新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d / navi

クルマニュース

本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d / navi

(2018/12/09)


▲Sクラスに新たに加わった「400d」。搭載される新型の直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を試してきた
▲Sクラスに新たに加わった「400d」。搭載される新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を試してきた

ディーゼルエンジンで作る贅沢品とは

アッパークラスの4ドアサルーンを作るにあたって、全世界の全自動車メーカーがベンチマークとして挙げるのが、メルセデスベンツのSクラスだ。

そのくらい、ドライバーズカーからショーファーカーまで、理想的でバランスのとれたサルーンなのだ。

今回試乗したSクラスは、その中でも新開発の直列6気筒のクリーンディーゼルユニットが目玉。

直列6気筒の良さはなんといっても静粛性だ。

V型6気筒に比べ、振動を打ち消し合いやすいのだ。

かのBMWが、様々なレギュレーションの変化にもめげずに、素性の良い直列6気筒を作り続けていることは皆さんご存じであろう。

内燃機関の王者メルセデスも、直列6気筒を「S450」から投入したが、試乗車の「S400d」はこのガソリン6気筒の基本設計を共通化し、素材を変えて作ったエンジンだ。

実は、Sクラスには、ほんの少し前まで「300h」というモデルがあった。

私が最後にコレに乗ったのが2年ほど前。

2.15Lの4気筒ディーゼルターボエンジンに、27馬力のモーターを装着したハイブリッドモデルだったが、その乗り心地は素晴らしく良かった。

4気筒とは思えない静粛性と踏み込んだときの落ち着いた加速感。

Sクラスとしてまったく不満がなかったモデルだったのだ。

そんな300hの後継的な立ち位置で、今回の「400d」がラインナップされたと聞き、私の期待はいっそう膨らんだ。


▲直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」
▲直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」

試乗コースは品川シーサイドから首都高速湾岸線に乗って浦安までの道のり。

車両を受け取る際、地下の車庫で出てくるのを待っていたのだが、とにかく穏やかな音で近づいてきたので驚いた。

思わず、エンジンフードを見ながら「こりゃすごいね。ディーゼルとは思えない静かさだよ」と担当編集者に話しかけてしまったぐらいだ。

決して大ぶりでではないが包み込まれるSクラスのシートに腰かけ、出発した。

車体の横幅は大きいが、視認性は抜群である。

駐車場の出庫ゲートも、全く不安なく寄せられた。

これが、Sクラス。

キャビンとボディのディメンションが黄金比なのだ。

一般道を抜け、首都高速へ入った。

料金所から加速し、本線へ合流しようとアクセルを踏み込むと、一瞬だけ力をためながらも、決して搭乗者に不安を与えない、上品で俊敏な加速を披露してくれた。

この湧き上がるトルクと加速が、1世紀以上君臨する内燃機関の成熟を体現している。

この日は小雨であったが、ワイパーは瞬時に力強く水滴を一掃。

古い考えかもしれないが、きっとこういった天候のアウトバーンを時速200km以上で走り鍛えられたのだろう……と考えてしまう。

路面からの水しぶきがあっても、Sクラスのキャビン内に不快な音は聞こえなかった。

ディーゼルエンジンは落ち着いた出力を安定して発揮してくれるので、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)時にも、まるで大型客船のように動じない。

私は国内外のモデルをいろいろ乗り込んでテストしてきたが、ACCは今回のSクラスが最も安心感があって制御が緻密だった。 そして、高速での快適性は最も良いと評価できる部類に入る。

一方で、様々なセンシング技術に鼻に付く“嫌味”のような雰囲気がなく上品である。

そして、たとえそれらに頼らずとも、ドライバーズカーとして安定感あるハンドリングを発揮してくれるから素晴らしい。今回のような雨天時でも、だ。

改めて感じた。Sクラスは、いつの時代でも頼れるフラッグシップサルーンである。

メルセデスベンツは、ドライビングアシストの先駆者でもあるが、ここにきて最高峰に達したのではないか。

今回は短い距離での試乗であったが、また長距離運転で性能の真髄を試してみたい。


▲Photo:篠原晃一

▲Photo:篠原晃一

▲Photo:篠原晃一
text/松本英雄
photo/篠原晃一

【SPECIFICATIONS】
■グレード:S400d 4MATIC ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列6気筒DOHC + ターボ ■総排気量:2924cc
■最高出力:250(340)/3600-4400 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:700(71.4)/1200-3200[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:9AT
■全長x全幅x全高:5125 x 1900 x 1495(mm) ■ホイールベース:3035mm
■ガソリン種類/容量:軽油/70(L)
■JC08モード燃費:13.3(㎞/L)
■車両価格:1160万円(税込)

メルセデス・ベンツ Sクラスのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
3
up
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
4
up
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
5
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
7
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
8
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
9
keep
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
10
up
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027