新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧エンジンに大きく手が加えられ、さらに気持ちいい走りを可能にしたロードスターとRF / navi

クルマニュース

エンジンに大きく手が加えられ、さらに気持ちいい走りを可能にしたロードスターとRF / navi

(2018/09/27)


▲2018年7月26日にマツダ『ロードスター』及び『ロードスターRF』の商品改良モデルが発表になった
▲2018年7月26日にマツダ『ロードスター』及び『ロードスターRF』の商品改良モデルが発表になった

滑らかな乗り味に進化したロードスター

ロードスター、RFともにエクステリアやインテリア、パワートレインに改良が行われた。特にロードスターの方はエンジンに大きく手が加えられている。ピストンリングを中心に各部フリクション低減と一度の燃焼で2回だった燃料噴射を3回の噴射にしてより細かく燃焼をコントロールできるようになった。


▲RFはすでにクローズドコースで試乗済みだが、ロードスターは改良後初めての試乗となる。初めにロードスターから試乗する
▲RFはすでにクローズドコースで試乗済みだが、ロードスターは改良後初めての試乗となる。初めにロードスターから試乗する

今回から採用している高輝度のグレーメタリックのホイールがタイヤハウス内を引き締めたのと同時に、Aピラーのブラックと相乗効果で精悍さが増したように感じる。

操作系でいうとステアリングが固定式であったがテレスコピック式となって細かなポジションを合わせることが可能となっている。ポジションを合わせてスタートだ。

軽やかにクラッチはキレが良い。1速にスパッと入る。アイドリングからエンジンのガサツキがかなり低減している。クラッチを繋げるととにかく滑らかな走り出しだ。2速、3速とシフトアップするが以前にあったエンジンの嫌な振動はなくなりレスポンスも上々だ。

一般道から高速に入る合流では1.5Lのポテンシャルをフルに発揮してみる。スムーズで高回転までストレスが少ない。フライホイールの軽量化などでピックアップもよくクラッチの切れもよくなったように感じる。

アクセルがリニアに反応するとコントロールがしやすい。乗り心地も滑らかになる。ロードスターRFがオススメであったが、改良したロードスターは滑らかで大人の仕様となった。

気持ちよく伸びるエンジンになったRF

次にロードスターRFの試乗だ。とても良い印象でクローズドコースを終えているので一般道ではどのような変化があるのかと考えながら試乗する。

今回は旧モデルも用意されていたので、初めに旧型のモデルに試乗だ。多少走行距離も延びてはいるが旧型もなかなかイイ。サスペンションも馴染んできていて乗り心地がこなれた印象であった。

ただエンジンはこれほどガサツキがあるエンジンだったか、と感じながら改良型に乗り替える。


▲「これは良くなっているはずだ」と言い聞かせながら改良型RFを試乗する
▲「これは良くなっているはずだ」と言い聞かせながら改良型RFを試乗する

国道までのガタガタな踏切を通過する。すると明らかに旧型の方が振動が少なく、改良型はサスペンションの動きが左右で動きがバラバラになっている感じであった。

個体によって違いはあるものの明らかな違いで、2回ほど同じ場所を走ってフィーリングを確認する。ボディは固いがしなやかではない。クローズドでの試乗はフラットな路面だったせいか気にならなかったが、凹凸の多い一般道のアスファルトは何か違いを感じる。

マツダ側はエンジン以外サスペンションのセッティングも同じだという。そう思うと生産の精度によって剛性に違いも出てくる。

様々な思いをはせながら一般道から高速へ入る。改良された2Lは気持ち良く伸びのあるエンジンだ。エグゾーストからの音はいささか大きいように感じるが体に伝わる音と振動で乗っている演出は申し分ない。

とはいっても静粛性はRFに軍配が上がり長距離は断然オススメだ。改良の価値は十二分に感じる。今回の試乗では一般道でも圧倒的にRFの方が良いと思っていただけにロードスターの1.5Lユニットが予想を超える仕上がりであった。

どちらともに言えることは成熟したエンジンになったということである。そして精度も向上して確実に全体のバランスが良くなってきている。これからの発展も見逃せない。


Photo:尾形和美
text/松本英雄
photo/尾形和美

【SPECIFICATIONS】
■グレード:S スペシャルパッケージ ■乗車定員:2名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■最高出力:97(132)7000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:152(15.5)/4500[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:3915 x 1735 x 1235(mm) ■ホイールベース:2310mm
■ガソリン種類/容量:ハイオク/40(L)
■WTLCモード燃費:16.8(㎞/L)
■車両価格:275.94万円(税込)

■グレード:RF RS ■乗車定員:2名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1997cc
■最高出力:135(184)7000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:205(20.9)/4000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:3915 x 1735 x 1245(mm) ■ホイールベース:2310mm
■ガソリン種類/容量:ハイオク/45(L)
■WTLCモード燃費:15.8(㎞/L)
■車両価格:381.24万円(税込)

マツダ ロードスターのカタログはこちら マツダ ロードスターRFのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
3
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
5
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
6
down
【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗(2019/03/11)
7
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
down
日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?(2019/02/03)
10
keep
大人の雰囲気をまとったホンダ フィット Modulo style。走行性能は地道な改善のたまものだ(2019/01/31)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027