新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40 / navi

クルマニュース

パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40 / navi

(2018/12/05)


▲今回の試乗はファーストエディションではない他のXC40の T5 AWD InscriptionとT4 Momentumの試乗をすることができたのでお伝えしたい
▲今回の試乗はファーストエディションではない他のXC40の T5 AWD InscriptionとT4 Momentumの試乗をすることができたのでお伝えしたい

上級モデルをしのぐプラットフォームをもったXC40に期待を込めて試乗

ボルボXC40のファーストエディションを試乗したのは今年の5月だった。

XC40 T5 AWD R-Designという大径のホイールと専用のスポーツサスペンションという仕様であった。

ボルボのXC60や90のデザインを抑えめに散りばめながらも、ボルボの新しい方向性を表わすモデルである。

最も新しいと感じるのは、エクステリアでいうと厚みのある強固な骨格をイメージさせるボディ面。

インテリアではフェルトのような布を使い、ソフトなマテリアルを多用。シンプルだが機能的で落ち着くことだができるキャビンを演出した。

そして、乗らなければわからない変化が新しいプラットフォームである。

上級車種とは違い、とにかく剛性が高い。

エンジンの搭載位置も良いので、車高が高くても振動も抑えることができたモデルだ。

正直言って上級車種のプラットフォームよりも完成度が高い。

高出力にも関わらず、扱いやすさが魅力の『T5 AWD Inscription』


▲初めにT5 AWD Inscriptionからの試乗だ。川崎から木更津方面に向かってアクアラインを走る
▲初めにT5 AWD Inscriptionからの試乗だ。川崎から木更津方面に向かってアクアラインを走る

T5は4気筒2Lガソリン直噴ターボで250馬力以上を発揮してトルクは35kgf・mを超える仕様だ。

走り出しのアクセル操作は調整しやすく秘めたパワーを表に出さずに軽々と軽快に走らせる。

ソフトな扱いやすさはボルボの真骨頂だ。

勾配のある上りの首都高速へのアプローチでアクセルを踏み込み強く加速してみると、NA3.5Lを超えるトルクが上手に分散して安定感のあるトラクションを路面に伝える。

エンジンの剛性も高くエントリーモデルのXC40であるがプレミアム感は高い。

ボルボらしい安全と快適をうたっているのにふさわしいハンドリングだ。

T5 AWD InscriptionはスポーティなT5 AWD R-Designと同様の19インチのホイール仕様である。

乗り心地はゴツゴツとした雰囲気は一切なく、内外装ともに派手ではない大人の加飾を選べる仕様となっている。

必要十分なパワーとFFらしい軽快さをもつ『T4 Momentum』

最後に試乗したT4 Momentumの模様をお伝えしよう。

こちらはXC40ではエントリーモデルに内外装を華やかに装った仕様となっている。


▲シンセティックレザーを合わせたシート類はとても新鮮でいて、家具のような雰囲気も漂い新しさを感じるデザインだ
▲シンセティックレザーを合わせたシート類はとても新鮮でいて、家具のような雰囲気も漂い新しさを感じるデザインだ

こちらはエントリーモデルのT4ということで、出力も190馬力でトルクは30kgf・mを超える。

最高出力よりもドライバビリティと効率を狙ったエンジンといえる。

エンジン始動するとこれまた静粛性はとても良い。

走らせるとFFのせいか軽快でリアの収まりも良く、AWDよりもロードノイズによる静粛性も高い。

18インチとのマッチングがすこぶる良くできている。

乗り心地重視のFFモデルは、加速して大きくサスペンションをストロークさせると、フロントの接地性がおろそかになりハンドリングにも影響を与えるケースもあるが、新しい横置きエンジンのプラットフォームのエンジンとトランスミッションのマウンティングはとても良い相性のようだ。

出力もこれほどあればどこに行くにも全く問題ない。

FFモデルでも十分であるがプラスαの走行性能を求める人にはプラス20万円を支払ってAWDチョイスも良いだろう。

嫌味のない新しい輸入車のカタチをXC40は伝えてくれるはずだ。


Photo:尾形和美

Photo:尾形和美

Photo:尾形和美

Photo:尾形和美

Photo:尾形和美
text/松本英雄
photo/篠原晃一

【SPECIFICATIONS】※試乗車
■グレード:T5 AWD Inscription ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+ターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:185(252)/5500 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:350(35.7)/1800-4800[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4425 × 1875 × 1660(mm) ■ホイールベース:2700mm
■車両価格:549万円(税込)

■グレード:T4 Momentum ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+ターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:140(190)/4700 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:300(30.6)/1400-4000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4425 × 1875 × 1660(mm) ■ホイールベース:2700mm
■車両価格:439万円(税込)

ボルボ XC40のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027