新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧“変わらなかった”ことが逆にニュースになる、マセラティ グラントゥーリズモ / navi

クルマニュース

“変わらなかった”ことが逆にニュースになる、マセラティ グラントゥーリズモ / navi

(2018/01/06)

▲マセラティの4シータークーペ&カブリオレに、おそらく最後になるであろうマイナーチェンジが施された。最大の魅力でもある大排気量の自然吸気エンジンをこれまで同様に搭載、高回転型の官能フィールとその劇的なエグゾーストノートを不変としている ▲マセラティの4シータークーペ&カブリオレに、おそらく最後になるであろうマイナーチェンジが施された。最大の魅力でもある大排気量の自然吸気エンジンをこれまで同様に搭載、高回転型の官能フィールとその劇的なエグゾーストノートを不変としている

これでホントに最後のフェラーリ製V8NA搭載モデル

2007年のデビュー以来、はや10年がたったというのに、いまだ新鮮で目立った雰囲気を放ち続ける、マセラティグラントゥーリズモ&グランカブリオ。これで最後となるマイナーチェンジを受けた。

ポイントは、スタイリング&インテリアデザインの文字どおり“マイナー”な変更にあるが、それよりも“変わらなかった”ことがニュースだと思う。

何が変わらなかったのか。それは、エンジンだ。

マセラティのフラッグシップクーペ&カブリオレにはデビュー以来、4.2もしくは4.7Lのマラネッロ謹製V8自然吸気(NA)エンジンが積まれてきた。

ギブリやクワトロポルテといったブランドの兄妹たちはもとより、フェラーリのV8モデルも続々とターボエンジンへと“ダウンサイジング”を果たして、高性能化と環境対応を急いできた、という背景がある。

当然、次期型グラントゥーリズモ系もそうした流れに沿うはずで、最後のマイチェンがあると聞いたときも、なるほどパワートレイン系だけでも先に変えてみるのだろうなと予想したが、大ハズレであった。

なんと、4.7L1本に絞ったものの、フェラーリ製自然吸気エンジンをそのまま残したのだ。

これには思わず、乗っておきたい! という気分に。

基本的な乗り味こそ不変ながら、相変わらず美しいエグゾーストノートを響かせて、ドライバーに運転する根源的な喜びを教えてくれる点がポイント。

類い希なGT性能や、大柄にも関わらず俊敏なハンドリング性能も、不変である。

カタチの変化に好みはあるだろうが、いまだ随一のGTカーであった。

▲基本的には従来のスタイルを踏襲したラグジュアリーなインテリア。タッチスクリーンやダブルロータリーダイヤルなどで、ボタン数が減りすっきりした印象に ▲基本的には従来のスタイルを踏襲したラグジュアリーなインテリア。タッチスクリーンやダブルロータリーダイヤルなどで、ボタン数が減りすっきりした印象に
▲スポーツには路面状況に応じて常に減衰力を調整してくれるスポーツスカイフック・サスペンションが標準装備される ▲スポーツには路面状況に応じて常に減衰力を調整してくれるスポーツスカイフック・サスペンションが標準装備される
▲グラントゥーリズモとグランカブリオのそれぞれにスポーツとMCを用意。MC(マセラティコルセ)はマセラティのレースの伝統を体現する、よりスポーティなモデル ▲グラントゥーリズモとグランカブリオのそれぞれにスポーツとMCを用意。MC(マセラティコルセ)はマセラティのレースの伝統を体現する、よりスポーティなモデル

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GRANTURISMO MC ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHC ■総排気量:4691cc
■最高出力:338(460)/7000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:520(53.0)/4750[N・m(kgm)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:6AT
■全長x全幅x全高:4920x2055x1380(mm) ■ホイールベース:2940mm
■車両価格:2216万円(税込)

text/西川淳
photo/マセラティ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
3
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
5
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
down
【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗(2019/03/11)
7
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
down
日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?(2019/02/03)
10
keep
大人の雰囲気をまとったホンダ フィット Modulo style。走行性能は地道な改善のたまものだ(2019/01/31)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027