新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン“デジタル化”の波がゴルフにも(試乗レポート) / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン“デジタル化”の波がゴルフにも(試乗レポート) / navi

(2017/10/12)

▲欧州Cセグメントのグローバルスタンダード、ゴルフがマイナーチェンジ。デジタルインターフェイスや、自動運転を見据えた運転支援システムの充実が図られている。ちなみにスポーツモデルはエンジン出力を向上、GTIは+10ps、Rは+30psアップした ▲欧州Cセグメントのグローバルスタンダード、ゴルフがマイナーチェンジ。デジタルインターフェイスや、自動運転を見据えた運転支援システムの充実が図られている。ちなみにスポーツモデルはエンジン出力を向上、GTIは+10ps、Rは+30psアップした

今なお、Cセグメントのベンチマーク

シートの隅にぎゅっと尻をねじこみ、握りやすい形状のステアリングに手を伸ばす。アクセルを軽く踏み込むと、まるで抵抗がないかのようにスッと走り出した。この瞬間に、ああゴルフだなと思う。

7代目のゴルフが登場から約4年を経てマイナーチェンジをした。外観のポイントは前後バンパーの形状変更などだがそれほど大きな変化はない。

VWがこのタイミングで推しているのが“デジタリゼーション”だ。メーターは12.3インチ大型液晶ディスプレイを採用。オプションの純正ナビ(Discover Pro)はモニターサイズを9.2インチに拡大しVW初のジェスチャーコントロール機能を搭載。メニュー画面の切り替えやラジオの選局などが行える。また専用のスマートフォンアプリと連携して目的地検索なども可能だが、正直に言えばあまり使いやすいものではない。この種のものはとにかく世に出してみて、あとで改善すればいいという欧米的合理主義の証左だと捉えれば、まあそういうものかなという気もするが。

当初から搭載していた安全装備も進化した。レーンキープ+ ACCをベースにした渋滞時支援システム「トラフィックアシスト」を装備するのはうれしいポイントだ。

今回はメカニズムについての変更点は発表されていないのだが、過不足ないパワー、スムーズな乗り心地など、より洗練度が高まったように感じる。4年が経過した今も走行性能に関しては、Cセグメントのベンチマークという存在であることは揺るがない。

▲渋滞時追従支援システム(トラフィックアシスト)をコンパクトシリーズとしては初めて採用。プリクラッシュブレーキシステムには歩行者検知機能が加わった ▲渋滞時追従支援システム(トラフィックアシスト)をコンパクトシリーズとしては初めて採用。プリクラッシュブレーキシステムには歩行者検知機能が加わった
▲メーター類をグラフィックで表示する12.3インチディスプレイを採用、メーターは好みに合わせて数種類から選択可能に ▲メーター類をグラフィックで表示する12.3インチディスプレイを採用、メーターは好みに合わせて数種類から選択可能に
▲前後バンパーのデザインを変更、ヘッドライトもよりシャープに。テールランプはLEDに変更され、ブランド初のウインカーが流れるように点灯するダイナミックターンインジケーターを備えた ▲前後バンパーのデザインを変更、ヘッドライトもよりシャープに。テールランプはLEDに変更され、ブランド初のウインカーが流れるように点灯するダイナミックターンインジケーターを備えた


【SPECIFICATIONS】
■グレード:TSI Highline ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1394cc
■最高出力:140/4500-6000[ps/rpm]
■最大トルク:250/1500-3500[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4265x1800x1480(mm) ■ホイールベース:2635mm
■車両価格:325.9万円

text/藤野太一
photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027