新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル / navi

クルマニュース

【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル / navi

(2019/03/19)


▲【試乗:松本英雄】1.5Lターボエンジンを搭載したRラインに試乗する機会を得たのでその模様をレポートする
▲1.5Lターボエンジンを搭載したRラインに試乗する機会を得たのでその模様をレポートする

コストをかけた質の高さにただ感心!

昨年日本に導入された新型ポロは、国内で買えるコンパクトハッチバックの中で群を抜いてクオリティが高いモデルだ。

そして新たに“ポロ TSI Rライン”がラインナップに加わった。

注目すべきは日本初搭載となるエンジンで、1.5TSI Evoという1.5L 4気筒ターボユニットである。気筒休止システムや直噴コモンレールを使って効率とパフォーマンスを高めたという。

今回はこのモデルに乗ることができたのでその模様を簡単にお伝えしたい。

4気筒の1.5Lターボではあるが、トルクは2.5Lをしのぐ力を発揮しているので小さなボディには十分すぎると想像はつく。

しばらくぶりにポロの前に立つと、プロダクトへのこだわりとコストをいとわないボディの質の良さを改めて感じる。


▲エナジェティックオレンジとシャープな印象の17インチホイールはGTIとは違った精悍さがある
▲エナジェティックオレンジとシャープな印象の17インチホイールはGTIとは違った精悍さがある

ステアリングの質感やインテリアパネルの精度の高さにはただ感心。正に質実剛健の雰囲気だ。大衆車でありながら質の高さが輝くモデルだ。

スポーティな雰囲気も醸し出す新型1.5Lターボエンジン

エンジンを始動すると、3気筒モデルと比べて静粛性は良好。

7速DSGも改良を加えているので、滑らかに加速し、小気味よくシフトアップするので気持ちがいい。

しかもトルクが厚く、どこから踏んでも安定した加速が得られて速い。GTIほどではないが、これはこれで十分速い。

またエンジンの音も低音が効いていて、スポーティな雰囲気も忘れていない。

Rライン専用に装着されたサスペンションキットは硬めで、タイヤの剛性も高いのでシャープな動きをするのでスイスイとワインディングを楽しめる。

そんな路面がうねるワインディングでは、搭載された駆動系の電子制御システムが威力を発揮する。

その恩恵でコーナーからの立ち上がりの際、滑り出しそうになった場合は制御が働き安定性が向上する。

これによってドライバーは不安なくドライブできる。

出力が高い車だと、この手の電子デバイスのおかげでドライバーは気持ちよく運転ができる。

フォルクスワーゲンは高速走行時の安定性が非常に高いが、Rラインはさらにしっかり感を向上させている。

GTIよりも実益を兼ねたパフォーマンスをもって登場したモデルが、フォルクスワーゲン ポロ Rラインである。


Photo:尾形和美

Photo:尾形和美

Photo:尾形和美

Photo:尾形和美
text/松本英雄
photo/尾形和美
撮影協力:BIOTOPIA

【スペック・諸元表】※試乗車
■グレード:TSI Rライン ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4気筒DOHC+ターボ ■総排気量:1497cc
■最高出力:110(150)/5000-6000 [kW(ps)/rpm]
■最大トルク:250(25.5)/1500-3500[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:7AT
■全長x全幅x全高:4075 x 1750 x 1450(mm) ■ホイールベース:2550mm
■ガソリン種類/容量:ハイオク/40(L)
■JC08モード燃費:17.8(㎞/L)
■車両価格:298万円(税込)

フォルクスワーゲン ポロのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027