新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ピュア自然吸気もこれでラスト? フェラーリ 812スーパーファスト(海外試乗レポート) / navi

クルマニュース

ピュア自然吸気もこれでラスト? フェラーリ 812スーパーファスト(海外試乗レポート) / navi

(2017/10/16)

▲F12に代わる新たなフェラーリのフラッグシップ。フラッグシップモデル伝統のV12をフロントミッドに積むFRの2シータークーペを踏襲した、最後のピュア自然吸気パワートレイン搭載モデルともウワサされる。0→100km/h加速は2.9秒、最高速は340km/h ▲F12に代わる新たなフェラーリのフラッグシップ。フラッグシップモデル伝統のV12をフロントミッドに積むFRの2シータークーペを踏襲した、最後のピュア自然吸気パワートレイン搭載モデルともウワサされる。0→100km/h加速は2.9秒、最高速は340km/h

フェラーリがエンジンパワーをアピールしたモデル

800馬力の12気筒、だから812。フェラーリがこれほどあからさまにエンジンパワーをアピールしたことなど、いまだかつてなかった。それだけ、このエンジンに対する思い入れが強いからだろう。ひょっとして最後のピュアNAエンジン。ならば、欲しい!F12→F12tdfのように812にも近い将来、限定バージョンの登場が見込まれるが、+電気モーターのハイブリッドというウワサ。

ラフェラーリ用のV12を6.5Lまでスープアップ、ブロックこそ共通ながら75%が新設計。その性能を確かめるべく、向かった先はマラネッロ。プロドライバーの横でまずはレクチャーを受ける。高回転域までの爆発的な伸びと、けたたましくも耳に心地良い爆音サウンドに酔いしれた。隣に乗っていても、そのメカニカルグリップの高さを感じる。オレだって、踏めそう。

久しぶりのピスタ・ディ・フィオラーノ。ステアリングスイッチでCT(トラクションコントロール)オフモードを選び、飛び出した。

伸びやかな加速はベラボーに速いけれども、ターボほどの難しさはない。制御が行き届いていて、踏みやすくすら感じた。ブレーキ性能も、さすがに抜かりなし。コントロールもたやすい。そして、何よりの驚きは、勇気を持って挑めば比較的カンタンにテールスライドを楽しめること。フェラーリ初の電動ステアリングが、ドリフトしやすいよう気分よく導いてくれる。

なるほど、そこまで制御しなければ、800馬力を正面切って積めなかった、とも言えそう。

>▲制御システムのSSCはバージョン5.0に進化。後輪操舵システムのバーチャルショートホイールベース(PCV)、フェラーリ初の電動パワーステアリング(EPS)なども採用 ▲制御システムのSSCはバージョン5.0に進化。後輪操舵システムのバーチャルショートホイールベース(PCV)、フェラーリ初の電動パワーステアリング(EPS)なども採用
▲インテリアは完全再設計され、よりスポーティで先進的に。助手席前にはパッセンジャースクリーンが備わった ▲インテリアは完全再設計され、よりスポーティで先進的に。助手席前にはパッセンジャースクリーンが備わった
▲V12エンジンはF12より排気量を234ccアップ、28ps/60Nm出力が向上している。75%を新パーツとし、レブリミットは8700rpmから8900rpmと高回転化 ▲V12エンジンはF12より排気量を234ccアップ、28ps/60Nm出力が向上している。75%を新パーツとし、レブリミットは8700rpmから8900rpmと高回転化

【SPECIFICATIONS】
■グレード:812 SUPERFAST ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V12 DOHC ■総排気量:6496cc
■最高出力:800/8500[ps/rpm]
■最大トルク:718/7000[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4657x1971x1276(mm) ■ホイールベース:2720mm
■車両価格:3910万円

text/西川淳
photo/フェラーリ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
6
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
7
up
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027