新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧大きくなっただけじゃない! フットワークも良くなった6代目フォルクスワーゲン ポロ / navi

クルマニュース

大きくなっただけじゃない! フットワークも良くなった6代目フォルクスワーゲン ポロ / navi

(2018/04/18)

▲欧州Bセグメントのスタンダードモデルとなるコンパクトハッチが6世代目へと進化。ひと回り大きくなり(ホイールベースは輸入車ライバル中最長)、後席を中心に居住性が向上している。日本には2018年3月に導入された ▲欧州Bセグメントのスタンダードモデルとなるコンパクトハッチが6世代目へと進化。ひと回り大きくなり(ホイールベースは輸入車ライバル中最長)、後席を中心に居住性が向上している。日本には2018年3月に導入された

居住性もサイズも……もはやゴルフはいらない?

輸入コンパクトカーの定番、ポロの新型は全幅1750mmとついに3ナンバーサイズに突入してしまった。全長は4060mm。つまり、ほぼゴルフ4並みに成長したことになる。

そのぶん室内はきっちり広くなった。特に、従来は大人にはキツかった後席の余裕が増して、胸を張ってフル4シーターといえるようになったのは大きい。up!という弟ができたことを考えても、無意味な肥大化ではなさそうだ。

一方でエンジンはダウンサイジング。直列3気筒1Lターボユニットは、それでも旧型を凌ぐ最高出力95ps、最大トルク175N・mを発生する。常用域では3気筒特有の振動を感じるものの力感は十分。小気味よく走る。

驚きはフットワークだ。ボディもアシもガッチリとした乗り味は典型的なドイツ車。速度が上がるほど路面に吸い付き、雨のアウトバーンでも180km/hで鼻歌交じりでかっ飛んでいけた。この余裕は、日本の交通環境下でもクラスを超えた安心感に繋がるはずだ。

不満は、全車速追従のACCや歩行者検知まで行う緊急自動ブレーキが備わる一方で、車線逸脱警告機能がないこと。日本のライバルには装着車が増えているだけに早期の対応を望みたい。

とはいえ、室内は格段に広くなったし、走りのポテンシャルも一層引き上げられた新型ポロは、これ1台ですべてまかなえる車に成長した。

正直、デザインはピンとこないが、今、日常の伴侶となる車を選ぶなら、ゴルフではなくポロがいいかもしれないと真剣に思わせたのである。

▲ポロとしては初めてシャシーに生産モジュール「MQB」を採用。コンパクト用のMQB A0が用いられている。ボディサイズは従来モデル比で全長+65mm/全幅+65mm、全高は10mm低められた ▲ポロとしては初めてシャシーに生産モジュール「MQB」を採用。コンパクト用のMQB A0が用いられている。ボディサイズは従来モデル比で全長+65mm/全幅+65mm、全高は10mm低められた
▲インテリアもより使いやすく変更を受けた。メーター部にはナビなどの各種情報も表示するアクティブ インフォ ディスプレイを採用 ▲インテリアもより使いやすく変更を受けた。メーター部にはナビなどの各種情報も表示するアクティブ インフォ ディスプレイを採用
▲エンジンはさらに効率を高めた1L直3ターボを搭載。日本にも7速DSGとの組み合わせで導入される予定。ちなみに本国ではハイパフォーマンスバージョンのGTIも登場した ▲エンジンはさらに効率を高めた1L直3ターボを搭載。日本にも7速DSGとの組み合わせで導入される予定。ちなみに本国ではハイパフォーマンスバージョンのGTIも登場した

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Highline ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:999cc
■最高出力:70(95)/5000-5500[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:175(17.9)/2000-3500[N・m(kg-m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:7DCT
■全長x全幅x全高:4060x1750x1450(mm) ■ホイールベース:2550mm

text/島下泰久
photo/フォルクスワーゲン グループ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027