新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗 / navi

クルマニュース

【試乗】新型 レクサス UX|「走り・デザイン・乗り心地」総合力の優れたコンパクトSUVを試乗 / navi

(2019/03/11)


▲レクサス初となる女性チーフエンジニアによる新型SUV UXが誕生
▲レクサス初となる女性チーフエンジニアによる新型車 UXが誕生

レクサスから新型車となるコンパクトSUV UXが誕生

昨年11月にレクサスのコンパクトSUV“UX”が登場したのは記憶に新しい。

レクサスで初となる、女性チーフエンジニアの加古慈氏にも注目が集まった。

数年前、彼女とは素材の話をしたことがあり、そのときに素材と質感にとても敏感なエンジニアだと感じた。

乗る前からチーフエンジニアの人柄やこだわりから、UXの仕上がりがほぼわかると言っても過言ではない。

ボディデザインはアルミ合金パネルを多用し、プレスラインの陰影で動きが感じられるようになっている。

フロントフェンダーと樹脂がむき出しのフェンダーアーチはレーシングカーをイメージしつつ、空力的にリアに流れるようになっている。

また、テールランプもレーシングカーのリアウイングをイメージし、空力的なスタビライザーデザインを加えている。

これらは、走行安定性に貢献しており、国産車として最も進歩した部分である。


▲UXインテリア

ドアを開け乗り込むと視認性は抜群だ。

ダッシュパネルとボンネットの稜線をつないだデザインにより、奥行きとボンネット先端部の感覚がつかみやすい。

また、SUVセグメントではあるが全高1540㎜なので乗り込んでみるとハッチバックの乗用車に近い印象だ。

ドアの作りもプレミアム欧州車をかなり意識しており、ヒンジ部分の剛性や締まり音に重厚感がある。

ダッシュパネルのステッチ類は、以前よりも張りのあるギュッと硬く縫製されたデザインとなり、質感が向上している。

まず初めに試乗したのは、新開発の2.0Lエンジンを搭載したUX 200 “versionL”だ。ちなみに、ガソリン車はFFモデルのみとなっている。

このversionLは、心地良さを優先とした仕様である。

エンジンは、NA2.0Lエンジンで高効率が売りのユニットだ。

ギアを追加して作られたCVTは、スリップなどせずに大きなトルクを発生させられる。それにより、スタート時のもたつきが抑えられているのだ。

スムーズな加速に加え、静粛性も非常に優れている。

ハッチバック系のレクサスでは最も乗り心地が良いかもしれない。

プラットフォームには、プリウスやC-HRにも採用されているGA-Cプラットフォームを用いているが、最も精度が高まったのは昨年発売されたカローラスポーツのときである。

UXはこの成熟したプラットフォームを採用し、さらにしなやかなサスペンションとブレースを取り入れることでボディ剛性が非常に高められている。

風の強い東京湾アクアラインを走行したが、同社のSUV NXなどと比較しても直進安定性がとても良くなっていた。

一気に高級フレームへと変身したかのようであった。


▲UX 250hのエンジン

▲F SPORTのインテリア

次に試乗したのはハイブリッドモデルのAWD仕様、UX 250h“F SPORT”モデルだ。

リアにもモーターが搭載されたE-Four仕様である。ハイブリッド仕様は本当に静かだが、停止中、エンジンに負荷がかかっている場合の振動と音がわずかに気になった。

しかし、総じてエンジンとモーター、トランスミッションの統合制御がとても良好である。キビキビとした加速感と静粛性を兼ね備えている。

また、AWD仕様は前後の重量バランスも良く、F SPORTとは思えないほど乗り心地が良い。

「L tex」という素材を使用したスポーツシートもホールド性が高く、車との一体感が感じられる。

最後にUX 250h“version L”にも乗ってみた。こちらも静粛性や乗り心地に優れている。

内装は派手さはないが落ち着いた佇まいで、本質を捉えるエイジレスの雰囲気を漂わせている。

UXのボディサイズはC-HRよりも若干大きいが、見た目も運転感覚も実際のボディサイズよりもコンパクトに感じられた。

これはデザインとパッケージング、サスペンションの三位一体となった総合力によるものである。

チーフエンジニアの加古氏は、周りの意見を聞いて方向性を決めていったという。バランスの良さ最優先で作り上げた総合力の高い、今までにはない周密なレクサスがUXである。


▲リアスタイル
text/松本英雄
photo/尾形和美、奥隅圭之

【SPECIFICATIONS】
■グレード:UX 200“version L” ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC ■総排気量:1986cc
■最高出力:128(174)/6600 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:209(21.3)/4000-5200[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長x全幅x全高:4495 × 1840 × 1540(mm) ■ホイールベース:2640mm
■車両価格:474万円(税込)

■グレード:UX 250h“F SPORT” ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター ■総排気量:1986cc
■最高出力:107(146)/6000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:188(19.2)/4400[N・m(kgf・m)/rpm]
■フロントモーター最高出力:80(109) [kW(ps)]
■フロントモーター最大トルク:202(20.6)[N・m(kgf・m)]
■リアモーター最高出力:5(7) [kW(ps)]
■リアモーター最大トルク:55(5.6)[N・m(kgf・m)]
■駆動方式:AWD ■トランスミッション:CVT
■全長x全幅x全高:4495 × 1840 × 1540(mm) ■ホイールベース:2640mm
■車両価格:504万円(税込)

■グレード:UX 250h“version L” ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター ■総排気量:1986cc
■最高出力:107(146)/6000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:188(19.2)/4400[N・m(kgf・m)/rpm]
■フロントモーター最高出力:80(109) [kW(ps)]
■フロントモーター最大トルク:202(20.6)[N・m(kgf・m)]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長x全幅x全高:4495 × 1840 × 1540(mm) ■ホイールベース:2640mm
■車両価格:509万円(税込)

レクサス UXのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
2
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
3
up
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
4
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
up
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
7
keep
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
keep
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027