新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧オフロード走行への言及は不要。何よりも“カッコいい” ランドローバー レンジローバーヴェラール / navi

クルマニュース

オフロード走行への言及は不要。何よりも“カッコいい” ランドローバー レンジローバーヴェラール / navi

(2018/04/05)

▲レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。ラグジュアリーさと優れた走破性を受け継ぎつつ、“Reductionism(還元主義)”に基づいて無駄を排したデザインに仕上げているという ▲レンジローバースポーツとイヴォークの中間に位置するプレミアムSUV。ラグジュアリーさと優れた走破性を受け継ぎつつ、“Reductionism(還元主義)”に基づいて無駄を排したデザインに仕上げているという

「攻めの姿勢」がカッコいい

レンジローバーを礎に、スポーツ、イヴォークときて、その間を埋める第4のモデルがヴェラールだ。

何がすごいって、とにかくカッコがいい。信号待ちで通りかかった人に穴が空くほど見つめられたのは久しぶりの経験だった。

デザイン画をそのままを再現したかのようなフロントからリアまでまっすぐにのびたショルダーライン、クーペのような薄いグラスエリアはピラーをブラックアウトすることでルーフを際立たせ、ドアハンドルは同門のジャガー Fタイプよろしくフラットに格納される。

インテリアもすごい。水平基調でシンプルながらも、10インチのタッチスクリーンを上下に2つ配することで、複数の機能を同時に表示し操作可能にしている。

オプションながらスマートフォンやウォッチと連動して、遠隔地からエンジン始動やドアの開閉も可能にするなど、最新のデバイスも満載だ。

ドライブするとこれまたすごい。

380psを発生する3L V6スーパーチャージャーは、今時の超ハイパワーエンジンに比べれば控えめなスペックだが、なんの不満もない。

驚くのはそのハンドリングの良さだ。電子制御エアサスをはじめ、内輪側にブレーキをかけ旋回性能を高めるトルクベクタリングバイブレーキなどを標準装備するが、もはやSUVとは思えない身のこなしを見せる。

今回オフロードを試す機会はなかったが、レンジローバーのそれについて今さら言及するのは蛇足というものだろう。

ヴェラールには、ランドローバーの世界で唯一の四輪駆動専門車メーカーとしての伝統は守りながらも、攻めの姿勢は崩さないという思いが溢れている。それが何よりカッコいいのだ。

▲インテリアはシンプルで美しい仕立て。2つのタッチスクリーンを用いた最新インフォテインメントシステムを採用する。リストバンド型アクティビティキーも用意 ▲インテリアはシンプルで美しい仕立て。2つのタッチスクリーンを用いた最新インフォテインメントシステムを採用する。リストバンド型アクティビティキーも用意
▲ランドローバーブランド初の格納式ドアハンドル(デプロイアブル・ドアハンドル)を備えた。ボディの80%以上にアルミを用いた軽量モノコック構造を採用する ▲ランドローバーブランド初の格納式ドアハンドル(デプロイアブル・ドアハンドル)を備えた。ボディの80%以上にアルミを用いた軽量モノコック構造を採用する
▲車高を自動調節するエアサスペンションを用意、テレインレスポンス2など最新デバイスも多数装着される。ラゲージフロアは通常673L、分割可倒式リアシートを倒せば最大1731Lとなる ▲車高を自動調節するエアサスペンションを用意、テレインレスポンス2など最新デバイスも多数装着される。ラゲージフロアは通常673L、分割可倒式リアシートを倒せば最大1731Lとなる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:FIRST EDITION ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCスーパーチャージド ■総排気量:2994cc
■最高出力:380/6500[ps/rpm]
■最大トルク:450/3500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4820x1930x1685(mm) ■ホイールベース:2875mm
■車両価格:1526万円

text/藤野太一
photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027