新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ / navi

クルマニュース

8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ / navi

(2019/01/06)


▲新開発の8速ATを2Lクリーンディーゼルに搭載したプジョー 3008 GT BlueHDi。「もっと注目されてもいいのに……」と思える1台なので改めて感想を述べたい
▲新開発の8速ATを2Lクリーンディーゼルに搭載したプジョー 3008 GT BlueHDi。「もっと注目されてもいいのに……」と思える1台なので改めて感想を述べたい

今こそ要注目のプジョー

ここ数年で大きな変化を遂げたフランスの自動車メーカーがある。プジョーだ。

保守的だが確実にユーザーに訴えるバリエーションを揃え、広いレンジから支持を集めているのだ。この6年ほどで飛躍的にハイクオリティなモデルも打ち出してきた。

それも、ただのハイクオリティでは終わらないのがフランス車。

剛性の高いフレキシブルプラットフォーム。心地よく動くサスペンション。大人のデコラティブ。

そうした要素を高次元で実現したのが現行型の3008である。

日本への導入は2017年から。当初はガソリンの1.6Lターボのみであった。

その後、2Lディーゼルターボモデルが導入され、「GT BlueHDi」というグレードのみに8速ATを採用。

これが、もう一段上のパフォーマンスとなっているのだ。

本記事では、その「3008 GT BlueHDi」について、改めてお伝えしたい。


Photo:プジョー

日本のディーゼルSUV市場は、マツダやBMWが積極的に展開していることもあり活気がある。

そんな競合と肩を並べながらも3008 GT BlueHDiが“売り”にできるのは、「GT」と名乗っても遜色ないパフォーマンスだ。

ガソリンエンジンでいえば、4L級の40kg-mを発揮するトルク。

動力性能も素晴らしく、昨年、大雪の都内で、8AT搭載前の6ATディーゼル車に試乗したが、細かな制御で走破性が抜群であったことを覚えている。

フランスは特有の合理主義で、メカニカル的に簡素ながらも高性能な車を作る。

3008もその良い例で、プジョーを“さすが”と称したい。

ダテに1965年からFFを作ってきたわけではないというところか。


▲写真は1.6Lターボガソリンモデル。基本的なデザインは変わらないが、GT BlueHDiの方がカラーバリエーションが豊富だ
▲写真は1.6Lターボガソリンモデル。基本的なデザインは変わらないが、GT BlueHDiの方がカラーバリエーションが豊富だ

エンジン始動時の“ディーゼル感”は薄い。

Dレンジに入れ発進すると、ぐっと立ち上がるトルク特性と若干の低音のノイズで初めて“ディーゼル感”を匂わせる。とはいっても、不快感はまるでない。

走らせても、8速ATの効能か、とにかく低回転で変速しスムーズで、静粛に務めてくれる。

エンジンも粘りがあり、とてもスムーズ。クロスレシオになり、より細かく制御ができるからだろう。

市街地でもトルクが太く、軽く踏み込むだけでググッと前に出てくれる。一方で、“ギクシャク”した感じはまるでなかった。


▲新開発の8速AT
▲新開発の8速AT

全長は4.45mあるが、扱いやすい。

身長170cmの私はドラポジが車体のほぼ中央部だったからかもしれないが、とてもバランスの良い運転感覚を得られた。

デザイン上、ヒップポイントが高くセンタークラスターもシンプルなので前方の見切りは当たり前に良好。

加えて、八方の見切りも安定している。

ステアリングは、プジョー独特の小径設計。見切りが良いのはこれのおかげもあるだろう。

この小径ステアリングながら、独自のギアレシオで、ゆったりとした操作感覚が得られた。

プジョーらしさは、この3008にもしっかり生きている。


▲新世代のi-Cockpit(iコックピット)が採用されたインパネ。こちらは左ハンドルの本国仕様だが、ステアリングのサイズ感やインテリアの良質感は伝わるだろう
▲新世代のi-Cockpit(iコックピット)が採用されたインパネ。こちらは左ハンドルの本国仕様だが、ステアリングのサイズ感やインテリアの良質感は伝わるだろう

長めの上り坂を加速してみると、エンジンが回転を上げなくても上品に加速していくのが分かった。

時速60km以上になると一層乗り心地がよくなる。安定感も抜群だ。

右に左にステアリングを操作する場面も、ストレスどころか小径ステアリングでのトレースが楽しくなった。

全幅が20mmほどワイドであるこのグレードは(他のグレードは全幅1840mm)、コーナリングがより安定するので、タイトなカーブでのスタビリティはより増しているだろう。

ハッチバックスタイルに、この動力で、このパフォーマンス。

高い質感を備えながら、乗り味も心地よい。

燃費も、動力性能とスペースパフォーマンスから考えれば、悪くない。

さらに言えば、スタイルに個性もある。

考えてみれば、ここまで多方面に秀でたFFモデルはそうそうあるものではない。

8ATのGT BlueHDiを筆頭に、3008はもっと注目されてもよい1台だ。

text/松本英雄
photo/篠原晃一、プジョー

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GT BlueHDi ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4 DOHC + ディーゼルターボ ■総排気量:1997cc
■最高出力:130(177)/3750 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:400/2000[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4450×1860×1630(mm) ■ホイールベース:2675mm
■ガソリン種類/容量:軽油/52(L)
■JC08モード燃費:17.8(㎞/L)
■車両価格:448万円(税込)

プジョー 3008(現行型)のカタログはこちら プジョー 3008(現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027