新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧今のポルシェを象徴する2台のパナメーラ、技アリ! / navi

クルマニュース

今のポルシェを象徴する2台のパナメーラ、技アリ! / navi

(2018/01/02)

▲ポルシェの“4ドアグランツーリスモ”に、圧倒的な動力性能を誇るトップモデルのプラグインハイブリッドが登場。さらにシューティングブレークのフォルムをまとったスポーツツーリスモも追加された。新たなスタイルのスポーツツーリスモは後席を2+1の3座に、ラゲージも広くなっている ▲ポルシェの“4ドアグランツーリスモ”に、圧倒的な動力性能を誇るトップモデルのプラグインハイブリッドが登場。さらにシューティングブレークのフォルムをまとったスポーツツーリスモも追加された。新たなスタイルのスポーツツーリスモは後席を2+1の3座に、ラゲージも広くなっている

ポルシェはやっぱりマーケティングがうまい

単にエンジンの出力を向上させるのではなく、プラグインハイブリッド化によって圧倒的な動力性能を実現する。そんな戦略で生まれたパナメーラの最高峰モデルが“ターボS E-ハイブリッド”である。

4L V8ツインターボエンジンと電気モーターの組み合わせによるシステム最高出力は680psにも達し、瞬間レスポンスかつ圧倒的な加速を実現。

一方で電気モーターだけで最長50kmを走行でき、その後もハイブリッドとして効率的な走りが可能という技アリの1台だ。

パナメーラのラインナップは横方向にも拡大する。スポーツツーリスモは、ルーフを後方まで延長して大型のテールゲートを備えた、いわゆるシューティングブレークのフォルムをまとう。

荷室がわずかながら拡大され、積載性も向上。さらに、後席3人掛けの5名乗車が可能になっている。

それでいて持ち前のスポーティさは変わらない。走りっぷりもまた然りで、車重はスポーツサルーンと同等で、サスペンションは微調整した程度だという。実際フットワークは軽快だ。

速く、しかも高効率なターボS E-ハイブリッドはイメージリーダーとしての資質十分。

一方のスポーツツーリスモは、ライフスタイル重視層へのアピール度が相当に高そう。まさにマーケティング上手なポルシェの今を象徴する2台と言える。

918スパイダーで、そしてル・マン24 時間で、電動化の威力を見せつけられてきた身としては、特に前者には猛烈に惹かれるところなのだ。

▲スポーツツーリスモ(左)はBピラーから後ろを流れるようなデザインに。ルーフにはアダプティブスポイラーも備わった ▲スポーツツーリスモ(左)はBピラーから後ろを流れるようなデザインに。ルーフにはアダプティブスポイラーも備わった
▲スポーツツーリスモのインテリアはパナメーラターボSE-ハイブリッドと同様に。タッチパネルを用いたポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステムを備え、インパネまわりは従来よりシンプルに ▲スポーツツーリスモのインテリアはパナメーラターボSE-ハイブリッドと同様に。タッチパネルを用いたポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステムを備え、インパネまわりは従来よりシンプルに
▲スポーツツーリスモは高いルーフラインにより居住性も向上。後席は両側のシートが独立した2+1の構成に。ラゲージは通常520L、後席を倒せば最大1390Lに(ハイブリッドは425-1295L) ▲スポーツツーリスモは高いルーフラインにより居住性も向上。後席は両側のシートが独立した2+1の構成に。ラゲージは通常520L、後席を倒せば最大1390Lに(ハイブリッドは425-1295L)

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Panamera Turbo S E Hybrid ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHCターボ+モーター ■総排気量:3996cc
■統合最高出力:680/5750-6000[ps/rpm]
■統合最大トルク:850/1960-4500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8DCT
■全長x全幅x全高:5049x1937x1427(mm) ■ホイールベース:2950mm
■車両価格:2831.0万円

■グレード:Panamera Turbo Sport Turismo ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3996cc
■最高出力:550/5750-6000[ps/rpm]
■最大トルク:770/1960-4500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8DCT
■全長x全幅x全高:5049x1937x1432(mm) ■ホイールベース:2950mm
■車両価格:2453.3万円

text/島下泰久
photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027