新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型レクサス LSのV6ツインターボ“F SPORT”はドライバーも楽しめる仕様だ / navi

クルマニュース

新型レクサス LSのV6ツインターボ“F SPORT”はドライバーも楽しめる仕様だ / navi

(2018/02/25)

▲LSに新たに加わったパワーユニットとしてターボエンジンモデルが当初からアナウンスはされていたが、最近ようやく公道での試乗を行えたので報告したい ▲LSに新たに加わったパワーユニットとしてターボエンジンモデルが当初からアナウンスはされていたが、最近ようやく公道での試乗を行えたので報告したい

クローズドコースで好印象だったのはF SPORT

今回の公道試乗の前に、クローズドコースで“F SPORT”の2WDとAWD、“version L”の2WDに試乗した。

ハイスピードでのタイトなコーナーさばきは、F SPORTの2WDが軽快に感じた。大柄なLSであってもボディの大きさを感じさせず、コーナーをトレースすることが楽しい。

人によってはAWDの方がステアリングにしっかりとした印象をもつかもしれないが、クローズドコースでは重みがある。

とはいっても新しいV6ツインターボのパワーユニットのパフォーマンスは軽快で、スポーツドライブしたくなる。

エンジン音は多少人工的に作られた音もあるが、ターボの感じはない。6000回転で発生する422馬力はあっという間に異次元の速度に到達する。

新しいLSはスポーティなシャシーだとは感じていたが、F SPORTとV6ツインターボの組み合わせは、さらにドライバーが楽しめるラージサイズスポーツサルーンである。

ちなみにversion Lのガソリンモデルのハンドリングは、コーナリング時の軽さも際立つが、ダンパーとタイヤのコンビネーションなのかバイブレーションを感じ、シャシー剛性が低く感じられた。

▲ここまではクローズドコースのドライビングスタイルであったが、実用車は公道での試乗が最も大切である ▲ここまではクローズドコースのドライビングスタイルであったが、実用車は公道での試乗が最も大切である

一般道でも静粛性の高いF SPORT。それ以外はやはり振動が気になる

試乗は房総半島で行われ、県道と高速を併用してのドライブだ。まずF SPORTの2WDから試乗する。

一般道で見るF SPORTは価格も高いがそれだけにエクステリアの加飾もカッコイイ。プライベートカーで乗るのであればF SPORTがいい。

ステリングは軽やかだがカーブのトレースはしやすい。路面でのわだちでもステアリングも取られにくく性能一辺倒のサスペンションセッティングとの違いがわかる。

その様子は高速道路へ入ると一層理解できるが、とにかくF SPORTは静粛性が高い。スポーツとはうたっているが高級サルーンをドライブしている重厚感もある。

サスペンションはボディのバイブレーションもなく確実に細かく仕事をする。エンジンの特性も乗りやすさと、いざというときの加速はフラッグシップのサイズであってもストレスがない軽快な動きをする。

欲を言えばエンジンに厚みのある音が欲しい。回転がそれほど上がらなくても十分なトルク特性があるとフラッグシップとしての高級度が増す。

乗り心地はとても良い。大きなうねりに対してエアーサスペンションの制御はいい仕事をしている。

▲次は最高級グレードEXECUTIVEのAWDに試乗だ ▲次は最高級グレードEXECUTIVEのAWDに試乗だ

クローズドコースのときと同じく、やはり振動が気になる。同一のボディではあるが、剛性が違うために動きの良いダンパーのセッティングでも乗り心地に深みを増そうとしたのだろうか。

F SPORTよりも心地が良いとは思えない。すなわち気持ちよくダンピングが行われていないのだ。その結果、静粛性にも表れる。

EXECUTIVEとversion Lは同エンジンで、2WDとAWDで同様な乗り心地なのだから、ボディとサスペンションの兼ね合いであることに間違いはないのではないか。F SPORTを超えるEXECUTIVEやversion Lが待ち遠しい。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:F SPORT ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V型6気筒DOHC+ターボ ■総排気量:3444cc
■最高出力:310(422)/6000 [kW(PS)/rpm]
■最大トルク:600(61.2)/1600~4800[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:10AT
■全長x全幅x全高:5235x1900x1450(mm) ■ホイールベース:3125mm
■ガソリン種類/容量:ハイオク/82(L)
■JC08モード燃費:10.2(㎞/L)
■車両価格:1200万円(税込)

■グレード:EXECUTIVE ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V型6気筒DOHC+ターボ ■総排気量:3444cc
■最高出力:310(422)/6000 [kW(PS)/rpm]
■最大トルク:600(61.2)/1600~4800[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:10AT
■全長x全幅x全高:5235x1900x1460(mm) ■ホイールベース:3125mm
■ガソリン種類/容量:ハイオク/82(L)
■JC08モード燃費:9.5(㎞/L)
■車両価格:1540万円(税込)

text/松本英雄
photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
3
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
keep
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
5
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
keep
【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗(2019/03/11)
7
keep
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
8
keep
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
keep
日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?(2019/02/03)
10
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン ティグアン|4MOTIONの超安定性に驚く! 最適なシステム介入で雪上ドライブも怖くない!(2019/03/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027