新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダの隠れた名車 グレイスは、ホンダセンシングの良さをより引き立てるモデルだ(試乗レポート) / navi

クルマニュース

ホンダの隠れた名車 グレイスは、ホンダセンシングの良さをより引き立てるモデルだ(試乗レポート) / navi

(2017/09/11)

▲「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載し、低燃費とスポーティな走りを追求したホンダ グレイス ▲「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載し、低燃費とスポーティな走りを追求したホンダ グレイス

初期型は良い意味で期待を裏切るポテンシャルを持っていた

初めてグレイスに試乗したのは2014年12月。その3ヵ月前に試乗した現行型フィットと基本的には同様のコンポーネントなので、セダンであるグレイス用にチューニングがされているとはいえ、フィットを超えることはないのではと考えていた。

ところが運転してみるとこれがとても良かった。DCT(AT)はまだ成熟レベルではなかったが、フィットハイブリッドよりもスムーズで、今となっては貴重な5ナンバーサイズセダンにして乗り心地と静粛性はとても良いモデルと思っていた。

デザインだが、テールランプは欧州車を意識したグラフィックで、ボディの造形はホンダ車の中では際立っている印象がある。とはいえ、フロントデザインにもう少し力強さがあればバランスが良いと思ってはいたが。

このような第一印象もあり、今でも私自身、グレイスへの評価は高い。そのグレイスも、フィットの大幅なブラッシュアップにより必然的に3年目の改良が実施されたというわけだ。

静粛性もミッションのフィーリングも文句なしの隠れた名車

試乗したモデルは、グレイスの中でもトップグレードの「HYBRID EX・Honda SENSING」だ。

見た目だが、空力的に有利な意匠に加え、目元のデザインの変更でシャキッとした印象。加えて、ホイールベースとリアに向かって伸びのある造形のバランスが、ハッチバックのフィットに比べて良く見える。

▲力強い印象のフロントグリルやインラインタイプのLEDヘッドライト(HYBRID LX/EXに標準装備)を採用 ▲力強い印象のフロントグリルやインラインタイプのLEDヘッドライト(HYBRID LX/EXに標準装備)を採用
▲空力性能にも優れたボディデザインとなっている ▲空力性能にも優れたボディデザインとなっている


まずは市街地での試乗。乗り心地はとても良く、静粛性も確実に向上している。しかもDCTはとてもスムーズでゆったりとした大人っぽいフィーリングになった。現代の車としては小振りなサイズも走行中の快適性や安定性は抜群だ。高速の風切り音もフィットより小さい。

やはりグレイスは隠れた名車だと感じる。

▲インテリアはより上質に。全グレードでシート表皮を一新している ▲インテリアはより上質に。全グレードでシート表皮を一新している

安全&快適装備「ホンダセンシング(Honda SENSING)」の性能チェック!

ホンダセンシングの機能を試してみた。今まで、ホンダは他社よりも予防安全装備の性能が劣っていたことは否めない。そのため、今回はどこまで進化したのか試したかったのである。「ACC(追従型クルーズコントロール)」「LKAS(車線維持支援システム)」「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」「路外逸脱抑制機能」「先行車発進お知らせ機能」「標識認識機能」など、搭載機能はコンパクトカーながら“てんこもり”だ。

高速道路でACCとLKASを試してみる。ブレーキによる減速フィーリングも、リニアな速度調整がされていて安心感がある。レーンキープも安定感がありコンパクトカーの中では優れているといえるだろう。ステアリングの切り方も優しく自然と導いてくれ、決して強引ではない。

ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせの中では、最も自然な制御がされていて、価格以上のバリューを感じる。

ホンダセンシングの初期段階から見ているだけに、ここまで進化するとホンダの安全装備に関する功労者はどんな人なのかと思わず想像してしまう。ただこの進化は、グレイスの持つ安定性がさらに高まったことによる恩恵も大きい要因なのだ。

▲ACC(追従型クルーズコントロール)はステアリングに設置されたボタンで起動できる。前走車との適切な車間距離を維持しながら追従走行し、ドライバーの運転負荷を軽減する ▲ACC(追従型クルーズコントロール)はステアリングに設置されたボタンで起動できる。前走車との適切な車間距離を維持しながら追従走行し、ドライバーの運転負荷を軽減する
▲知る人ぞ知る、ハイブリッドセダン。ぜひこのマイナーチェンジを機会に、多くの人に注目していただきたい ▲知る人ぞ知る、ハイブリッドセダン。ぜひこのマイナーチェンジを機会に、多くの人に注目していただきたい


【SPECIFICATIONS】
■グレード:HYBRID EX・Honda SENSING ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:81(110)/6000 [ kW(ps)/rpm]
■最大トルク:134(13.7)/5000 [N・m(kgf・m)/rpm]
■モーター最高出力:22(29.5)/1313-2000 [ kW(ps)/rpm]
■モーター最大トルク:160(16.3)/0-1313 [N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4450×1695×1475(mm) ■ホイールベース:2600mm
■車両重量:1190kg
■ガソリン種類/容量:レギュラー/40(L)
■車両価格:235.3万円(税込)

text/松本英雄
photo/奥隅圭之
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
8
down
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027