルやレザー、ファブリックなどの素材を巧みに使い分け、またガングリップタイプのシフトノブや細かなスイッチ類などまで、そのテイストにマッチするようデザインされていて違和感はない。

駆動方式はFFのみ。「スノー」「マッド」「サンド」などに切り替え可能な走行モードを備えているのだが、これが結構な雪道や悪路でも使える。また“GT”が付くグレードにはマッド&スノータイヤが標準装備されるため、年に一度か二度の雪のたび交通麻痺に遭遇する都市在住者にはぴったりだ。

これまでプジョーを選択することってどこかに妥協が必要だったように思う。それがデザインもパワートレインも最新で燃費だっていいし、ナビも使いやすく、安全装備だって最新のACC(アクティブクルーズコントロール)が標準装備(GTのみ)になった。それでいて、車両価格は400万円以下なのだ。なぜプジョーを選んだのかと聞かれたときに、これならもう「猫足だから」って言わなくていい。

▲トラクションコントロール機能のアドバンスドグリップコントロールを装備。路面状況に合わせてスノー/マッド/サンドの3モードが設定可能に。ヒルディセントコントロールも備わった ▲トラクションコントロール機能のアドバンスドグリップコントロールを装備。路面状況に合わせてスノー/マッド/サンドの3モードが設定可能に。ヒルディセントコントロールも備わった
▲他のプジョー最新モデル同様にi-Cockpitを採用する。小径ステアリングの上から見るポジションの、12.3インチディスプレイを用いたメーターパネルが特徴的。パフュームやアンビエントライトなども調整可能 ▲他のプジョー最新モデル同様にi-Cockpitを採用する。小径ステアリングの上から見るポジションの、12.3インチディスプレイを用いたメーターパネルが特徴的。パフュームやアンビエントライトなども調整可能
▲テップレザー&ファブリックのシートを装着。旧型よりホイールベースが長くなり、後席も広くなっている。ラゲージ容量は旧型より88L広い520Lとされた ▲テップレザー&ファブリックのシートを装着。旧型よりホイールベースが長くなり、後席も広くなっている。ラゲージ容量は旧型より88L広い520Lとされた

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Allure ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1598cc
■最高出力:165/6000[ps/rpm]
■最大トルク:240/1400-3500[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長x全幅x全高:4450x1840x1630(mm) ■ホイールベース:2675mm
■車両価格:357万円

text/藤野太一
photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027