新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧待望の4WDが追加されたティグアン!! 安定性が増し、燃料費もリーズナブル / navi

クルマニュース

待望の4WDが追加されたティグアン!! 安定性が増し、燃料費もリーズナブル / navi

(2018/10/18)


▲人気の高いSUVカデゴリーのティグアン。ディーゼル+4WDモデルが追加され、試乗する機会を得たのでその模様をレポートする
▲人気の高いSUVカデゴリーのティグアン。ディーゼル+4WDモデルが追加され、試乗する機会を得たのでその模様をレポートする

高トルク、低燃料費に加え、懸念していたトラクション性能も良くなるか

FFベースのプラットフォームを使ったフォルクスワーゲン ティグワン。先代は2008年に登場し、コンパクトSUVの中では造りの良さに度肝を抜いたことを覚えている。

そして、次世代を見据えてつくった、新型プラットフォームのMQBをベースに、フォルクスワーゲンとして初めてのSUVモデルとして、2017年に日本に登場したのが2代目ティグワンである。

このクラスと価格からするとクオリティが高いことが特徴であるが、SUVでありながら4WDの日本導入がなかった。しかし今回、ティグワンにTDIと呼ばれるディーゼルモデルが導入されることによって4WDシステム4MOTIONが採用された。

今回の試乗会場は山中湖の湖畔である。フラットなところもあれば山間部も高速も試乗できる、オフロードを除いたポテンシャルを確かめられるエリアだ。

MQBというプラットフォームは剛性が高く様々な車種に適合できる。この優れた部分がクローズアップされ、乗用車モデルでは高いパフォーマンスを発揮していた。

一方、エンジン搭載位置が高くなってしまうティグアンは、DSGトランスミッションということもあり、2WDはトラクションが十分ではないと感じていた。

発売当初から4MOTIONを望んでいたので、待ちわびたという印象は否めない。今回よりトルクの大きい2Lディーゼル搭載ということもあったのではないかと思う。ようやく骨格にあったトラクション性能を得たのである。

トルクはガソリン車でいえば3.5Lであるが、カタログ上の燃費と市場の燃料費を考えるとパフォーマンスバリューは高い。

安定した走りを可能にする4MOTIONと力強い2Lディーエルエンジン

試乗したモデルはRラインという上級グレードで、装備は申し分ない。安全性能もメーカーは大きくは謳わないものの、人知れずアップデートしているので期待して乗り込む。

エンジンを始動するとEA288型は振動も気にならずに動き出す。パサートへこのEA288エンジンのパワーアップ版が搭載されているが、振動もエンジン音もティグアンよりも気になった。

つまりティグアンの方が静かという事だ。アクセルを開けて静々と走り出すと、大きなトルクがゆったりとした扱いやすいフィールだ。

極端な立ち上がりもなく、トルクは申し分ないが出力の発生はいたって優しい。7速DSGのマナーも滑らかで踏み込んだキックダウン時も不愉快な要素がない。


▲19インチのホイール仕様でもゴツゴツ感もない。そしてとてもかっこいい。これは大切な事である
▲19インチのホイール仕様でもゴツゴツ感もない。そしてとてもかっこいい。これは大切な事である

気になっていたトラクションもさすがフルタイム4WDで、配分を上手にまかない安定感ある発進加速である。山間部も悠々と走ると、FFモデルとは比べられない安定感がある。

このパフォーマンスと品質の高さと、スタビリティも良くなって燃料費もハイオクに比べるとお得感ある軽油であるから、購買意欲も湧くというものであろう。

FFモデルよりも乗り心地がとても良くなっている。欧州の2Lディーゼルエンジンはいくつかあるが、もっともマイルドな雰囲気のエンジンと言える。


▲コストも考えた仕様なので噴射システムなどにも一層よくなる仕様も今後できるであろう
▲コストも考えた仕様なので噴射システムなどにも一層よくなる仕様も今後できるであろう

何はともあれ、本格的なSUVで、しかもパフォーマンスも優れたモデルの導入を1つのキッカケとして、どんどん真面目で良質なモデルを輸入して欲しい。


Photo:奥隅圭之

Photo:奥隅圭之

Photo:奥隅圭之
text/松本英雄
photo/奥隅圭之

【SPECIFICATIONS】※試乗車
■グレード:TDI 4モーション Rライン ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+ターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:110(150)3500-4000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:340(34.7)/1750-3000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7AT
■全長x全幅x全高:4500 x 1860 x 1675(mm) ■ホイールベース:2675mm
■ガソリン種類/容量:軽油/63(L)
■JC08モード燃費:17.2(㎞/L)
■車両価格:524万円~(税込)

フォルクスワーゲン ティグアンのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
6
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
up
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027