新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた / navi

クルマニュース

ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた / navi

(2019/02/19)


▲先代のハッチバックからセダンに生まれ変わったインサイトを、今回は200kmほど試乗したのでその様子をお伝えしたい
▲先代のハッチバックからセダンに生まれ変わったインサイトを、今回は200kmほど試乗したのでその様子をお伝えしたい

親しみやすいハッチバックから高級感のあるセダンに! その実力はいかに?

4年間の時をへて復活したインサイト。

先代、初代に比べると外観の雰囲気は十分に成熟した装いで、復活までのブランクを埋める出来栄えだ。

スタイリングは一見するとハッチバックのようだが、れっきとしたセダンである。重心を後方に置いてフロントを長く見せることで、スポーティで軽快な印象となっている。

実際に目の前で見ると、現代の車としては決して大きくないサイズだ。しかし、高級感あるフロントマスクで、横から見たときに大きく見えて堂々としている。

小さくとも最大限ボディを大きく見せ、なおかつ高級感ものぞかせるというデザインは、日本が得意とする技術でホンダの真骨頂だ。

見た目を裏切らないスポーティな走りで完成度の高いセダンだ

ドアを閉じたときの音は、硬質な作りを感じさせると同時に精度の高さも感じる。

乗り込んでみると、エンジンフードの左右にキリリと立ち上がったプレスラインが用いられていて、車両の感覚がつかみやすい。

パワースイッチを入れて電子的なセレクターレバーをDレンジに入れてスタートだ。

ハイブリッドの中でもモーターのみで動く距離は短めだがとても静かだ。


▲パワーユニットは2つのモーターに1.5Lエンジンを搭載した「SPORT HYBRID i-MMD」を採用した
▲パワーユニットは2つのモーターに1.5Lエンジンを搭載した「SPORT HYBRID i-MMD」を採用した

SPORT HYBRIDのいい点は、エンジンのトルクが足らない領域ではモーターのアシストを加え、より力強い加速を可能にする部分だ。

それと同時にエンジンの効率がいいところを積極的に使えるという点が優れている。

このシステムによって、1.5Lながら軽快な走りが可能となるのだ。

幹線道路を走り出してストップアンドゴーを繰り返すが、ブレーキを踏んだ感触が自然でとても扱いやすい。

国内のハイブリッドモデルの中では、最も細かな調整ができるブレーキフィールだ。

乗り心地は思った以上にスポーティな味付けで、車の動きが理解しやすい。乗り心地を損なわずに、バランスの取れたセッティングだ。

一般道では極めて乗りやすく、これといった不満な点は見つからなかった。

高速道路に入るため、合流車線をグッと加速する。

エンジン音は1.5LとCVTということもあり、エンジン回転数が高めでキープされるために少々ノイズが気になるが、一定速度になると1.5Lとは思えないほど静粛性が一気に向上する。

加速時はアクセルを踏みすぎずに、モーターを積極的に使うような優しいアクセルの踏み方をすれば、ジェントルな走りが可能だ。

高速ではいささか風切り音が気になるが、時速80km/h程度のクルージングでは完成度の高さがうかがえる1台である。

目立たないけどちょっぴりゆとりを感じたい。そんな人にはぴったりなモデルだろう。


Photo:篠原晃一

Photo:篠原晃一

Photo:篠原晃一

Photo:篠原晃一

Photo:篠原晃一
text/松本英雄
photo/篠原晃一

【SPECIFICATIONS】※試乗車
■グレード:LX ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:80(109)6000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:134(13.7)/5000[N・m(kgf・m)/rpm]
■モーター最高出力:96(131)4000-8000 [kW(ps)/rpm]
■モーター最大トルク:267(27.2)/0-3000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:CVT
■全長x全幅x全高:4675 x 1820 x 1410(mm) ■ホイールベース:2700mm
■ガソリン種類/容量:レギュラー/40(L)
■WTLCモード燃費:28.4(㎞/L)
■車両価格:326万1600円(税込)

ホンダ インサイトのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027