新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタの新ブランド 「GR」のヴィッツは3段階の味付け! 走りの好みで選べるモデル / navi

クルマニュース

トヨタの新ブランド 「GR」のヴィッツは3段階の味付け! 走りの好みで選べるモデル / navi

(2017/10/27)

▲GRブランドのヴィッツでは、最もスタンダードなモデルとなるGR SPORT。ベース車の気になる点をチューニングで改善したことで、快適性が向上している。トランスミッションはCVTと5MTを用意 ▲GRブランドのヴィッツでは、最もスタンダードなモデルとなるGR SPORT。ベース車の気になる点をチューニングで改善したことで、快適性が向上している。トランスミッションはCVTと5MTを用意

GR SPORTからGRMNまで、どのモデルも完成度は抜群

今回はGRブランドにラインナップされたヴィッツの3モデルを、サーキットで試乗してきたので報告したい。

まずはGR SPORTからお送りする。走り出して感じたのが、ベース車のヴィッツで気になっていたリアハッチ付近のバイブレーションの低減だ。これはチューニングによりダンパーの初期の動きが良好になったことが要因だろう。走行中のボディの振動は、耳や体へジャブを打たれるように効いてくるため長時間のドライブでは疲れるのだ。

この不快な振動が消されていることと、装着された空力パーツの効果で高められた走行安定性によって、ベースモデルよりも長距離移動を楽しめる仕様と言えるだろう。次はヴィッツ GR SPORT“GR”だ。

▲ヴィッツ GR SPORT“GR”は、GR SPORTよりもチューニング範囲が広いため、よりスポーティな走りが楽しめる。CVTのセッティング変更で、ベース車とは明らかに違うフィーリングも味わえる。トランスミッションはCVTと5MTから選択できる ▲ヴィッツ GR SPORT“GR”は、GR SPORTよりもチューニング範囲が広いため、よりスポーティな走りが楽しめる。CVTのセッティング変更で、ベース車とは明らかに違うフィーリングも味わえる。トランスミッションはCVTと5MTから選択できる

ヴィッツ GR SPORT“GR”は、CVTのセッティングを10段階にしてスケジュールも変更したという。その効果か、アクセル操作に対するメリハリとダイレクト感が向上している。つまりキビキビとした軽快なドライブフィールを味わえるのだ。例えば、中低速で走行しているような市街地のバイパスなどで、ドライバーの意図したイメージどおりにスムーズに流れに乗って行けるようなセッティングである。

エンジンには手を入れず、CVTのセッティングの変更ひとつで、見事にスポーティに仕上げている良い例だろう。加えてボディ剛性も高められていることがわかる。ドアの開閉フィーリングが、ベース車とはまったく違うのだ。

サスペンションアームの強化などで締め上げられたハードなセッティングでも、ハンドリングのバイブレーションが皆無であった。普段使いのヴィッツとして最高の骨格を持つ、正当なチューニングカーの本質を理解できるモデルと言えるだろう。3つめはヴィッツ GRMN。

▲GRMNは3ドアハッチバックで、トランスミッションは専用の6速MTとなる。BBS軽量鍛造アルミやザックス製ショックアブソーバー、LSDを装着しているなど、スポーツ性能を徹底的に高めるアイテムが満載だ ▲GRMNは3ドアハッチバックで、トランスミッションは専用の6速MTとなる。BBS軽量鍛造アルミやザックス製ショックアブソーバー、LSDを装着しているなど、スポーツ性能を徹底的に高めるアイテムが満載だ

ヴィッツ GRMNは、ヴィッツではあるものの、現在国内販売はしていない3ドアハッチバック(海外名:ヤリス)をベースにしたモデルだ。モータースポーツ性がすこぶる高く、まぁ、これだけ走れればはっきり言って楽しい。

搭載されるパワートレインは、210馬力という出力を発揮する、1.8Lにスーパーチャージャーを搭載した専用のエンジン。6速MTで操りながら、そのパワーを路面に確実に伝えるほどの完成度となっている。

加えて、今回試乗したGRラインナップモデルの中では、コーナリング性能が圧倒的に高い。サーキット1周ごとに、癖をつかみながらタイムアップが図れる、そんな仕様だ。

各部のチューニングは、レース経験からフィードバックされたエッセンスが山盛りで、エンジン音から乗り心地、何から何までヴィッツであることを忘れてしまうほど。すべてが本物で装飾的な部分はない。ヴィッツ GRMNは来年の春のデビューを予定しているとのこと。楽しみな1台だ。

▲GRMNのインテリアには、GRロゴの付いた専用メーターや小径ステアリングホイール、専用フロントスポーツシートも装備しており、内装の雰囲気も十分 ▲GRMNのインテリアには、GRロゴの付いた専用メーターや小径ステアリングホイール、専用フロントスポーツシートも装備しており、内装の雰囲気も十分

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ヴィッツ GR SPORT
■乗車定員:5名 ■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■車両重量:1040kg ■最高出力:80(109)/6000 [KW(ps)/r・p・m]
■最大トルク:136(13.9)/4800 [N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3975×1695×1500(mm) ■ホイールベース:2510mm
■車両価格:208.764万円(税込)

■グレード:ヴィッツ GR SPORT“GR”
■乗車定員:5名 ■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■車両重量:1060kg ■最高出力:80(109)/6000 [KW(ps)/r・p・m]
■最大トルク:136(13.9)/4800 [N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3975×1695×1490(mm) ■ホイールベース:2510mm
■車両価格:230.364万円(税込)

■グレード:ヴィッツ GRMN ※2017年10月26日現在の発表情報
■乗車定員:-- ■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1.8L
■車両重量:1140kg ■最高出力:210~ [ps]
■最大トルク:250~ [N・m]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:3975×1695×1510(mm) ■ホイールベース:--mm
■車両価格:--万円(税込)

text/松本英雄
photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

関連ニュース

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
down
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027