新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ / navi

クルマニュース

ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ / navi

(2018/05/05)

▲アルファロメオのミドルクラスとしては75以来のFRとなる、欧州Dセグメントのスポーツサルーン。長いボンネットとホイールベース、後方寄りのコクピット、丸みを帯びたスタイルは往年の名車の“涙滴型”を彷彿とさせる ▲アルファロメオのミドルクラスとしては75以来のFRとなる、欧州Dセグメントのスポーツサルーン。長いボンネットとホイールベース、後方寄りのコックピット、丸みを帯びたスタイルは往年の名車の“涙滴型”をほうふつとさせる

この顔にピンときたらお近くの店へ

「ジュリア」の名前にピンとくる人には、もはや説明の必要はないだろう。1962年に登場した名車ジュリアが約40年ぶりに復活したというわけだ。

しかも久しぶりのFR。もうそれだけで選んでいい。

名前にピンとこない人はデザインで判断すればいい。このブルドッグのような顔つきを、ぜひ実車でまじまじと見てほしい。

イタリア車なのにブサかわいいという表現もなんだが、味わいがあることは間違いない。

デザインで個性を演出することが難しくなった現代においても、さすがイタリアと感心せざるを得ない。

メルセデス・ベンツ Cクラス、BMW 3シリーズ、アウディ A4がひしめくDセグにあえて乗り込むのは無謀じゃないのか。

そんな先入観を抱きながら、運転席に座る。かつてのモデルをほうふつとさせる丸いメーターやステアリングは現代的でとてもモダンだ。

右ハンドル仕様でもペダルオフセットが少なく、アクセルペダルはきっちりオルガンタイプを採用している。気合のほどがうかがえる。

動力性能としては200馬力を発揮する2L直4ガソリンターボ+8ATの”スーパー”で、なんら不満はない。ボディの剛性感はドイツ勢に負けていない。

しかし、とにかく軽快だ。電動パワステの味付けが軽いのと、サスペンションがよく動いていることの相乗効果だろう。街乗りが楽しくなる。

510馬力の2.9L V6ツインターボを積む”クワドリフォリオ”は、ちょっと別物だ。

こちらのライバルはAMGやMというが、確かに速さでは勝るとも劣らない。

それよりもこの超高性能バージョンであっても印象的なのはその軽さだ。

いい意味でイタリア車の既成概念を打ち破る1台と言える。

国内でアルファ専売店を60店舗まで拡大するというから、この顔はぜひ一度見ておいた方がいい。

▲国内ではベーシックグレードに加え、ラグジュアリーなスーパー、スポーティなヴェローチェ、ハイパフオーマンスバージョンのクワドリフォリオをラインナップする ▲国内ではベーシックグレードに加え、ラグジュアリーなスーパー、スポーティなヴェローチェ、ハイパフオーマンスバージョンのクワドリフォリオをラインナップする
▲全グレードがレザーシート仕様となりラグジュアリーな装いのインテリアは、スポーティさも併せもつ。インフォテインメントシステムのConnectシステムを標準化 ▲全グレードがレザーシート仕様となりラグジュアリーな装いのインテリアは、スポーティさも併せもつ。インフォテインメントシステムのConnectシステムを標準化
▲ハイパフオーマンスバージョンのクワドリフォリオには、フェラーリテクノロジーで開発されたV6ツインターボを搭載。カーボン製ルーフやエンジンフードなど、軽量化が図られている ▲ハイパフオーマンスバージョンのクワドリフォリオには、フェラーリテクノロジーで開発されたV6ツインターボを搭載。カーボン製ルーフやエンジンフードなど、軽量化が図られている
text/藤野太一
photo/柳田由人

【SPECIFICATIONS】
■グレード:QUADRIFOGLIO ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V6 DOHCターボ ■総排気量:2891cc
■最高出力:375(510)/6500[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:600(61.2)/2550[n・m(kg-m)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4635x1865x1435(mm) ■ホイールベース:2820mm
■車両価格:1132万円

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027