新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧サーキットのウラカン ペルフォルマンテには、“神の手”が宿る?(試乗レポート) / navi

クルマニュース

サーキットのウラカン ペルフォルマンテには、“神の手”が宿る?(試乗レポート) / navi

(2017/10/08)

▲ニュルブルクリンク北コースで6分52秒01を記録した、ウラカンのハイパフォーマンスバージョン。軽量化やエンジンスペックの向上、シャシーや足回りの改良などが施され“ロードカー史上最速”に ▲ニュルブルクリンク北コースで6分52秒01を記録した、ウラカンのハイパフォーマンスバージョン。軽量化やエンジンスペックの向上、シャシーや足回りの改良などが施され“ロードカー史上最速”に

エアロダイナミクスをカラダで感じろ!

ブッタマゲタ。

サーキット試乗で高速コーナーを3速で攻めていく。なんと、誰かが巨大な手で、エンジンのあるあたりのイン側を真上からアウト側よりもより強く押さえつけている! “神の手”を感じた筆者は、力を得て、より一層、アグレッシブにアクセルペダルを踏み込んだ。

サーキットにおけるウラカン ペルフォルマンテ(その名も性能!)はベラボーに面白い。

パワーアップしたエンジンや、大幅な剛性アップを果たしたシャシー、アップデートされた電子制御系、そして得意のフォージド・コンポジット・カーボンによる徹底的な軽量化、など、その要因は枚挙にいとまがないけれども、オン・ザ・トラックでは新たな空力システムが最も効いていると思われる。

フロントスポイラーとリアウイングのなかに空気を取り込み、電動フラップで制御してダウンフォースを変化させるのだ。特にリアは左右独立で制御。冒頭のような“新感覚”を誰もが得ることになる。

まるでレーシングカーのように、左右リアランプの間から後方へと突き出た新デザインの専用エグゾーストシステムは、パイプの全長もかなり短く、ほとんど直管に近い仕様。スポーツもしくはコルサモードで走行中には、劇的なサウンドを響かせた。コレニハモウヤラレタ。

乗り心地はノーマルより明らかにハード。コンフォートシート仕様では多少マシながら、また、アヴェンタドールSVあたりよりは少しは柔らかいけれども、デート向きじゃ決してない。

▲エアロダイナミクスシステムのALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)を採用。フロントスポイラーとリアウイングを状況に応じて可変させることで空力を最適化させる ▲エアロダイナミクスシステムのALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)を採用。フロントスポイラーとリアウイングを状況に応じて可変させることで空力を最適化させる
▲V10エンジンは吸排気系の改良などにより、ベースモデルより最高出力が30psアップ。0→100km/h加速2.9秒、最高速325km/hとされた。ドライビングモードはストラーダ/スポーツ/コルサの3つから選択可能 ▲V10エンジンは吸排気系の改良などにより、ベースモデルより最高出力が30psアップ。0→100km/h加速2.9秒、最高速325km/hとされた。ドライビングモードはストラーダ/スポーツ/コルサの3つから選択可能
▲カーボンとアルカンターラを用いたスポーティなインテリア。複雑な形状を可能とし生産性の高いカーボン、フォージド・コンポジットを内外装に使用。独特のマーブル模様が特徴 ▲カーボンとアルカンターラを用いたスポーティなインテリア。複雑な形状を可能とし生産性の高いカーボン、フォージド・コンポジットを内外装に使用。独特のマーブル模様が特徴

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HURACAN PERFORMANTE ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V10DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:640/8000[ps/rpm]
■最大トルク:600/6500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4506x1924x1165(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両価格:3416.9904万円

text/西川淳
photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
7
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
8
up
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
9
down
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン(2019/10/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027