新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに / navi

クルマニュース

【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに / navi

(2019/07/18)


▲今回試乗したのは、2019年6月に発表された新型ボルボ V60のPHEV。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする
▲今回試乗したのは、2019年6月に発表された新型ボルボ V60のPHEV。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする

上品でスタイリッシュなワゴンとして登場した最新のV60

より意識のお高いカスタマーに送るプラグインハイブリッド(PHEV)モデルが日本にも登場した。新型ボルボ V60だ。

ボルボではPHEVモデルを“Twin Engine”と呼んでいる。

動力は、フロントにエンジン、リアにモーター。つまり、ハイブリッドAWDなのである。

このモデルのガソリンエンジンは「T6」と呼ばれ、2L 4気筒ターボ+スーパーチャージャーを搭載する。

試乗車は「V60 T6 Twin Engine インスクリプション」。インテリアは、過度なゴージャス感を強調するのではなく、良質な雰囲気で勝負したモデルだ。


▲エンジン単体で馬力が253ps、最大トルクは350N・mを発生させる
▲エンジン単体で馬力が253ps、最大トルクは350N・mを発生させる
▲ドアを開けると質感の高いシートが出迎える。ボルボのこのクラスのシートは、他の欧州車にはない優しく包み込む安心感がある
▲ドアを開けると質感の高いシートが出迎える。ボルボのこのクラスのシートは、他の欧州車にはない優しく包み込む安心感がある
▲インテリアは上質で、素材の吟味も非常に上手だ。いつ乗っても満足感が得られる。加えて視認性がよいこともこの車の特徴だ
▲インテリアは上質で、素材の吟味も非常に上手だ。いつ乗っても満足感が得られる。加えて視認性がよいこともこの車の特徴だ

モーター、バッテリー重量の恩恵か。乗り心地が快適に

走り出しの静粛性はすこぶる高い。出だしの、トルクを最も使う部分をモーターがアシストしているからだろう。

“Twin Engine”登場当初のV90に比べると、リアのモーター駆動との統合制御が非常に良くなっており、唐突なトルクの変化が少なくなっているように感じた。スムーズに走れるようになっている。

同じV60のガソリンモデルとの比較だが、明確に良いと思った部分は“乗り心地”だ。

リアの動きが特に良くなっていて、長距離走行や高速でのコーナリングが非常に快適である。

ガソリンモデルはリアが軽いため、動きが不安定に感じたが、PHEVはモーターやバッテリーなどを搭載することで重量が適切になったのだろう。

欲を言えば、ステアリングにシャープさがあるといい。そうすれば、車を自在に操る楽しみもますというものだ。

しかし、これはボルボ特有のセッティング。舵角に対してシャープなハンドリングよりも、路面を確実にとらえて安全性を高めるという、雪の多い国ならではのセッティングなのだ。

ドライブモードも試してみた。『AWD』以外のモード、エコ運転の『Pure』、日常の運転の『Hybrid』、そしてスポーティーな運転の『Power』だ。

『Pure』はEV走行がメインだけに快適そのもの。高速走行でも全く問題ない。ただし、バッテリーが減るのも早い。

続いて『Hybrid』。必要以上に負荷をかけないとモーターで走行するが、エンジンもパラレルでかかり手助けする。エンジンが始動しても、トルク変動が少なく実用的であることが理解できた。

最後に『Power』。これはスロットルのセッティングを変えてあるだけあって、強烈なトルク。先ほどまでの穏やかさとは一変する。これはボルボをドライブする人のイメージとは少し違う。

加速の際、前後のバランスが不安定になったような感じがしたので、個人的にはあまりオススメしないモードだ。

このように、モードセレクトで様々な顔を見せる新型V60だが、いずれにせよ“大人のワゴン”に変身したことに間違いはない。

文/松本英雄、写真/篠原晃一

【試乗車 諸元・スペック表】

●T6 Twin Engine インスクリプション

型式 - 最小回転半径 5.7m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.76m×1.85m×1.44m ドア数 5 ホイールベース 2.87m ミッション 8AT 前トレッド/後トレッド 1.6m/1.6m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 -kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 -m マニュアルモード ◯ 標準色

アイスホワイト、ブラック

オプション色

クリスタルホワイトパール、ブライトシルバーメタリック、デニムブルーメタリック、オスミウムグレーメタリック、サヴィルグレーメタリック、バーチライトメタリック、ペブルグレーメタリック、パイングレーメタリック、オニキスブラックメタリック、メープルブラウンメタリック、フュージョンレッドメタリック

掲載コメント

-

エンジン型式 B420 環境対策エンジン - 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ&スーパーチャージャー 燃料タンク容量 60リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1968cc 燃費(WLTCモード) - 燃費基準達成 - 最高出力 253ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 350(35.7)/5000 型式 - 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション 8AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 アイスホワイト、ブラック オプション色 クリスタルホワイトパール、ブライトシルバーメタリック、デニムブルーメタリック、オスミウムグレーメタリック、サヴィルグレーメタリック、バーチライトメタリック、ペブルグレーメタリック、パイングレーメタリック、オニキスブラックメタリック、メープルブラウンメタリック、フュージョンレッドメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.76m×1.85m×1.44m ホイール
ベース 2.87m 前トレッド/
後トレッド 1.6m/1.6m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 -kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 -m 掲載用コメント - エンジン型式 B420 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ&スーパーチャージャー 可変気筒装置 - 総排気量 1968cc 最高出力 253ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 350(35.7)/5000 環境対策エンジン - 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 60リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) -km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

ボルボ V60 T6 Twin Engine インスクリプション のカタログはこちら ボルボ V60(現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027