新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す / navi

クルマニュース

【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す / navi

(2019/05/06)


▲新型V60を箱根の山間部で試乗する機会を得たのでその模様をお届けする
▲新型V60を箱根の山間部で試乗する機会を得たのでその模様をお届けする

ボルボを試すには絶好の天気

4月も中旬にさしかかろうとしているにも関わらず、試乗会が行われた箱根の強羅周辺は雪。

雪と極寒の国スウェーデンで鍛えたボルボを試乗するには、むしろもってこいの環境となった。

今回試乗したのはV60クロスカントリー。日本でも人気のあるステーションワゴン・V60をベースに、最低地上高を65mm、全幅を45mm拡大し、走破性を向上させたモデルだ。

ベースとなったV60についてだが、サスペンションは、しなやかな動きというよりもスポーティなセッティングだったこと。荷物を満載にしたときに最適になるセッティングかもしれないが、リアはもう少し動かしても良いのではと感じたことを覚えている。

はたして、V60クロスカントリーはどのように変化したのであろうか。

ボルボには、バイワイヤ式のAWD設定がPHEVモデルにある。リアを電気モーターで駆動させるタイプだ。

一方で、今回のV60クロスカントリーには、プロペラシャフトが付いた4WDシステムが採用された。

こういった4WD性能の比較にも少し触れていきたい。

クロスカントリーこそ本当のV60と思うほど安定感が高い

相変わらずシートやインパネなどの質感はいい。車に乗り込んだ瞬間、わかる。

また、車高が65mm上がっているため、ヒップとシートの距離が短くなり意外と乗降がしやすい。


▲落ち着きをもたらす色使いとソフトなクラスターの形状はスカンジナビアデザインの真骨頂といえる
▲落ち着きをもたらす色使いとソフトなクラスターの形状はスカンジナビアデザインの真骨頂といえる
▲タンブラーが縦にスッポリ入るほど車高が高められている
▲タンブラーが縦にスッポリ入るほど車高が高められている

搭載されるエンジンは、ボルボでいうT5と呼ばれる2L 4気筒ターボユニット。

それに8速ATが加わり、後輪にも最適な動力が分配される4WDだ。実はガソリンエンジンと4WDの組み合わせは初となる。

エンジン始動時から、静粛性は申し分ない。Dレンジに入れたときの振動も抑えられている。

試乗コースのスタート地点から県道までの道のりは結構な上り坂が続いたが、適切なギアをキープしてくれた。4人乗車にも関わらずスイスイと駆け上がる。

タイトなコーナーも、適度なロールをさせて路面をしっかりと捉えている。フロント部の剛性感がV60よりも高いので、非常に安定したコーナリング性能が得られた。

その結果、車高を上げたにも関わらず、サスペンションがフワフワせず思ったとおりの動きをしてくれる。

リアの動きもしなやかだ。V60よりも突っ張らない。走破性が向上しているのは、この動きでわかる。

途中、急な坂で後輪が浮きそうになったが、伸び側のストロークも確保しているようで、何事もなく前に進み4WDらしい動きをしてくれた。


▲県道の道に入り速度を上げてみる。みぞれ混じりの雨と雪の路面は注意が必要だがコーナでの安心感はある
▲県道の道に入り速度を上げてみる。みぞれ混じりの雨と雪の路面は注意が必要だがコーナでの安心感はある

サスペンションのセッティングと4WDシステムが、前後に伝える動力をちゃんと制御しており、車体の動きも安定している。

冒頭に記述したバイワイヤ式のAWDを採用したボルボ車は、ドライと雨の高速に強い。

しかし、雪や氷の路面であると、リアにかかるトルクが大きくなりオーバーステア気味になる。バイワイア制御は難しいのだ。

一方で、今回のV60クロスカントリーに採用されたようなプロペラシャフト式の4WDは、急激なトルクの移行が少ない。よって、雪や氷の滑りやすい路面でもしっかり食いついてくれるのだ。

そういった点でも、このV60クロスカントリーは、本来もっている素性の良さを発揮したモデルといえる。路面状況に関係なく、遠くに行きたくなる1台である。


Photo:尾形和美

Photo:尾形和美
文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】

●T5 AWD プロ

型式 DBA-ZB420 最小回転半径 5.7m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.79m×1.9m×1.51m ドア数 5 ホイールベース 2.88m ミッション 8AT 前トレッド/後トレッド 1.64m/1.63m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 1810kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 2085kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.21m マニュアルモード ◯ 標準色

アイスホワイト、ブラック

オプション色

クリスタルホワイトパール、ブライトシルバーメタリック、デニムブルーメタリック、オスミウムグレーメタリック、サヴィルグレーメタリック、バーチライトメタリック、ペブルグレーメタリック、パイングレーメタリック、オニキスブラックメタリック、メープルブラウンメタリック、フュージョンレッドメタリック

掲載コメント

-

エンジン型式 B420 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 60リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 11.6km/L 総排気量 1968cc 燃費(WLTCモード) - 燃費基準達成 - 最高出力 254ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 350(35.7)/4800 型式 DBA-ZB420 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション 8AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 アイスホワイト、ブラック オプション色 クリスタルホワイトパール、ブライトシルバーメタリック、デニムブルーメタリック、オスミウムグレーメタリック、サヴィルグレーメタリック、バーチライトメタリック、ペブルグレーメタリック、パイングレーメタリック、オニキスブラックメタリック、メープルブラウンメタリック、フュージョンレッドメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.79m×1.9m×1.51m ホイール
ベース 2.88m 前トレッド/
後トレッド 1.64m/1.63m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1810kg 最大積載量 -kg 車両総重量 2085kg 最低地上高 0.21m 掲載用コメント - エンジン型式 B420 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1968cc 最高出力 254ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 350(35.7)/4800 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 60リットル 燃費(JC08モード) 11.6km/L 燃費(WLTCモード) -km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿するほか、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

ボルボ V60クロスカントリー(2代目・現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
3
up
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
5
up
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
6
down
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
up
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
8
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
9
down
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
10
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027