新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新時代到来! EVのホットハッチ『日産 リーフNISMO』登場 / navi

クルマニュース

新時代到来! EVのホットハッチ『日産 リーフNISMO』登場 / navi

(2018/08/09)


▲モータースポーツで培われたエッセンスを導入したEV(電気自動車)“リーフNISMO”が登場した。標準車のリーフも空力特性が非常に良好なボディであるが、リーフNISMOはさらに安定感を持たせるべく、ボディの上から下へ押さえつけるダウンフォースを高めた専用エアロパーツをまとっているのが特徴だ
▲モータースポーツで培われたエッセンスを導入したEV(電気自動車)“リーフNISMO”が登場した。標準車のリーフも空力特性が非常に良好なボディであるが、リーフNISMOはさらに安定感を持たせるべく、ボディの上から下へ押さえつけるダウンフォースを高めた専用エアロパーツをまとっているのが特徴だ

専用エアロによる空力特性で走りを変えた!?


日産 リーフNISMO

(左)リーフNISMOと(右)リーフ標準車を並べるとエアロパーツによるエクステリアの造形の違いがわかる
(左)リーフNISMOと(右)リーフ標準車を並べるとエアロパーツによるエクステリアの造形の違いがわかる

フロントバンパーは、空気を抵抗なくサイドに流しやすくした。またラヘッドライト下の形状までも、ダウンフォースが発生しやすい形に変更し安定性を向上しているという。

空気が乱れにくいような形状に設計された専用ホイールの装着によって、フロントからサイドに流した空気は、きれいにリアへと流す。加えて、ボディ下部で巻き込んだ空気が乱れ浮力を生まないよう、ロッカーパネルに装着したエアロパーツでリアバンパーへと流す。

リアバンパーの左右の形状を見るとオリジナルではラウンドしているのに対して空気をサイドにきれいに流すべくスパッと切ったような形状になっているのが特徴だ。バンパーエンドにインバースの形状入れたGT-Rのエッセンスを入れているようにもうかがえる。

標準車よりもアクセルレスポンスの鋭さが際立つ

専用エアロパーツをまとったことで標準車とはどのような違いが生まれたのか、日産の追浜にあるテストコースで走らせてみた。車内はエアコンを効かせてあるので快適だ。EVの特徴の1つはエアコンなどのアメニティの類いが安定して作動することだろう。

リーフの加速性能はEV特有のトルク特性によって滑らかで力強い加速が胸をすく。しかしリーフNISMOはさらに気持ち良い加速を味わえるチューニングを施している。中でもBレンジをセレクトすることで最大のパフォーマンスを発揮する。

停車時からの出だしはいたって普通であるが、アクセルを少し深めに踏み込むと標準車のリーフに比べ早送りしたかのような加速を始める。また減速時の電動制動機構も専用品となっており、一気に減速するような鋭いレスポンスが味わえる。

心得のある方ならば、アクセルペダルの使い方だけでタイトなワインディングをスイスイと走らせることができるだろう。それほどに使いやすいのだ。

安心感あるコーナーのフィーリングに進化を感じる

サスペンションはずいぶん締まったセッティングだ。

タイヤも燃費とパフォーマンスを鑑みた専用の“ContiSportContact5”225/45R18というスポーティなモデルを装着。運動性能を向上させようとする意図が伝わってくる。一般道ではわからないが、少なくともテストコースではロードノイズは少なく感じた。

時速40kmのタイトなコーナーのフィーリングはピタリと地に足が着いたような安心感。コーナリング中に細かなアクセル操作をしてもレスポンス良く反応をする。クリッピングポイントからのコーナーの脱出速度は速い。重心が低いリーフならではの運動性能と言える。

ステアリングの反応も向上させているようで操舵レスポンスは良い。ちょっとしたステアリング操作にも車が反応する雰囲気が、スポーティさを演出している。

ホットハッチとしての味付けは良好も弱点も露呈した

しかし弱点がないわけでもない。バッテリーを搭載した絶対的な重量を支えたうえで、パフォーマンスを発揮させるシャシーの負担は大きい。試乗で感じたのはリアの剛性不足だ。この部分が向上するともっと良い車になる。

ただ、これだけ運動性能を高めてしまえば路面からの突き上げ時にボディにかかるストレスは相当なものとなる。それを覚悟でリーフNISMOは加速とコーナリングのパフォーマンス優先で向上させたのだろう。

普通乗用車ながらEVの特性をさらに充実させ、他にはない加減速と不気味なほど速いコーナリングスピードは、人によっては流れる景色が変わるように思えるかもしれない。


専用ステアリングやホールド性に優れたスポーツシートが装着され、スポーティさを高めたインテリア
専用ステアリングやホールド性に優れたスポーツシートが装着され、スポーティさを高めたインテリア text/松本英雄
photo/篠原晃一

【SPECIFICATIONS】※試乗車
■グレード:NISMO ■乗車定員:5名
■エンジン種類:モーター
■最高出力:110(150)3283-9795 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:320(32.6)/0-3283[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD
■全長x全幅x全高:4510 x 1790 x 1550(mm) ■ホイールベース:2700mm
■JC08モード航続可能距離:350(㎞)

日産 リーフのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
【試乗】新型 BMW 8シリーズ│現時点で最高のグランツーリスモだ!(2019/06/20)
【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ(2019/06/18)
【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!(2019/06/14)
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
4
down
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
5
up
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
up
“変わらなかった”ことが逆にニュースになる、マセラティ グラントゥーリズモ(2018/01/06)
7
up
【試乗】フィアット 500X|ファッション性だけじゃない! 街中をキビキビと走る“フィアットらしさ”が増したモデルだ(2019/06/18)
8
keep
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
9
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
10
down
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027