新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン / navi

クルマニュース

【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン / navi

(2019/10/27)


VW シャラン
▲シャランという7人乗りのMPVモデルをご存じだろうか?フォルクスワーゲンがヨーロッパのMPV市場に導入したトゥーランよりも一回りサイズの大きい7人乗りミニバンである。そのシャランにディーゼルターボモデルが追加された

TSIシリーズにあえて欲を言えば、足りなかったのは中間加速力と乗り心地

シャランが大きく変わったのが、2010年に登場した現行型の2代目から。
FFになったパサートのプラットフォームを使って誕生した現行型は、初代に比べると全体的に重心が低く安定感を増したデザインになった。全幅が広がり、全長も長くなったためである。

現行型は登場から2年ほど経過したあたりに、1.4Lガソリンターボエンジンを搭載するTSIで200㎞ほどの試乗をしたが、1.4Lとは思えないパフォーマンスだった印象が残っている。

しかし、いくら過給機付きとはいえ、2トン近いボディを引っ張るには中間加速などでしんどさも感じていた。

また、運転席の乗り心地は硬めで悪くはなかったのだが、後席の乗り心地はハードで硬めのシートが日本人のライト級にはいささか落ち着かない雰囲気でもあった。


VW シャラン
▲1995年に登場した初代は、マイナーチェンジを経て2010年まで作られた息の長いモデルだった

ついにディーゼルターボモデル「TDI」シリーズが登場

このたび、そのシャランにディーゼルエンジン搭載モデルのTDIが導入された。

搭載される2Lディーゼルターボの最高出力は177ps、最大トルクは38.8㎏‐mと1.4Lガソリンターボを上回るハイパワーエンジンだ。

これは同時期に登場したゴルフTDIの2Lディーゼルターボよりも27ps、トルクも3㎏‐mほど高出力化されている。

トルクフルなディーゼルエンジンは、車重のあるミニバンには待望のパワーユニットと言えるだろう。

さてTDIのシャランだが、スライドドアの雰囲気は古くも新しくもなく、ある意味フォルクスワーゲンの堅実なフィロソフィーとも感じる。

インテリアはすこぶるプレーンで、質実剛健が好みの人には懐かしさや安心を感じるはずだ。

エンジンを始動してみたところ、アイドリング状態では想像以上に静粛性が高い。

特に何も意識せず、アクセルを踏み込み走り始めると、6速DSGトランスミッションがすこぶるスムーズにシフトアップしていく。6速までシフトアップした状態からの中間加速でも、トルクが大きいためシフトダウンをせず6速のまま気持ち良い加速をしてくれる。

ちなみに、当日は大人の男性3人乗車という状態での試乗であったが全く非力さを感じない。
もっと言えば、加速はゴルフTDIよりもラグジュアリーかつ速い印象で、思わず「これゴルフよりもいいねぇ」と興奮して口走ってしまったくらいだ。それだけしっかりと作り込まれているのだ。

ディーゼルターボユニットの採用で、1.4LガソリンターボのTSIがやや苦手としていたウイークポイントを見事に補ったと言えるのではないだろうか。


VW シャラン

プラットフォームの熟成によってネガティブを消し去った印象

乗り心地だが、以前と比べ路面からの突き上げの感じがマイルドになっている。ハンドリングも終始安定していて雨の日でも安心感があるセッティングだ。何よりも高速の乗り心地がいい。

後席も乗り心地もソフトで、乗員人数が増せばより乗り心地がよくなるセッティングとなっている。多人数で長距離移動するようなシーンでも、ドライバーはもちろん同乗者も快適に過ごせるミニバンではないだろうか。

久しぶりにシャランの運転をしたのだが、前から乗り続けていたような安心感、または慣れを感じる不思議なフレンドリー感のある車だ。このように、わずかな時間で自分の車のように操作できる感じがさすがだとうなってしまう。まさにフォルクスワーゲンマジックである。

地味だけど、本物のドイツの大衆的な良い質感を味わえるミニバンである。飾り付けたようなデコラティブさがないから飽きない、そんな雰囲気を感じるモデルだ。


VW シャラン
▲プラットフォームやつくりはひと世代前を感じずにはいられないが、逆に熟成をもって角が取れたというネガティブを消し去る進化をしている

【試乗車 諸元・スペック表】
●TDI ハイライン ディーゼルターボ

型式 3DA-7NDLU 最小回転半径 5.8m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.86m×1.91m×1.77m ドア数 5 ホイールベース 2.92m ミッション 6AT 前トレッド/後トレッド 1.56m/1.61m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 1900kg シート列数 3 最大積載量 -kg 乗車定員 7名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 -m マニュアルモード ◯ 標準色

ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、ブラックオークブラウンメタリック、アトランティックブルーメタリック、ホワイトシルバーメタリック、ラヴェンナブルーメタリック

オプション色

-

掲載コメント

-

型式 3DA-7NDLU 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション 6AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、ブラックオークブラウンメタリック、アトランティックブルーメタリック、ホワイトシルバーメタリック、ラヴェンナブルーメタリック オプション色 - シート列数 3 乗車定員 7名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.8m 全長×全幅×
全高 4.86m×1.91m×1.77m ホイール
ベース 2.92m 前トレッド/
後トレッド 1.56m/1.61m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1900kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 -m 掲載用コメント - エンジン型式 DLU 環境対策エンジン - 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 軽油 過給器 ターボ 燃料タンク容量 73リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1968cc 燃費(WLTCモード) 14km/L
└市街地:11.3km/L
└郊外:13.9km/L
└高速:15.7km/L 燃費基準達成 - 最高出力 177ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 380(38.8)/3250 エンジン型式 DLU 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1968cc 最高出力 177ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 380(38.8)/3250 環境対策エンジン - 使用燃料 軽油 燃料タンク容量 73リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 14km/L
└市街地:11.3km/L
└郊外: 13.9km/L
└高速: 15.7km/L 燃費基準達成 - 文/松本英雄、写真/篠原晃一
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

フォルクスワーゲン シャラン(2代目・現行型)のカタログはこちら フォルクスワーゲン シャラン TDI(2代目・現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027