新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d / navi

クルマニュース

本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d / navi

(2018/12/09)


▲Sクラスに新たに加わった「400d」。搭載される新型の直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を試してきた
▲Sクラスに新たに加わった「400d」。搭載される新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を試してきた

ディーゼルエンジンで作る贅沢品とは

アッパークラスの4ドアサルーンを作るにあたって、全世界の全自動車メーカーがベンチマークとして挙げるのが、メルセデスベンツのSクラスだ。

そのくらい、ドライバーズカーからショーファーカーまで、理想的でバランスのとれたサルーンなのだ。

今回試乗したSクラスは、その中でも新開発の直列6気筒のクリーンディーゼルユニットが目玉。

直列6気筒の良さはなんといっても静粛性だ。

V型6気筒に比べ、振動を打ち消し合いやすいのだ。

かのBMWが、様々なレギュレーションの変化にもめげずに、素性の良い直列6気筒を作り続けていることは皆さんご存じであろう。

内燃機関の王者メルセデスも、直列6気筒を「S450」から投入したが、試乗車の「S400d」はこのガソリン6気筒の基本設計を共通化し、素材を変えて作ったエンジンだ。

実は、Sクラスには、ほんの少し前まで「300h」というモデルがあった。

私が最後にコレに乗ったのが2年ほど前。

2.15Lの4気筒ディーゼルターボエンジンに、27馬力のモーターを装着したハイブリッドモデルだったが、その乗り心地は素晴らしく良かった。

4気筒とは思えない静粛性と踏み込んだときの落ち着いた加速感。

Sクラスとしてまったく不満がなかったモデルだったのだ。

そんな300hの後継的な立ち位置で、今回の「400d」がラインナップされたと聞き、私の期待はいっそう膨らんだ。


▲直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」
▲直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」

試乗コースは品川シーサイドから首都高速湾岸線に乗って浦安までの道のり。

車両を受け取る際、地下の車庫で出てくるのを待っていたのだが、とにかく穏やかな音で近づいてきたので驚いた。

思わず、エンジンフードを見ながら「こりゃすごいね。ディーゼルとは思えない静かさだよ」と担当編集者に話しかけてしまったぐらいだ。

決して大ぶりでではないが包み込まれるSクラスのシートに腰かけ、出発した。

車体の横幅は大きいが、視認性は抜群である。

駐車場の出庫ゲートも、全く不安なく寄せられた。

これが、Sクラス。

キャビンとボディのディメンションが黄金比なのだ。

一般道を抜け、首都高速へ入った。

料金所から加速し、本線へ合流しようとアクセルを踏み込むと、一瞬だけ力をためながらも、決して搭乗者に不安を与えない、上品で俊敏な加速を披露してくれた。

この湧き上がるトルクと加速が、1世紀以上君臨する内燃機関の成熟を体現している。

この日は小雨であったが、ワイパーは瞬時に力強く水滴を一掃。

古い考えかもしれないが、きっとこういった天候のアウトバーンを時速200km以上で走り鍛えられたのだろう……と考えてしまう。

路面からの水しぶきがあっても、Sクラスのキャビン内に不快な音は聞こえなかった。

ディーゼルエンジンは落ち着いた出力を安定して発揮してくれるので、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)時にも、まるで大型客船のように動じない。

私は国内外のモデルをいろいろ乗り込んでテストしてきたが、ACCは今回のSクラスが最も安心感があって制御が緻密だった。 そして、高速での快適性は最も良いと評価できる部類に入る。

一方で、様々なセンシング技術に鼻に付く“嫌味”のような雰囲気がなく上品である。

そして、たとえそれらに頼らずとも、ドライバーズカーとして安定感あるハンドリングを発揮してくれるから素晴らしい。今回のような雨天時でも、だ。

改めて感じた。Sクラスは、いつの時代でも頼れるフラッグシップサルーンである。

メルセデスベンツは、ドライビングアシストの先駆者でもあるが、ここにきて最高峰に達したのではないか。

今回は短い距離での試乗であったが、また長距離運転で性能の真髄を試してみたい。


▲Photo:篠原晃一

▲Photo:篠原晃一

▲Photo:篠原晃一
text/松本英雄
photo/篠原晃一

【SPECIFICATIONS】
■グレード:S400d 4MATIC ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列6気筒DOHC + ターボ ■総排気量:2924cc
■最高出力:250(340)/3600-4400 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:700(71.4)/1200-3200[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:9AT
■全長x全幅x全高:5125 x 1900 x 1495(mm) ■ホイールベース:3035mm
■ガソリン種類/容量:軽油/70(L)
■JC08モード燃費:13.3(㎞/L)
■車両価格:1160万円(税込)

メルセデス・ベンツ Sクラスのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
keep
【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化(2019/08/15)
9
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
10
up
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027