新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧クーペに負けない走りと美しさを持つ、レンジローバー ヴェラール / navi

クルマニュース

クーペに負けない走りと美しさを持つ、レンジローバー ヴェラール / navi

(2018/02/11)

▲ブランド4番目のモデルとして登場した、レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。優れた走破性とラグジュアリーさを継承しつつ、無駄を排除したデザインで仕立てられている ▲ブランド4番目のモデルとして登場した、レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。優れた走破性とラグジュアリーさを継承しつつ、無駄を排除したデザインで仕立てられている

世界で最も美しいSUVではないか

その昔、“世界で最も美しい”という形容フレーズは、クーペのためのものと相場が決まっていた。けれども最近じゃ、シンプルな「クーペ美」さえ見つけることが難しくなっている。

ライバルが増えたことによるわかりやすい差別化と、CADによる計算的な空力デザインの採用、さらには衝突安全などの厳しいルールが、カーデザイナーによる伝統的なクーペ美の追求を妨げているのだ。

流麗な車の様式美から離れた立ち位置にあったはずの背の高いSUVに、取り巻く様々な制限をのみ込み吐き出した。結果、デザイン的に昇華するだけの余裕がまだあったことは、皮肉であるというほかない。

ムダを削ぎ落としてシンプルな美しさを体現するSUVが、こうして誕生するまでに至ったのだから。

それがこの、ヴェラールだ。筆者はこのSUVがデビューした2017年春のジュネーブショーで、スーパーカー以外に唯一、時間をかけて眺めた新型車だった。

そのファーストエディションにノルウェーで試乗する機会を得た。卓越のオフロード性能や見栄え質感の高さは、レンジローバーを名乗る以上、当然のこととして期待してもらいたい。

では、イヴォークとスポーツの間を埋めるという第4のレンジローバーに特有の魅力は何か。

それは素晴らしいグランドツーリング性能に他ならない。速度が増すにつれてオンザレール感覚でスイスイと走るサマは、もはやSUVのそれではなかった。

できれば6気筒ディーゼルに乗りたいところだが、ガソリンV6 SCでも普段使いには十分だ。デザインだけではなく走りの面でも、もはや、世のクーペを出し抜いている。

▲ファースト・エディションを含め33グレードをラインナップ。2Lディーゼルターボ(699万~1053万円)、250psの2Lターボ (715万~1069万円)と300psの2Lターボ(778万~1132万円)、3Lスーパーチャージド(908万~1262万円)が用意された ▲ファースト・エディションを含め33グレードをラインナップ。2Lディーゼルターボ(699万~1053万円)、250psの2Lターボ (715万~1069万円)と300psの2Lターボ(778万~1132万円)、3Lスーパーチャージド(908万~1262万円)が用意された
▲インテリアもシンプルで美しい仕立てに。2つのタッチスクリーンを用いた最新インフォテインメントシステムを採用。リストバンド型アクティビティキーも用意する ▲インテリアもシンプルで美しい仕立てに。2つのタッチスクリーンを用いた最新インフォテインメントシステムを採用。リストバンド型アクティビティキーも用意する
▲ラゲージフロアは通常673L、分割可倒式リアシートを倒せば最大1731Lとなる ▲ラゲージフロアは通常673L、分割可倒式リアシートを倒せば最大1985Lとなる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:FIRST EDITION ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCスーパーチャージャー ■総排気量:2994cc
■最高出力:380/6500[ps/rpm]
■最大トルク:450/3500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4820x1930x1685(mm) ■ホイールベース:2875mm
■車両価格:1526万円

text/西川淳
photo/ジャガー・ランドローバー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027