新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た / navi

クルマニュース

デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た / navi

(2017/12/08)

▲スズキが、幅広いユーザーの期待や時代のニーズに応えるべく改良を重ねてきたコンパクトSUV「エスクード」。今回は、7月に新しく追加された1.4L 直噴ターボエンジン搭載モデルに試乗した ▲スズキが、幅広いユーザーの期待や時代のニーズに応えるべく改良を重ねてきたコンパクトSUV「エスクード」。今回は、7月に新しく追加された1.4L 直噴ターボエンジン搭載モデルに試乗した

スズキらしい成熟を遂げたモデル

スズキは、継続的にイノベーションを起こしてきた大衆車メーカーだと思っている。

それは、コンパクトSUV「エスクード」の進化からも色濃く見てとれる。世代が変わるたびに、先を見据えた軽量化を現実に示してきたからだ。同じボディでも、改良のたびに全く違う車に変化するのである。

初代から試乗してきた私には、より実感がある。

今回試乗したのは、4代目にあたる現行型に追加された新グレード。「1.4Lターボ+4WD」と、ハイパフォーマンスをほうふつとさせるスペックだ。

まずは、モノコックボディで400㎏強の軽量化(※4WD仕様)を実現した現行モデルが、2年間でどこまで成熟し改善されたのかが楽しみである。

▲フロントフェイス。このグレードはグリルが5スロットタイプのデザインになっている ▲フロントフェイス。このグレードはグリルが5スロットタイプのデザインになっている

エクステリアは、飽きのこないシャープで落ち着いたデザインが特徴的だ。英国車の模範的なプレミアムカーデザインを日本流にデフォルメしているのだろう。シンプルな直線と曲面を使い、嫌味のないデザインだ。

インテリアは、質感といい見た目といいプレーンな大人の雰囲気にまとめられている。

始動時のエンジン音はとても静かだ。スズキは、マウント方式を変更してから静粛性が良くなった。2年前に試乗した1.6Lモデルより、アイドリングも良好なようだ。

▲黒を基調にした内装。赤のアクセントカラーに、専用ステアリングホイールと専用ペダルプレートを採用 ▲黒を基調にした内装。赤のアクセントカラーに、専用ステアリングホイールと専用ペダルプレートを採用

このモデルには、“ALLGRIP(オールグリップ)”という全天候型の4WDシステムが採用されており、状況に応じて仕様を変化させる。今回はこのモードで試乗した。他社のSUVでいう「AUTOモード」だ。

走り出しは極めて軽快で、言われなければターボだと分からないほど自然だ。踏んだ分だけ素直にそのまま反応してくれる。ギクシャクしない運転が可能なターボである。

時速80kmまで速度を上げてみたが、静粛性は引き続き良好だ。6速ATは小気味好くシフトアップを繰り返し、燃費を考慮した走行ではハイギアを保つクルージングをする。

坂道など負荷が高くなる場面では、アクセルを一層深く踏むわけだが、エンジンの剛性も高く、嫌なノイズはない。

▲力強い加速性能と燃費性能を両立した1.4L直噴ターボエンジン。燃費は16.8km/L(JC08モード) ▲力強い加速性能と燃費性能を両立した1.4L直噴ターボエンジン。燃費は16.8km/L(JC08モード)

サスペンションは特に成熟していて良い。大きなうねりに対してもすぐに収束し、カーブではフラットなハンドリングをサポートしてくれるので安心感がある。

一方で、タイトなコーナが連続する道では軽快にキビキビと、スポーティな一面も披露してくれる。

2年前のデビュー時とは別物な印象である。

当時は軽量化によって、足元が少しおぼつかない様子であったが、素材や一部設計を見直したエスクードは、しなやかなエンジンとサスペンション、剛性感を携え、鍛えられてきたのだ。

これは、流行に左右されない異国情緒が好きな方にはもってこいのモデルである。日本の数倍は走行するヨーロッパでも支持されており、性能は2年前に増して「申し分ない」と評価できるだろう。

▲全長は4175mm。専用アルミホイールは、ブラック塗装(17インチ) ▲全長は4175mm。専用アルミホイールは、ブラック塗装(17インチ)
▲後席空間も黒を基調に。シートは本革&スエード調シート表皮(エンボス加工) ▲後席空間も黒を基調に。シートは本革&スエード調シート表皮(エンボス加工)
▲開口部が広く設計された荷室。6:4分割可倒式のリアシートと上段・下段にセットできるラゲージボードにより、荷物や利用シーンに合わせて多彩なアレンジが可能 ▲開口部が広く設計された荷室。6:4分割可倒式のリアシートと上段・下段にセットできるラゲージボードにより、荷物や利用シーンに合わせて多彩なアレンジが可能


【SPECIFICATIONS】
■グレード:1.4ターボ ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4 DOHC +ターボ ■総排気量:1371cc
■最高出力:100(136)/5500 [ kW(ps)/rpm]
■最大トルク:210(21.4)/2100-4000 [N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4175 × 1775 × 1610(mm) ■ホイールベース:2500mm
■車両重量:1220kg
■ガソリン種類/容量:レギュラー/47(L)
■車両価格:258.66万円(税込)

text/松本英雄
photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
新型CR-Vはブレーキのコントロール性が非常に良い! ラグジュアリーとスポーティを両立したモデル(2018/11/27)
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027