新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキの新ジャンル「クロスオーバーワゴン」のクロスビーは力強い加速と安定性の高いボディが魅力だ / navi

クルマニュース

スズキの新ジャンル「クロスオーバーワゴン」のクロスビーは力強い加速と安定性の高いボディが魅力だ / navi

(2018/02/24)

▲スズキから小型ワゴンとSUVがドッキングした新ジャンル「クロスオーバーワゴン」のクロスビー。公道で試乗する機会を得たのでその模様をレポートする ▲スズキから小型ワゴンとSUVがドッキングした新ジャンル「クロスオーバーワゴン」のクロスビー。公道で試乗する機会を得たのでその模様をレポートする

予想以上にボリューム感のあるボディを、マイルドハイブリッドエンジンが力強く引っ張る

見た感じは思った以上に売れている同社のハスラーに似た印象だが、クロスビーは完全な普通乗用車のサイズである。

写真ではどのくらいの大きさなのかよく分からなかったが、実物を見るとボディの重厚感が驚くほどある。

クロスビーのパワーユニットは1L 3気筒DOHC直噴ターボ+マイルドハイブリッドのみとなる。トランスミッションは6速ATのみで、駆動方式は2WDとフルタイム4WDのモデルがある。

▲運転席に座って見わたすと室内がとても広い。スイッチやモニター類が集約されるセンタークラスターまわりの作りも凝っている。スズキはイグニスが発売された時期からデザインが一気に華やかな印象となった ▲運転席に座って見わたすと室内がとても広い。スイッチやモニター類が集約されるセンタークラスターまわりの作りも凝っている。スズキはイグニスが発売された時期からデザインが一気に華やかな印象となった

200km/hまで刻まれているスピードメーターと、大型マルチインフォメーションディスプレーは、走行モードによってグラフィックが変わるのだが、ロードムービーっぽい図柄でワイルドな感じだがかわいさもある。

▲エンジンをかけると、車内は冷えているのでシートヒーターのスイッチを入れる。全モデルの運転席と助手席にシートヒーターが標準装備だ ▲エンジンをかけると、車内は冷えているのでシートヒーターのスイッチを入れる。全モデルの運転席と助手席にシートヒーターが標準装備だ

エンジンは3気筒かつ、冷えていたこともあって、アイドリング時の振動が少々気になった。温まるとアイドリングストップ機能も入り気にならない。

走り始めは、ゆっくりと様子をうかがいながら走ってみたが、マイルドハイブリッドのちょっとした後押しもあって、トルクの落ち込みが少ない。

直噴ターボとATのマッチングは素晴らしく、ターボの急激なトルクの立ち上がりもなく、とても力強く加速する。

▲ハイトがあるボディだが、とっさのときのステアリング操作や急加速時のステアリングが浮いた状況でも安定感は高い。これはトレッドを増したことと、4WDが関係している ▲ハイトがあるボディだが、とっさのときのステアリング操作や急加速時のステアリングが浮いた状況でも安定感は高い。これはトレッドを増したことと、4WDが関係している

スポーツモードにスイッチを入れるとこれまた速い。ノーマルは燃費を気にしたATのセッティングなので、アクセルの踏み込みに対して反応がワンテンポ遅れるが、スポーツモードはレスポンが良く気にならない。

続いて同グレードの2WDにも試乗した。後輪にパワーが持っていかれない分やはり軽快だ。

横風に対しても流されにくく安定感がある。ただしステリングは2WDの方が軽い感じがするので、好みが分かれるかもしれない。

4WDモデルにも言えることだが、Bピラーから後ろとリアのタイヤハウスからのロードノイズがもう少し小さくなると一気にグレードアップしそうだ。

軽量と静粛性は相反する部分もあるので簡単には難しいがアイデアのスズキならではの工夫を楽しみにしたい。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:クロスビー HYBRID MZ ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列3気筒DOHC+ターボ+モーター ■総排気量:996cc
■最高出力:73(99)/5500 [kW(PS)/rpm]
■最大トルク:150(15.3)/1700-4000[N・m(kgf・m)/rpm]
■モーター最高出力:2.3(3.1)/1000 [kW(PS)/rpm]
■モーター最大トルク:50(5.1)/100[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:6AT
■全長x全幅x全高:3760x1670x1705(mm) ■ホイールベース:2435mm
■ガソリン種類/容量:レギュラー/32(L)
■JC08モード燃費:22.0(㎞/L)
■車両価格:200.34万円(税込)

■グレード:クロスビー HYBRID MZ ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列3気筒DOHC+ターボ+モーター ■総排気量:996cc
■最高出力:73(99)/5500 [kW(PS)/rpm]
■最大トルク:150(15.3)/1700-4000[N・m(kgf・m)/rpm]
■モーター最高出力:2.3(3.1)/1000 [kW(PS)/rpm]
■モーター最大トルク:50(5.1)/100[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長x全幅x全高:3760x1670x1705(mm) ■ホイールベース:2435mm
■ガソリン種類/容量:レギュラー/30(L)
■JC08モード燃費:20.6(㎞/L)
■車両価格:214.596万円(税込)

text/松本英雄
photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027